fc2ブログ
Debris circus

Debris circus

頭の中に散らばっていた破片(debris)を改めて文章に書き起こし、オリジナルブログ小説としてサーカスの舞台に上げていきます。読みにくいものもありますが、お暇な時にパラパラとめくる感じででも読んでいただけたら嬉しいです……

 

サクラサク

サクラサク-01

・・・といってももうそろそろ散りそめの段階に差し掛かっているのですが、この画像は満開の時のものです。
 今年は開花はやや早かったのですが、その後に寒気がやってきて満開までにけっこう長く楽しむことができました。

サクラサク-02

 せっかくですから、近場の綺麗に咲いているところ(全く無名のところですが)まで出掛けて行って、動画とピンナップを撮ってきましたのでUPしておこうと思います。
 動画は若干手ブレで目が回りそうですがお許しください。


見られない方はこちら(https://www.youtube.com/watch?time_continue=126&v=WOna4Ut9yis

 こうやって綺麗な桜を見上げていると、サキは後何回くらいこんなに良いコンディションで満開を見ることができるんだろう?なぁ~んてちょっと感傷的になってしまいます。
 そしてそんなつまらないことを考えながらゆっくりと桜の下を歩いていると、ふと、自分で書いた作品のワンシーンが浮かんできましたので、宣伝をかねて載せておきましょう。
 壊滅的な打撃を受けた人類が、ようやく復活を遂げようとしている世界、主人公はトロッコで物や人を運ぶことを生業にしている少女です。名前はトロといいます。
 

 トロッコはやがて築堤に差し掛かり、辺りは淡紅色の花でいっぱいになった。 トロが仕事の事前調査で調べたところによると、この先には接触点と呼ばれる地点があって、その周辺半径10キロが森になっている。
 暖かくなり始めたこの時期、この広大な森を構成する数え切れないほどの木々は、枝全体に一斉に花を付けていた。淡紅色で埋め尽くされた世界は、線路の真上だけに僅かに真っ青な空が覗いているが、まるで花のトンネルだ。幾千幾万の花はトロッコの動きに合わせて前方から後方へと流れ去り、1つ1つの花は滲み混ざり合い、淡紅色の幻想空間を作り出す。トロは前方を確認することも忘れてその光景に見入っていた。

物書きエスの気まぐれプロット9(接触点)より

 流れるような文章を書きたいんだけど、さっぱり上手く流れない。
 才能の無さをつくづく感じている今日この頃です。
 あたりまえかぁ・・・
関連記事
スポンサーサイト




テーマ : つぶやき    ジャンル : 小説・文学
 
 

Comments

 
美しい桜ですね。
毎年桜は美しいのだけど、自分の体調が万全でないと、その美しさを満喫できないって、確かにありますよね。
今年は私もすっかり風邪でダウンして、お花見どころではなかったなあ。
来年は堪能したいです。


流れるような美しい情景描写。私もいつもそれ、悩みます。
私が以前セミナーで教わった事は、ひたすら「書きすぎない」ということでした。
削って削って、残ったものの中に美しさがあるんだって。
でもついつい書きこんでしまう……。
難しいですよね( ;∀;)
limeさん 
桜が咲いているけれど誰もいない場所、ということでここへ行ってきました。
なかなか綺麗でしょ?静かだし、短時間で撮影を済ませ、少しの間桜の下で佇んできました。
お花見でドンチャン騒ぎ・・・と言う気分ではなかったので。

流れるような・・・ずっと悩んでいます。
何回も読み返して、結局完成しないということが続いています。
リクエスト、お待たせしていますが(ちゃんと憶えていますヨ)気長にお待ちいただけたら嬉しいです。

コメントありがとうございました。
 
こんばんは。

おお、このサクラサクでしたか。
やはり日本の桜はきれいですね。
今年は花の時期も長かったとか。眼福ですね。

ソメイヨシノはたった一本の木のクローンで、もしかすると全て一斉に死んでしまうかもしれないという説を時々ききます。桜にもいろいろありますけれど、この特別な感じはやはりソメイヨシノならではですし、そんな日は来ないで欲しいと思いつつ、毎年の桜を大切に愛でたいですよね。私は、あと何回本物を見ることができるのかしら。もう見られなかったりして。

流れるような文章ですか。難しいですよね。もっともサキさんは情景描写は得意だと思うのですが。この情景も目に浮かぶようでとても美しいですし。きっと何度も何度も見直して書き直している、その努力が文章に凝縮されているのでしょうね。

 
ほんと、今年は花冷えが長くて、まだ花見ができていますよね。
なんかちょっと、得した気分です。

桜を見ると感傷的になりますけど、来年もきっとこの花を見られると信じて過ごすことにしましよう。

流れるような文章ですか。
書けば書くほど、文章って難しいなぁと思いますね。
静止した情景を流麗な文章で描くのか、流れ動く情景を文章で追うのか。それによっても違ってきそうだし。
精進あるのみ、ですね。
夕さん 
こんばんは~。
このサクラサク、でした。
開花してから一気に冷え込んで随分長く花が持ちました。入学式の時期まで花が持ったのは久しぶりですね。
新入生も良い記念写真が撮れたんだろうと思います。

ソメイヨシノ、この世のものとは思えないぐらい美しい花ですね。
そして子孫を残すわけでもなく儚く散ってしまう。
だからでしょうか、サキはその美しさの中に死の臭いを感じてしまうのです。
これっておかしな事だとは思うのですが、感じてしまうものはどうしようもないです。
でもその妖しさも含めて大好きな花です。

流れるような文章は、ずっと創作のテーマです。
上手くいったと思った文章でも、暫くして読み返すと流れません。
抽出した「接触点」のこの部分もそんなふうに感じています。
難しいものですね。

コメントありがとうございました。
TOM-Fさん 
今日の冷たい雨で見頃はそろそろ終わりでしょうか?
あの地面に落ちた花びらもまた美しいんですけれど・・・それでますます感傷的になってしまいますね。
来年、また良いコンディションでこの花が見られるように日々精進です。

だいたいサキが好んで読む作家さんは、文章を読んでいるなんていう事を意識させないような書き方をされます。
いつの間にか物語の世界に引き込まれて結末まで連れて行かれます。
これが出来るからプロなんでしょうけどね。
サキの脳内を表現しようとすれば、limeさんの仰るように「ひたすら書きすぎない」というのもかなり困難ですし、勢いだけで書いていた頃はそうでのなかったのですが、奥は深海のごとく深いです。

コメントありがとうございました。

 
<- 04 2024 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール
こんにちは!サーカスへようこそ! 二人の左紀、サキと先が共同でブログを作っています。

山西 左紀

Author:山西 左紀
「山西 左紀について知りたい方はこちら」
プロフィール画像について(“みまさか”さんに特別にお願いして使用許可をいただいた「ミクダヨーさん」です。)

ようこそ!


頂き物のイラスト

アスタリスクのパイロット、アルマク。キルケさんに書いていただいたイラストです。
ラグランジア
左からシスカ、サヤカ(コトリ)、サエ。ユズキさんにイラストを描いていただきました~。掌編「1006(ラグランジア)」の1シーンです。
天使のささやき_limeさん2
limeさんのイラストをイメージにSSを書いてみました。「ダイヤモンド・ダスト」
イラストをクリックすると記事に飛びます。よろしければご覧くださいネ!
スカイさんシスカイメージ
スカイさんのシスカイメージ
シスカ・イメージ高橋月子さん作
シスカ・イメージ 高橋月子さん作
シスカ・イメージlimeさん作
シスカ・イメージ limeさん作 コトリ・イメージユズキさん作
コトリ(コンステレーションにて)ユズキさん作
リンク
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Archive RSS Login