FC2ブログ
Debris circus

Debris circus

頭の中に散らばっていた破片(debris)を改めて文章に書き起こし、オリジナルブログ小説としてサーカスの舞台に上げていきます。読みにくいものもありますが、お暇な時にパラパラとめくる感じででも読んでいただけたら嬉しいです……

 

新世界から

scriviamo!

BLUE HOLE

 大佐はズイキの敬礼に丁寧に応じてからおもむろに口を開いた。「君に来てもらったのは他でもない」
 司令部の執務室は午後の日差しで満たされ静まり返っている。大佐のよく通る声だけが辺りの空気を振るわせる。「軍へ復帰してもらいたい」
 ズイキは少し目を見開いて薄い唇をきつく結んだ。
「どうだ?君は退役したつもりでいるようだが、実際のところ君はまだ軍籍を持っている。その気になれば予備役からの手続きは簡単だし、復帰前後の面倒ごともすべてこちらで的確に処理する」大佐は机の上にあったファイルを手にとった。「君の戦歴は素晴らしいものだ。当然ながらそれに相応しいポジションも用意する」
 大佐は一拍を空けてからさらにたたみかけた。「再び操縦桿を握って大空を駆け回ってみたいとは思わないか?少尉」
 その瞬間奇妙な浮遊感がズイキを襲ったが、それをなんとか堪えて彼女は眉の間に皺を寄せた。「私は予備役です。もう少尉ではありません」
「硬いことは言うな。復帰すれば君にはもっと上のポジションが与えられる」
「私が除隊を申し出たとき、軍医の診断書を提出したにもかかわらず、除隊は認められませんでした。傷痍軍人ではなく予備役として軍に籍を残す。それが軍務を離れられる唯一の選択肢でした」
「その判断は賢明だったと我々は考えている」大佐は視線を窓の外に向けた。
「ただ、復帰には私と担当医の同意が必須という条件が付いていたはずです」
「愚かな妥協をしたものだが、担当医からは同意をもらっている」
「圧力をかけたんですか?」ズイキは気色ばんだ。
「そんなことはない。担当医とは十二分に話し合った。君は軍務に耐えられる程に回復している。君さえ決断してくれればすぐにでも軍は君を厚遇・・・」
「お断りします」ズイキは大佐の言葉を遮り、ピシリと敬礼をきめると扉に向かって決然と歩き始めた。
「オッドアイが戦線に戻っている」大佐がズイキの背中に向かって言葉を発した。
 ズイキの足が止まる。
「奴が?どうやって?」オッドアイが所属していた軍は敗戦で解体されたはずだ。ズイキは思わず大尉に顔を向けた。
「大勢のパイロットが奴の犠牲になっている。生存者の中には君の目撃情報と同じオッドアイを見たと報告する者が何人かいる。どうやら外国人部隊として参戦しているようだが、我が軍の損害は甚大で、パイロットが抱く恐怖も大きい」
『居場所を見つけたという訳か』ズイキは小さく呟いた。
「わざわざコックピットを相対させて己の特徴を見せつけているのは西域戦線でエースを張り合った君に対する挑発ではないのか?」
「失礼します」ズイキはもう一度大尉に敬礼を決めると、今度は立ち止まらずに執務室を出た。

 飛行艇が右旋回を始めると間もなくコパイロット側の海上にブルーホールが見える。太古の時代に作られた鍾乳洞が陥没し、そこに海面の上昇によって海水が浸入した地形だ。青々とした浅い海の中に更に深い青色の丸い穴がポッカリと開いていて、まさにブルーホール、言い得て妙なネーミングだ。
 風が弱い場合、飛行艇はこのブルーホールを右手に見ながら旋回を終え、着水態勢に入る。飛行艇は最適の機首角度と降下率になるようにエンジンの推力を増減し、最終進入速度を保持したまま着水域まで真っ直ぐ進入する。高度を下げる機体の下を白い環礁が通過し、前方に真っ青なラグーンが広がる。
 機体が着水する直前、機体の下に伸びたセンサーが海面の接近を知らせるパイロットランプが点灯した。「センサー接水」ズイキが声を上げる。
「降りるぞ」ゲン爺の合図で機体は旅客機らしくスムーズに着水した。不安定さなど微塵も感じさせない。
『見事なものだ』コパイロット席でズイキは感嘆の息を漏らした。
 キャビンクルーが到着の案内を始める。ゲン爺は一旦絞ったエンジンの出力を上げて機体の方向を変え、そのまま真っ直ぐにラグーンの中を進み、ゆっくりと桟橋に横付けした。桟橋で待機していた数人の作業員が近づいてきて係留の用意が始まった。
「エンジン停止」ズイキは4つ有るエンジンを次々と停止した。
 飛行艇は週に2回イルマの首都シンキョウとこのパミラウ諸島の間を往復する。往路はシンキョウから3カ所の諸島の主要都市を経由してこのパミラウ諸島の首都パミラウへ向かい、復路はその逆を辿る。
 戦後、パミラウ諸島を含む周辺の群島は独立した国家ではなくなり、イルマ国の統治領になった。まだリゾートとしての開発は途についたばかりで利用客は採算ラインを満たすにはほど遠かったが、イルマはパミラウが自国の領土であることを世界にアピールするためにもこの航空路を維持する必要があった。
 ズイキは乗客やクルーたちがタラップを降りたのを確認しシャットダウンを終えると、雑務の残るゲン爺を残して機体を出た。
 常夏の太陽はまだ高い。あたりにはクッキリとした透明な風景が広がっていて、潮の香りを含んだ穏やかな風は椰子の葉を微かに揺らせている。いつものようにラグーンの海面は穏やかだ。
『静かだ・・・』ズイキはタラップを降りながら南国の空気を吸い込み、風景に目をやる。
 桟橋の向こう、椰子の木の陰に“あいつ”の姿が見えた。
 ズイキは挨拶のために手を上げようとした。
「カンザキさん!」その時、聞き覚えのある声が自分を呼んだ。
「軍への復帰は決められましたか?」振り返るとシンキョウ新聞のウチヤマが立っている。シンキョウ空港でも声をかけられたことがあるが、悪い印象しか持てない男だ。
「どうしてアタシにつきまとう?」足を止めてしまったことを後悔しながらズイキは訊いた。
「この前、あなたがアイドルだからだと申し上げたはずですが」ウチヤマはズイキの顔を覗きこんだ。小ばかにしたような表情を作ってズイキの反応を待っているのだ。
「もういい!」ズイキは歩き始めようとした。
「オッドアイの話はお聞きになりましたか?」ウチヤマがたたみかける。
 ズイキの足が止まった。
「お聞きになっているようですね」ウチヤマはしてやったりの顔をした。
 ズイキは無言だったが既知であることはすでに態度に出てしまっている。
「どうやらオッドアイは外国人部隊に所属して東域戦線に参加しているようです」ウチヤマはズイキに近づいた。
「確かなのか?」ズイキは諦めて質問した。
「興味は持たれますか?」ウチヤマはズイキの反応を吟味するように言った。
「戦闘機乗りの末路に興味があるだけだ。あんたと同じようにな」ズイキは皮肉を込めた。
「そりゃぁ、興味はありますが、私はもっと他のことを追いかけています。例えばこの無益な戦争が兵士たちにもたらす精神的な影響とか・・・」
「なら、もっと他の誰かを当たるんだな」
「まぁ、そう無下にしないでくださいよ。オッドアイの情報はお話しますから」
 ズイキはしかたがない、という風に溜息をついた。
「セシル・ディ・エーデルワイス・エリザベート・フォン・フォアエスターライヒ、それが彼女の名前です。あ、まずオッドアイが女性であることからお話ししなくてはいけませんか?」
「女だとは認識している。でも、セシル・ディ・エーデルワイス・・・って長いな」
「エリザベート・フォン・フォアエスターライヒ。フォンが付いていることからわかるように彼女は貴族で、フォアエスターライヒ大公の娘ではないかといわれています」
「フォアエスターライヒ大公ってフォアエスターライヒ公国の?」
「ええ」
「王女様なのか?」
「王国ではなくて公国ですのでちょっと違いますが、まぁそのようなものです」
「そんな奴がなぜ戦闘機に乗っている」
「国の上に立つ者は国を守る任務に一度は就くという国是がきっかけのようです。公国は強力な国防軍を持っていましたが、彼女はそこでパイロットとして希有な才能を開花させ、大戦に参戦するとたちまち頭角を現したようです。そして西域でエースとして戦ううちにあなたの噂が耳に入ったのでしょう」
「オッドアイと直接戦ったことはない」
「しかし終戦直後、あなたはオッドアイと邂逅していますね?その時のあなたの報告によるとオッドアイはあなたを相当意識しているようだ」
「なぜそのことを知っている。どこからそんな情報を・・・」
「蛇の道は蛇です」ウチヤマは唇の端をつり上げた。
「それで?」ズイキは先を促した。
「ベクレラ軍筋の情報からもオッドアイが東域戦線に参戦しているのは間違いないと思います。それに、イルマ側にもあなたが西域で目撃されたのと同じように、オッドアイの目撃情報が複数あります。相手を反撃できないまで弱らせてから、わざわざギリギリまで接近して自分がオッドアイであることを見せつけるそうです」
 ズイキは西域の空でのアクロバチックな編隊飛行を思い出していた。オッドアイはわざわざゴーグルを外して自分の顔を見せた。
 ウチヤマは話を続ける。「まるであなたを誘っているようだ・・・だからあなたに白羽の矢が立ったのではないかと・・・」
「ただの想像だろう?」
「軍の動きを丹念に追っていればそういう流れは自然と見えてきます。イルマ軍の損害は甚大で、恐怖で戦意を喪失するパイロットも多いようです。私も対抗措置としては理にかなっていると思います」
「買いかぶりすぎだ・・・戦争は国家という巨大組織どうしの争いだ。アタシ1人でどうにか出来るものじゃないし、オッドアイの影響も限定的なものだ」
「だが、軍としては面白くないでしょうな」
「アタシには関係の無いことだ」ズイキはウチヤマから目を離して歩き始めた。
「では、復帰は無いと?」ウチヤマは食い下がろうとしたがやがて足を止めた。
 ズイキは無視して桟橋を進んでいく。
 桟橋を降りたところにいつものように“あいつ”が立っている。
 “あいつ”はズイキより少し背が高く、やせっぽちの、やや濃い目の肌を持った13歳の少女だ。明るい生成りのワンピースを着て、腰まで届く漆黒の髪を首の後ろでシンプルに束ねている。そして足元には黒い塊、パラパラを連れていた。パラパラはゲン爺の飼い猫で、真っ黒な体と金色の目が特徴だ。もう15年は生きている年老いた雄猫だが、もうすでに化け始めているのか毛並みは艶やかだ。気まぐれで、自分本位にしか行動しない老猫がなぜ彼女に付いてきているのかはわからなかったが、いかにも退屈そうに大きく口を開けて欠伸をした。
 ズイキが近づいてゆくと彼女は大きな眼で見下ろした。その虹彩はまるであのブルーホールのような深い青だ。
「ただいま」ズイキは声を掛けた。
 あいつはゆっくりと微笑んだが、そのままズイキの背中越しに焦点を合わせて固まった。
 ズイキが振り返る。
 ウチヤマが手に持った小型カメラのシャッターを切る瞬間だった。

2021.01.19
関連記事
スポンサーサイト




テーマ : 自作小説    ジャンル : 小説・文学
 
 

Comments

 
執筆、お疲れさまでした。

ズイキ、結局、軍を抜けられなさそうですね。本人は嫌がってますけど、周りが放っておかない感じですよね。あんなヤバいヤツが暴れまわっているんじゃ、ズイキが出ていくしかないでしょうし。それに、オッドアイ、完全にズイキをターゲットにして挑発してますよね。「わたしを殺しに来い」って感じで。

あ、ウチの子を使ってくださって、ありがとうございます。
ふむふむ、外人部隊か。つまりは傭兵ですね。『国の上に立つ者は国を守る任務に一度は就く』って、言いそうだなぁ、そういうこと。”オッドアイ”として、ちゃっかりと「居場所」も「役割」もゲットしたみたいですね。
こんなふうに、いろんな場所で歴史のあちこちに関与して名前と伝説を残す、という「超人ロ●ク」のような存在は、彼女の設定でもあるので、嬉しい限りです。

最後に出てきた”アイツ”ちゃん、たぶんフワリですよね?
なんと、パミラウに来ていましたか。因果だなぁ。エリの行方も気になりますけど、もしかしてどっかに出てきたりしてます?
ごゆっくりでいいので、また続きも書いてくださいね。
 
こんばんは。

なんと参加作品は「新世界から」の新作でしたか!
これって、本編そのものですよね。お題は全部クリアしているし、作品の使い回しもウェルカムなので、全く問題はないのですが、本編に絡むのは難しいので、お返しはこの作品とは関係のないもので考えますね。

さて、”オッドアイ”としてあの方(超人ロッ○系なんだ・笑)がレギュラー化していますね。もともとズイキが退役を望んだ事情がわからないので、当てずっぽうな感想ですけれど、”オッドアイ”が出てこなければ「誰が復帰なんてしてやるか」という感じなのが、ちょっとぐらついてきている感じでしょうか。

王女様が失われた王国に登場したということは、すぐに歴史的な意味を持つ何かが起こりそうですね。そして、そのためにここに来たのかな。

夏のブルーラグーン、いいですね。サキさんの丁寧な記述から、夏の色と香りが脳内に再生されました。私ならバカンスにいそしみたいけれど、きっとズイキはそうじゃないんだろうな。

「scriviamo!」のお返し問題は別として、物語として純粋にこちらの続きが読みたいですねぇ。また近いうちに、こちらも更新してくださることを楽しみにしています。

素晴らしい作品でのご参加ありがとうございました!
TOM-Fさん 
ズイキの腕は相当に良いのでイルマ軍の中でトップガンって言うんですか?そんな立場だったという設定です。機体を操るということに関して天才的な勘を持っているんですね。
彼女が軍を辞めるときもすったもんだがあったようです。
キッパリと辞めようとしたのですが、軍籍までは無くすことはできませんでした。ご存知のようにキタカタできな臭い臭いが漂い始めていましたし、今ではもう内戦が勃発しています。軍としても手放せませんよね。

あ、よかったです。なるほど「超人ロ●ク」のような存在なんですね。ということならこんなところでこんなことをしていても許されるということですね。コメントをいただいてちょっと安心しましたので、遠慮なく使わせていただこうかな。
オッドアイはサキにとって怖いくらいの吹っ切れた存在です。はたしてズイキの腕をもってしても・・・といっても今のところこの物語を仕上げる予定は無いんですけれども。

はい”アイツ”ちゃん、フワリですよ。
エリはまだ構想外にいますので動向はわかりません。
物語はまだまだパズルのピースを増やさないと繋がりません。
いいかげんなイベント掌編になってしまいましたが書く方は楽しく書かせてもらいました。

そんなパズルのピース的掌編を読んでいただき、そしてコメントをいただき、ありがとうございました。
夕さん 
はい、「新世界から」の掌編でした。
そしてそうなんです、この掌編はパズルのピースで「新世界から」の物語本編の何処かに収まるようになっています。もちろん全体が出来上がっていくと小さな矛盾点が出てきて、修正を余儀なくされる可能性もありますが。
この掌編にどのようなお返しが返ってくるのか楽しみにしていますが、できればこの掌編のキャラを絡めていただけると嬉しいです。

そして、そうなんです。ズイキは復帰するなんてことは毛頭無いと思っていたんです。でも時々奇妙な浮遊感に襲われていることからもわかるように、体はあのアクロバティックな飛行を求めています。そしてオッドアイの登場はそれにいっそうの拍車を掛けているようです。
もうほとんど病気ですね。一種の精神疾患といってもいいのかも知れません。ウチヤマは戦場の兵士たちが受ける、そういう精神的な影響を追いかけていという設定になっています。

あ、夏の雰囲気は伝わりましたでしょうか?常夏ですから年中夏なんですけど、今が一番夏の季節ということで、課題をクリアさせていただきました。
フワリがここに来ている理由はまだモヤモヤとした霞の中で、はっきりと纏まっていません。

え?続きですか?
残念ながら今のところ予定はありません。
あちこちにパズルのピースはあるのですが全体的な設定に問題や矛盾をたくさん抱えていて、パズルを完成させることができないんですよ。
前にも書いたと思いますが、イベント用の断片を仕上げるのが精一杯という状態です。

そんなパズルのピース的掌編を読んでいただき、そしてコメントをいただき、ありがとうございました。
 
今晩は。
一辺通しで読んで、少し間隔を開けて、戻ってきてを繰り返しつつ、偶に他の作品を読み返したりして。
第一感想が「で、続きは?」から揺るがず現在に至ります。いえ、決して何かを強いるつもりはないのですが。
丁度いい感じに状況や、キャラクターの性格や立ち位置を把握し、謎も幾つか出てきて、さてここからと期待値が一気に上がったところ。
これで続きが気にならないと言ったら、嘘になるでしょう。

一番気になるのはやはりオッドアイでしょうか。ズイキさんに執着する理由がライバル心だけでは一寸弱い気がするので。
確かにお互い秀でたパイロットとしてのプライドなどもあるんでしょうが、それだけで此処まで派手で分かり易い動きをするような方じゃないって言う、勝手なイメージがあります。ひいては裏に1つと言わず、4つ5つぐらい何か狙ってそうな。
チップの有無を差し引いても、その血筋からフワリちゃんもまだ安全ではないでしょうし、だからと言って軍に安全を求めるのもおかしい気もします。
だから予備役のズイキさんのところにいるのかな。でも、それも一寸違うかな、なんて想像したり。さて、どうなるんだろう。

どの作品も何時も完成度が高いだけに執筆が大変かと思いますが、ご無理の無いよう、どうぞご自愛ください。
志士朗さん 
すみません。
何度も読んでいただいて申し訳ないのですが、続きの予定は今のところないんです。
「新世界から」は意気込んで書き始めたのですが、骨格となるシチュエーションに納得がいかず、先へ進めなくなっています。
今回は夕さんの「scriviamo! 2021」のために、サキの構想の中にあった断片にプランCのお題を組み込んで、引っ張り出してきた作品なんです。
でも、ずっと頭の中で想像してきたシーンなので部分的ながら文章にすることが出来て、サキとしてはつっかえていた物が取れたような、スッキリとした気分になっています。
フワリとズイキの出会うシーンは別に予定されているのですが、ラグーンに囲まれた南の島で任務を終えたズイキが椰子の木の下にフワリを見つけるシーン、書きたかったんですよ。

オッドアイは元々予定には無いキャラクターで、TOM-Fさんのリクエストに答えて登場させ、許可を得てそのままレギュラーになってもらったキャラクターです。
TOM-Fさんのもともとの設定が非常に複雑なキャラクターなので扱いには苦労しそうですが、今のところ先へ進む予定は無いので設定は大まかなものしかありません。
> ひいては裏に1つと言わず、4つ5つぐらい何か狙ってそうな・・・
おっしゃる通り一筋縄ではいかなそうですね。

あ、大丈夫ですよ。無理をしてまで書く事はありませんから。
サキはいたって怠け者です。

中途半端な断片、読んでいただいてありがとうございました。
そしてコメントありがとうございました。

 
<- 04 2021 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール
こんにちは!サーカスへようこそ! 二人の左紀、サキと先が共同でブログを作っています。

山西 左紀

Author:山西 左紀
「山西 左紀について知りたい方はこちら」
(ニコニコ静画フリーアイコンより)

ようこそ!


頂き物のイラスト

アスタリスクのパイロット、アルマク。キルケさんに書いていただいたイラストです。
ラグランジア
左からシスカ、サヤカ(コトリ)、サエ。ユズキさんにイラストを描いていただきました~。掌編「1006(ラグランジア)」の1シーンです。
天使のささやき_limeさん2
limeさんのイラストをイメージにSSを書いてみました。「ダイヤモンド・ダスト」
イラストをクリックすると記事に飛びます。よろしければご覧くださいネ!
スカイさんシスカイメージ
スカイさんのシスカイメージ
シスカ・イメージ高橋月子さん作
シスカ・イメージ 高橋月子さん作
シスカ・イメージlimeさん作
シスカ・イメージ limeさん作 コトリ・イメージユズキさん作
コトリ(コンステレーションにて)ユズキさん作
リンク
ブロとも申請フォーム

Archive RSS Login