fc2ブログ
Debris circus

Debris circus

頭の中に散らばっていた破片(debris)を改めて文章に書き起こし、オリジナルブログ小説としてサーカスの舞台に上げていきます。読みにくいものもありますが、お暇な時にパラパラとめくる感じででも読んでいただけたら嬉しいです……

 

お菓子の国

これは2019年のエイプリルフール記事です。

 こんばんは、スミ(墨)と申します。4月1日から臨時にこのブログのAuthorを努めることになりました。サキはちょっと事情がありましてお休みです。
 急なのですが、ほんの暫くの間だと思いますので、お付き合いの程よろしくお願いいたします。
 このブログは広告を出さずに7年以上運営してきたのが自慢だったみたいなのですが、ついに出てしまいました。見苦しいから一刻も早く広告を消せ、というのがサキからの最初の指令です。
 ということで取り急ぎ、サキが記事に使うつもりでまとめていた写真を、PCのフォルダから掘り起こして掲載しようと思います。

 サキがどんな記事を書くつもりだったかといいますと、ちょうど一年前にサキが訪れたポルトガルの旅行記事なのですが、やはり天邪鬼ですね。素直に旅行記を書けばいいのに、フォルダの中はお菓子の写真ばかり、奴はお菓子で記事をまとめようとしていたんですよ。
 わたしはお土産話をいっぱい聞いていますし、少し補足のインタビューをすることもできたので、大体のところ上手くまとめることができたと思っていますが、いかがでしょうか?では記事をどうぞ。

 ちょうど1年前になりますが、サキは伊丹から羽田・フランクフルトを経由してまずポルトガルのポルトに入っています。
 サキがずうっと行きたかった町、ポルト。ザァッと雨が降ったりパァッと晴れたり、気まぐれな天候の中、自分の書いた作品の後追い取材も兼ねながら、リベイラ地区の町並みやガイア地区のワインセラーなど、町の中を精力的に歩き回ったようです。
 それでこの写真一枚かよ!
 ほんと天邪鬼だな!
ポルトのカフェ_Ovos molus
 これは「オヴォシュ・モレーシュ(Ovos molus)」というお菓子で、外観はまさに「最中」そのものなのですが、皮の中には餡の代わりに激甘の卵黄クリームが入っています。貝やワイン樽の形が面白いですね。サキはポルトのカフェとタイトルを付けていますが、話を聞くとコンビニのような感じの店のカウンターの上で見かけたのだそうです。

 この町のあとサキたちは北上して国境を越えてスペインに入り、サンティアゴデコンポステーラを訪れています・・・って、そこの写真も無しかよ!
 大聖堂のミサに参加したり、町を散策したり、楽しんだようですが、UP用のフォルダーにはここ関連の写真は一枚も入っていませんでした。奴は感動を素直に表現しませんので、後回しにしたのでしょうか。
 その後は南下して再びポルトガルに戻り、次に写真が登場するのは運河の町、ポルトガルのヴェニス(?)、アヴェベイロです。
 けっこうたくさんの写真が用意されていたのですが、中身はお菓子屋さんで見かけたお菓子の写真ばかりで、やはり町の写真は無しです。
アべイロのお菓子屋さん_PASTEL DE CôCo アべイロのお菓子屋さん1

アべイロのお菓子屋さん2 アべイロのお菓子屋さん3

アベイロのお菓子屋さん4 アベイロのお菓子屋さん5

アベイロのお菓子屋さん6

アベイロのお菓子屋さん7 アベイロのお菓子屋さん8

アベイロのお菓子屋さん9 アベイロのお菓子屋さん10

アベイロのお菓子屋さん11 アべイロのお菓子屋さん_Ovos molus

アベイロのお菓子屋さん_Ovos molus2 アベイロのお菓子屋さん_Ovos molus de Aveiro
 その中に箱入りの「オヴォシュ・モレーシュ(Ovos molus)」の写真がありますが、これはサキのミクシリーズとコラボして八少女夕さんが書かれたお話「黄金の枷・外伝 アヴェイロ、海の街 」の中でヒロインのミクが購入するお菓子の箱、そのままですね。ポルトへ戻る自動車の中でジョゼと2人で食べさせっこしたお菓子はこれです。たぶんサキはこれを見つけてメッチャ感動したんだと思います。

 次はポルトガル発祥の古都、ギラマンイスのお菓子屋さんですね。
 ここも町の写真は一切無しかよ!巨石を抱え込んだ古城とか、古い町並みとか、いろいろあっただろう?
 この町で見かけたお菓子はネームカードが付いているで名前がわかります。話題に上げるつもりだったようで、ファイル名にお菓子の名前が入っています。写真に付けておきますので、興味のある方はご参考まで。

ギマランイスのお菓子屋さん_Douradinhas de Guimaràes ギマランイスのお菓子屋さん_Pastèis de nata
Douradinhas de Guimaràes                   Pastèis de nata

ギマランイスのお菓子屋さん_Tortas de Guimaràes ギマランイスのお菓子屋さん_Toucinho-do-cèu de Guimaràes
Tortas de Guimaràes                      Toucinho-do-cèu de Guimaràes

 さてその次に訪れたのは世界最古の大学の1つ、コインブラ大学ある町、コインブラですね。
 いろんなお菓子が並んでいますが、一番下の段の袋入りのお菓子は金平糖だそうです。
 これはお土産の中に入っていましたが、形は日本のものよりだいぶ精度が悪いですね。。
 でもここも町を巡って、大学の見学もしたんだろ?

コインブラのお菓子屋さん1 コインブラのお菓子屋さん2

 お、たった1枚のお菓子以外の写真がありました。コインブラ大学のキャンパスで見かけたカップルだそうです。この黒いマントの2人、ハリーポッターのワンシーンみたいですね。

コインブラ大学のカップル

 次はずっと南に下ってシントラです。他にも幾つか町を巡っているはずですが、お菓子の写真は撮れなかったのでしょう。
 シントラはポルトガル王室の夏の離宮だった城のある町で、離宮の中も見学したはずですが、やはり写真は無しです。
 ここでもお菓子屋さん「Piriquita(ピリキータ)」に連れて行ってもらったみたいで、そのお店の写真です。
 けっこう有名な店なのかとても混んでいて、整理券発行機で整理券を取って、番号がモニターに表示されたら商品を選ぶというシステムだったそうです。
シントラのお菓子屋さんピリキータ シントラのお菓子屋さん整理券発行機
シントラのお菓子屋さんピリキータ                整理券発行機

シントラのお菓子屋さん1
 ここの名物はこの「ケイジャーダ(上段左側)」。

シントラのお菓子屋さん2
 そしてもう1つの評判のお菓子は「Travesseiro(トラヴェセイロ)」、下の段の1個だけ残ってるやつだそうです。
 上段のも美味しそうだけどこれはなんて言うお菓子だろう?

 味は?「どちらも美味しかった」としか書いてないですね・・・。

 最後は首都のリスボンに立ち寄っています。
 ここの写真もお菓子関連しかありませんが、ベレンの搭からジェロニモス修道院を巡った後(定番のコースですね)、このお菓子屋さん「パステイス・デ・ベレン」に立ち寄ったみたいです。ここもけっこう有名みたいで観光客でいっぱいだったようです。

リスボンのお菓子屋さん_パステイス・デ・ベレン リスボンのお菓子屋さん_パステイス・デ・ベレン_Pastèis de nata
 もちろん、ここでは「Pasteis de nata(パステイス・デ・ナタ)」を食べていますね。
リスボンのお菓子屋さん_パステイス・デ・ベレンの工房
パステイス・デ・ベレンの工房

 味は?「美味しかった」ですか・・・。
 後の2枚はリスボン市内をぶらぶらした時にフィゲイラ広場あたりで撮影したと言ってました。
リスボンのお菓子屋さん1 リスボンのお菓子屋さん2

 ポルトガルってまるでお菓子の国だなぁ・・・そんな印象を持ったスミでした。

 きっと美味しかったと思うんだけれど、これだけのお菓子を奴に食わせても、その価値のどれだけを感じることができたのか、レポーターとしては失格ものだったんじゃないの?
 だっておみやげ物の山の中にはチーズ(塊やらスライスやら)とイワシやタコや貝やらの海産物の油漬け缶詰がたくさん、それにワインが規定いっぱい入っていたんですから。
 そんなに飲めるわけでもないのにね。

 
・・・・・・ということでサキです。
エイプリルフールの記事、楽しんでいただけましたか?
え?バレバレだったですか?
しょうがないですよ、サキは嘘がつけない性格なんですから。
でも写真は本物ですよ。

しばらく更新が滞っていましたが、サキは元気です。
ちょっとサルベージがあったりしたのでブログをサボってました。
憂鬱になってグズグズして、ゴロゴロして、そして一度広告が出てしまうと「まぁいいか・・・」ってなってしまって、停滞が一層長くなっていました。
でも、この記事でとりあえず復活です。
拙いながらも、そしてゆっくりペースになってしまっても(また広告が出てしまったとしても)書き続けますので、かまってやってくださいネ。
どうぞよろしくお願いします。
とりあえずは33333HIT企画第3弾、大海彩洋さんのリクエストに答えなきゃ。
がんばるぞ!(ただしマイペースで、という条件を付けさせてください)

山西 サキ
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : つぶやき    ジャンル : 小説・文学
 
 

Comments

 
スミ(墨)さん、はじめまして!
サキさんの代筆、お疲れさまでした……今日だけの代筆、ですよね?

アイコンはスミさんのイメージなんでしょうか。一瞬、なんじゃあ、ってなりましたよ。まあ、かわいいけど(笑)

さて、ポルトガルのお菓子紀行の記事、楽しませていただきました。
どれもこれも、空腹には目に毒な美味しそうなお菓子の数々、凶悪な飯テロですね(絶賛w)
ほんと、ポルトガルとかスペインとか、行ってみたいなぁ。

サキさん、復活なさって、よかったです。
記事も小説も、のんびりとやっていきましょうね。
TOM-Fさん 
コメントありがとうございます。

さてどうでしょう?
スミは今後も物語の登場人物などで登場する機会があるかもしれません。
アイコンはなんとなくなのですが、スミのキャライメージです。
面白いので使ってみました。
確かに可愛いイラストですよね。
ちょっと気に入っています。

そして記事、これでもかというくらいお菓子の写真を出してみましたが、甘すぎませんでしたでしょうか?
TOM-Fさんなら大丈夫?
サキはもうおなかがいっぱいです。
祝! 復活 
ううむ。

最初に「これはエイプリルフールだな」って思って、その後、「いや、まてよ、もしかしてこれホントかも」と思い、「事情って何、もしかしてサルベージ?!」とギョッとして、あれこれ考え、次に「じゃあ、スミさんって、ママさんかそれともリアルコハク?」などと無用なことまで考え、ようやく追記で「なーんだ」でした。つまりまんまと欺されたってことでしょうか。

サキさんがちゃんと書いておられることがわかり、(でも、本当にサルベージもあったのですね……)安心してもう一度記事を読ませていただきましたよ。「これはあそこのお店かな」とか想像もしつつ。

ケイジャーダは、シントラのケイジャーダとか、マデイラのケイジャーダとか、地方によって違うらしいのですけれど、私もまだシントラのしか食べていません。美味しかったですよね。私はクリームチーズが好きなので、こういうお菓子、いくらでも食べられてしまいます。

ポルトガルのお菓子というと、海外ではパスティス・デ・ナタばかりがクローズアップされますが、向こうに行くとあまりのバラエティに眼が白黒して、どれを食べていいのか毎回悩んでしまいます。

次回はボロ・デ・ベルリンに挑戦するのが野望です。

一度で二度美味しい記事でした!
夕さん 
あ、ありがとうございます。
そして少しだけでも引っ掛かってくださって、そちらもありがとうございます。
気のきいたエイプリルフール記事が書けずに落ち込んでましたので、ちょっとだけホッとしました。
サルベージを終えて復活のお知らせとお菓子の記事を兼用に書いていて、ついでにそれをエイプリルフールバージョンにしようなんて欲張ったのがいけなかったんですね。
無理は禁物です。
中途半端な登場だったスミには、また別の登場機会を与えてやろうと思っています。

え?ボロ・デ・ベルリンは知りませんでした。
一瞬ドイツのお菓子かなって思いましたよ。
チャレンジできたらお知らせくださいね。

サキは機会を見て、京都にあるポルトガル菓子の店に行ってみようと思っています。
北野天満宮の大鳥居横にあるらしいのですが、ポルトガル出身のパティシエと日本人の奥さんが経営してらっしゃるらしいんです。
本格的なポルトガルのお菓子が食べられそうです。
ママさんの発案(彼女は甘い物が大好きです)なのですが、面白そうでしょ?

 
<- 04 2024 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール
こんにちは!サーカスへようこそ! 二人の左紀、サキと先が共同でブログを作っています。

山西 左紀

Author:山西 左紀
「山西 左紀について知りたい方はこちら」
プロフィール画像について(“みまさか”さんに特別にお願いして使用許可をいただいた「ミクダヨーさん」です。)

ようこそ!


頂き物のイラスト

アスタリスクのパイロット、アルマク。キルケさんに書いていただいたイラストです。
ラグランジア
左からシスカ、サヤカ(コトリ)、サエ。ユズキさんにイラストを描いていただきました~。掌編「1006(ラグランジア)」の1シーンです。
天使のささやき_limeさん2
limeさんのイラストをイメージにSSを書いてみました。「ダイヤモンド・ダスト」
イラストをクリックすると記事に飛びます。よろしければご覧くださいネ!
スカイさんシスカイメージ
スカイさんのシスカイメージ
シスカ・イメージ高橋月子さん作
シスカ・イメージ 高橋月子さん作
シスカ・イメージlimeさん作
シスカ・イメージ limeさん作 コトリ・イメージユズキさん作
コトリ(コンステレーションにて)ユズキさん作
リンク
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Archive RSS Login