fc2ブログ
Debris circus

Debris circus

頭の中に散らばっていた破片(debris)を改めて文章に書き起こし、オリジナルブログ小説としてサーカスの舞台に上げていきます。読みにくいものもありますが、お暇な時にパラパラとめくる感じででも読んでいただけたら嬉しいです……

 

白火盗 第四話

scriviamo!

 時刻は明け六つ、朝はまだ始まったばかりだ。秋は盛りを向かえ、空は青く高く、からりとした爽やかな風があたりを覆っている。
 その爽やかな風の中、一人の女が奉行所の裏玄関をくぐった。
 町娘姿で、歳は二十前後といったところだろうか。白い肌、涼やかな目元、利発そうな眼、すっきりと通った鼻筋、それにきちんと閉じられた唇は、彼女をかなりの美人に押し上げている。ただ、その唇の少し上がった口角だけは凛々しさを通り越し、かえって艶めかしさを感じさせるのだが、多くの人はそれすらもいい女の条件に加えてしまうのだろう。
 裏玄関は、この中で働いている女中たちなども出入りする場所ではあるが、外部の者が気安く入れる場所ではない。そのわりに女は気楽な様子で進んでいく。
 奉行所は役宅なので奉行は妻子とともに奉行所の建物内の奥に暮らしている。女はその奥向きの奉行の私邸の方へ入っていった。
 女が玄関で来訪を告げ、現れた女中に挨拶をすると、女中は別段不審な顔もせず慣れた様子で女の先に立って廊下を進み始めた。女はすぐ後ろに付き従ったが、そこから先は終始無言だった。いくつもの廊下の角を折れた先、襖の前で女中が足を止めた。
 二人はその前できちんと正座をすると、女中が襖の向こうに声をかけた。
「お連れ致しました」
「入りなさい」男の声が応えて言った。威厳のある年配の男の声だった。
 女中は襖を少し開けると後ろに下がり、女が進み出た。そして両手をついて頭を下げると「おはようございます」と挨拶をした。
「おはよう」広い座敷の向こう側、縁側に立って庭を眺めていた老人が、女に顔を向けながらそう応えた。
「ご機嫌麗しゅう。御前様」
「そうかしこまらずともよい新之助、中へ入りなさい」
 女は座敷の中に入り、座敷の隅で正座になると咎めるように言った。「この格好の時は“おしん”でございますよ。御前様」
「そうであったな」老人はそう言いながら女の顔をしげしげと眺めた。「そなたは確か三十歳であったろう?だがその姿であればとてもその歳には見えぬ。どうみてもどこからみてもどこぞの裕福な商家の、しかも世間知らずのお嬢様だ」
「うぶな娘に見えましょう?男から見ればどうとでもなりそうな・・・」
「そう見えるな」
「ある程度お年を召したお方には、この姿が使える場面も多いのですよ。今朝のように・・・」おしんは微笑んだ。
「そうであろうな。いや確かに使えそうだ」老人は照れくさそうに首の後ろを掻いた。
「では新之助ではなく、そのおしんに尋ねよう。その後変わりはないか?」女中が襖を閉じて退がるのを待って老人が尋ねた。
「この通り息災にしております」おしんと呼ばれた女は軽く胸元を叩いた。
「お前のことを聞いておるのではない。お前が息災なのは見れば分かる」
「わたしのことは案じてくださらないのですね」うつむき加減の顔から利発そうな眼が老人の様子を窺う。
「そう突っかかるな。命を掛けるよう命じた者をいちいち案じておってはこの身がもたんのでな」
「もぉ!御前様ったら」おしんはあきれ顔をしたが、老人の申し訳ない然とした顔を見て噴き出した。そしてそれを隠すように顔を伏せ、再び顔を上げた時には神妙な顔を取り戻していた。あたりは静まりかえっている。この屋敷に人は大勢い居るはずだが、人払いは済んでいるようだ。
「播州屋の件でございますが・・・」おしんはゆっくりと喋り始めた。
 播州屋は開府から暖簾のつながる商家で、高い品質の商品と手堅く筋の良い商売で取引先や顧客からも高い評価を受けている蝋燭問屋だ。
「ふむ・・・」
「ご禁制の阿片に手を染めている証拠はいまだ手に入りません」
「お前にしては手間取っておると思っておったのだ」老人は顔のしわを深くした。
「面目次第もございません」おしんの声音が低くなった。
「その播州屋にだが、お前はどうやって入り込んでおるのだ?その格好のままで入り込んでおるわけではないのだろう?」
「はい、もちろんでございます」おしんは声音を戻して言った。「播州屋は小売りをせず、長年にわたる上顧客だけを相手に商売しています。それゆえ商いの量のわりに店構えは小さく、奉公人も少ないのです」
「ふむ・・・」
「奉公人の出入りも少ないので、奉公人同士の繋がりも濃く、縁も所縁も無い者が簡単に入り込めるところではございません」
「なるほど・・・」
「わたしは通いの飯炊き女として台所に入り込んでいます。男衆として入り込めばもっと深く食い込めるのでしょうが、まったくその余地がありませんでしたので、これが精一杯でございました」おしんは残念そうに俯いたが、声は満更でもなさそうだ。はなから男衆として入り込むつもりは無かったのかもしれない。
「お前が飯炊き女・・・」老人は興味深そうにおしんを見た。
「こんな感じでございますよ」おしんが顔を上げる。
 涼やかな目元や利発そうな眼は姿を消していた。いかにも真面目な正直者の、それでいて少々鈍そうな、命じられたままにこまめに働きそうな飯炊き女の顔がそこにあった。着ているものとはそぐわないが、それなりの着物に着替えればこんな女が台所にいても少しもおかしくはない。余計な詮索などせず、真面目に勤めそうだ。
「ほほう・・・」老人は感嘆の声を上げた。「まこと、うまく化けるものだな」
「・・・でございましょう?」そう言うおしんの顔はもう元に戻り、利発そうな眼で老人の様子を見上げている。「御前様はそんなわたしに目を付けられたのではありませんか?」少し上がった口角が挑発的だ。
「まあ、そうではあるのだが、それだけではないのだぞ」
「あら?他にまだなにかありましたか?」おしんは嬉しそうに訊いた。
「ま・・・よいではないか。そんなことより播州屋の続きを聞こう」老人はまた首の後ろを掻きながら話題を変えた。
「はい」おしんは神妙な顔に戻ると続けた。「台所には首尾よく入り込んだものの、これといった情報は漏れてまいりませんでした。奉公人の結束は思った以上に固く、通いの飯炊き女などに店の中の情報を何かしらの形で漏らすなどということは全くありませんでした」
「ふむ・・・」
「わたしはただの臨時雇いのお手伝いのような立場ですから、奉公人たちは必要な用事だけを言いつけ、無駄話などは一切しませんでした。奉公人たちの間には厳しい掟があって、それを裏切ればきつい罰を受ける・・・そんな様子でございました。毎日接する台所の女中たちでさえそうでしたから、わたしはそれ以上どこへ食い込むことも出来ず、唯々毎日飯を炊くだけだったのでございます」
「たとえは悪いが、奉公人たちはまるで盗賊のように掟で固く繋がっているのだな。で・・・?お前のことだ、単にそんな言い訳だけをつらつらと言い立てに来たわけではあるまい?」今度は老人が下から覗き込む。
「順々にお話しいたしますから、そんなに急かさないでくださいませ」おしんは少し間を入れた。お茶でも欲しそうに襖の方に目をやったが、この場ではそんな気の利いたものが出ることはない。
「そんなこき使われるだけの退屈な日々に動きがあったのは、夏の盛りのことでございました」おしんは続ける。
「というと?」
「勝手口に岡っ引きが訪ねて来たのでございます。大番頭の定吉を訪ねて来たのですが、そこから一番奥の座敷に上がり込み、主人の庄兵衛も一緒に三人で何やら長いこと話し込んでいる様子でございました」
「岡っ引きが?名前は何という?」
「平三と・・・」
「平三か・・・」老人には心当たりがありそうだった。
「白目の多い疑り深そうな小さな目、人を小ばかにしたように歪んだ唇、嫌味を含んだかすれた声」思い出しているのかおしんは首をすくめた。「どれを取っても平三は人には好かれそうには見えませんでした。ですから、うんと愛想良く接してみることにいたしました」
「お前に愛想よくされたら平三はさぞ驚いたであろうな?」
「最初は不愛想でつっけんどんに扱われたのですが、何回も通ううちに少しずつ馴染んで、しまいには上手く乗ってまいりました」おしんはいかにもひょうきん者という顔をした。
「その顔にやられたか?」老人は薄笑いを浮かべた。
「はい、昨日のことでございます。なかなかしぶとかったのですが・・・」おしんも薄笑いで答える。「幸いその時は台所にはわたし一人でしたので、これは誰にも言っちゃぁいけないよという断り付きでようやく聞き出すことができました。それはなかなか興味深い話でございました」おしんはじらすように言葉を止める。
「どのような話かな?」老人は先を促した。
「それはこの播州屋に盗人が入ったという話でございました」
「盗人?いつのことだ?播州屋からはそんな届は出ておらぬが?」
「はい、夏の始めのことで、播州屋はその事を伏せているようなのです」
「平三もグルということか?」
「今でも届が出ていないのならそういうことになりましょう。播州屋主人の庄兵衛が懇意にしていた平三に秘密裏に調べるよう依頼したようなのです」
「ふむ、もう少し詳しく聞かせてくれ」老人は身を乗り出した。
「短い時間でのことですから詳しくは訊けなかったのですが、どうも千両箱がいくつか無くなっているようなのです」
「千両箱が・・・しかしあそこの蔵の錠前は最新式でめったなことでは破れないと聞いておるぞ。主人の庄兵衛もおおいに自慢しておったようだし・・・。おしん、播州屋に押し込み強盗が入った様子はないのか?」押し込み強盗ならどんな錠前でも壊してしまえば開けることができる。また脅して開けさせることもできるだろう。老人はその可能性を訊いているのだ。
「錠前は無傷できちんとかかっていたそうですし、平三から聞いた話からも押し込みの線はないと思います」
「錠前は無傷か、うむ・・・ということは、どうやったのかわからぬが、誰かがその最新式の錠前を無傷で開けて、しかも誰にも気づかれずに千両箱を持ち出したということになる」
「そうでございますね。盗人ながらたいした腕前だと思います」
「何者であでろうな?」
「わかりません。ただ・・・」
「ただ?」
「平三の話では、千両箱の一つの中に絡み合った二匹の百足が描かれた真っ赤な木の札が入っていたということでございます」
「百足か・・・」老人は顎に手を当てて思案気に顔を上に向けていたが「でかしたぞおしん、なかなか興味深い話であった」と、おしんの方へ顔を戻した。
「ありがとうございます」おしんは両手をついて頭を下げた。
「たしかに播州屋は評判の良い商家だ。だが聞こえてくる様々な情報をつなぎ合わせれば、それは世間一般から見える表側の顔だ。裏ではあくどい商売を手広く行い、ご禁制の阿片にまで手を染めておるらしい。播州屋はそんな悪事で得た膨大な富を代々に渡って金蔵に溜め込んでおるのだ」
「・・・」おしんは静かに頷いた。
「のお、おしん」
「はい」
「盗賊は死罪だ。だが、そんなところから鮮やかに盗み出し、播州屋をうろたえさせたその手腕、褒めてやっても良いような気がするな」
「御前様・・・」
「ははは・・・冗談だ。冗談。だがその金蔵、中を改めてみたい気はしないか?おしん」
「はい、大判小判はもちろんですが、さぞかし大切な書付なども入っているかもしれませんね」
「うむ・・・」老人は考えにふける。
 二人の間に暫しの沈黙が流れる。
「增井新之助!」突然老人は目を見開き、声を強くして呼びかけた。
「御前様、おしんでございます」奉行はわざと自分の本名を呼んでいる。新之助はそう思った。
「おお、そうであった。ではおしん」
「はい、御前様」
「飯炊きや雑用でさぞ忙しかろうが、今の仕事に加えてその百足とやら、調べてみてはくれぬか」
「かしこまりました」おしんは両手をきっちりと畳について、深々と頭を下げた。

2024.02.26
関連記事
スポンサーサイト




テーマ : 自作小説    ジャンル : 小説・文学
 
 

Comments

 
執筆、お疲れ様でした。

謎の第四話ですね。これは第二話と第三話のあいだのお話、ということですね? なるほど、一連の出来事が繋がりましたね。
播州屋も、阿片に手を出すとは、そうとうあくどいことをやっいるようですね。それじゃあ、「百足の重蔵」に金を盗まれたり、長谷川平蔵ばりの「御前」に目をつけられても、しかたないですね。そしてすっかり播州屋の手駒になっている平三、まだ百足には手が届いていないようですが、あるいはヒトリとの関係をなにかつかんでいたとか?
そして、「おしん」ですが……え、增井って、千之助さんと同じ苗字ですか? しかも名前も似てるし。これ、以前に名前間違いをされた件を、ここで回収された感じでしょうか。
なんにせよ、こうなってくると、一件落着まで気になりますねぇ。ごゆっくりでいいので、続きを読ませてくださると嬉しいです。
TOM-Fさん 
すみません。謎の四話になってしまいましたか。
物語の流れの位置的には二話の後、三話の前かほとんど同時並行かで進行しているスレッドです。一連の出来事が繋がったとおっしゃっていただけたので、一応ホッとしています。
播州屋、調べれば調べるほど怪しい動きをしていますので、ついに御前に目をつけられたんですね。
え?おしんですか?新しい登場人物ですが、呼びかけられている名前からもわかるとおり、トランスジェンダーという設定になっています。しかも苗字も千之助と同じです。え?名前も似てますか?それはごにょごにょ・・・。
> これ、以前に名前間違いをされた件を、ここで回収された感じでしょうか。
あ、やばい!じつは新之助、TOM-Fさんのおっしゃるとおり、間違って登場させてしまったキャラクターを、それじゃあということで生み出したキャラクターなのです。
御前というのはどうも奉行のようですから、おしん(新之助)は彼の指示を受けて隠密に動く存在のようですね。まだ作者もよくわかっていないんですけれど。
一件落着。う~ん、難しいなぁ・・・。
 
TOM−Fさんとのやり取りを拝読するまで、千之助と新之介の名前の違いに氣がついていませんでした。千之助が女装して捜査しているのかと勘違いしてしまいました。そうか、苗字も同じ新キャラなのですね。

トランスジェンダーとのことですが、記述からすると完全に女性になったわけではなく、男装と女装を使い分けている方? とはいえ、話し方などを読んだ感じでは、単に捜査のために女装しているのではなくて、もともとその素質というか性別を間違って生まれてきたタイプでしょうか?

そして、岡っ引きの平三。なんと職務を果たしていたと思ったら、悪徳商人の手持ち駒だったのですね。

ヒトリの能力で最新式の錠前を開けるだけでなく閉めておけるとなると千両箱の中身を盗み出すだけでなく百足の木札を入れておいたのは、かなり強いメッセージなのでしょうね。ただ空にしておけば、内部犯行だと誤解してもらえるのですから。悪徳商人VS義の盗賊なのかしら?

これまでどちらかというとヒトリの魅力に腑抜けになっている千之助の個人的な話が多かったのですが、ここの第4話は百足の盗賊団やお江戸の正義を担う御前や新之介がその裏で活躍していたことが見えてきました。

今後、この2つのキャラクター群がどのように絡み合っていくのか、楽しみにしています。

って、お返し考えなきゃ。
夕さん 
わかりづらくてすみません。
実は新之助はサキが主人公の名前を間違ったのをきっかけに、そのまま発想をふくらませて物語の中に組み込んでしまったものなのです。あの千之助は女装したりしませんのでご安心を。
そうですね、新之助は支障がなければ基本的に女性として活動し、やむを得ない場合には男性として現れる・・・という感じでしょうか。性別を間違って生まれてきたタイプだとは思うのですが、よく考えればまだ江戸時代ですからね。
岡っ引きの平三はお察しの通り、なかなかの悪です。そして文吉のところにたどり着くほどの捜査能力を持っていますが、残念ながらやはり間抜けです。
百足の重蔵は義賊を気取っていますが、さてどんな思惑があるのでしょうね。この木札を入れておいたのは強いメッセージを伝えるためののか、あるいはただの悪戯心なのか、さてどうしようかなぁ?
少し登場人物を増やして物語に動きを付けてみました。キャラクター群が絡み合うことによって物語が流れ出すと嬉しいのですが・・・。
適当に思い付きで物語を進めて、袋小路に入り込んでいく、サキはまたいつもの轍を踏んでいるような・・・。

コメントありがとうございました。夕さんのお返し、楽しみにしていますね。
 
今日は。
んー……誰にも気が付かれず内密に、と思いきや。
結果的にとは言え、犯行は意外と公になりつつあるのですね。
家主だけでなく奉行所にも盗みが入った情報が伝わっているとは。
情報が漏れるのはやっぱり、こう言う人の心情に漬け込まれた油断ですね。
どれだけ気をつけていようと、いや、だからこそ黙っているのは疲れますから。
理解者がいないと余計にポロッと。そして、後悔する。
千之助さんと新之助さんは親戚関係、年を考えれば兄弟、少しずらすなら従兄弟と見るのが妥当ですが、そう考えると千之助さんも実は……と、言った雰囲気ではないようですし、落ちぶれた家を建て直すために片方だけ頑張っているのをもう片方は知らない感じかなあ?
凪いだような状況の水面下で其々の思惑が渦巻いているようですが、これからどうなるのか。
のんびりと楽しみにさせていただきます。
志士朗さん 
百足の重蔵にとっては、誰にも気づかれずに、誰も傷つけずに、というのは自分の盗みの基本理念なんです。でも、自分の行為自体はアピールしたいんですよ。誰かが「おや?これは?」と気づいてくれることを期待して百足の木札を置いてきているわけですからね。公になることも許容範囲(と言うより望むところ?)だと思います。一応義賊を気取っていますから。
特に播州屋の場合、悪事を働いていることは調べ済みですので、俺たちは承知しているぞ、訴えられるものなら訴えてみろ、位の気持ちで盗んでいると思います。実際お上に訴え出ることはできずに、平三を使って調べるのが精一杯だったようです。でも播州屋にとって平三を使ったのは失敗ですね。平三からお上に漏れてしまったわけですから。

え?千之助と新之助の関係ですか?志士朗さん、鋭い!鋭いけど、ここではまだ語れません。悪しからず。
コメントありがとうございました。

 
<- 04 2024 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール
こんにちは!サーカスへようこそ! 二人の左紀、サキと先が共同でブログを作っています。

山西 左紀

Author:山西 左紀
「山西 左紀について知りたい方はこちら」
プロフィール画像について(“みまさか”さんに特別にお願いして使用許可をいただいた「ミクダヨーさん」です。)

ようこそ!


頂き物のイラスト

アスタリスクのパイロット、アルマク。キルケさんに書いていただいたイラストです。
ラグランジア
左からシスカ、サヤカ(コトリ)、サエ。ユズキさんにイラストを描いていただきました~。掌編「1006(ラグランジア)」の1シーンです。
天使のささやき_limeさん2
limeさんのイラストをイメージにSSを書いてみました。「ダイヤモンド・ダスト」
イラストをクリックすると記事に飛びます。よろしければご覧くださいネ!
スカイさんシスカイメージ
スカイさんのシスカイメージ
シスカ・イメージ高橋月子さん作
シスカ・イメージ 高橋月子さん作
シスカ・イメージlimeさん作
シスカ・イメージ limeさん作 コトリ・イメージユズキさん作
コトリ(コンステレーションにて)ユズキさん作
リンク
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Archive RSS Login