fc2ブログ
Debris circus

Debris circus

頭の中に散らばっていた破片(debris)を改めて文章に書き起こし、オリジナルブログ小説としてサーカスの舞台に上げていきます。読みにくいものもありますが、お暇な時にパラパラとめくる感じででも読んでいただけたら嬉しいです……

 

ここのところのミクとジョゼ

ここのところのミクとジョゼ、そしてポルトガル旅行の触りを・・・

 こんばんは、ここのところの時間です。
 というか、暫く更新が滞っていますので、軽く近況の報告です。
 いまサキは、大海彩洋さんからの30000HITリクエストに応えるべく掌編を書いているのですが、なかなか思うように進んでいません。
 以前にも書いていて繰り返しになりますが、彩洋さんのリクエストは、

リクエストは、いよいよ手術となれば、きっとジョゼや絵夢も遠くから見守っているだけではすまなかったと思うので、その辺りのことを、結婚後の思い出話としてでも新婚旅行に絡めてでもいいので、お願いしちゃいましょう。

でした。
 いざ書こうとして見ると「その辺りのこと」を新婚旅行に絡めて・・・うむむ、これがなかなか難しい。
 誰の視点にするか、どのような新婚旅行にするか、その展開で思い出話としてどう組み込むのか、なかなか頭を絞ってもアイデアが出てきません。
 確かにジョゼや絵夢が遠くから見守っているだけだったとは考えにくいので、何らかのお話は創出できると思うのですが、新婚旅行の中でこれを話すかな?
 そのシチュエーションを模索中です。
 今回は難題が多いなぁ。
 それともサキの頭脳の柔軟性が不足しているのかなぁ・・・。

 そして、ここにミクとジョゼに関連して写真を張り付けておきます。

DSCN3957.jpg

 この写真はポルトガルのポルトという町のリベイラ地区、ドウロ川河畔でのスナップで「絵夢の素敵な日常 初めての音(Port of Port)」の中で、2人が並んで腰掛けていたと思われる階段です。

 2人はその川岸の擁壁から川面に下って行く階段に並んで座っていた。・・・2人は絶妙な間隔を保ったまま、どちらからということも無くドウロ川の川岸にたどり着き、僅かな間隔を開けてこの階段に腰掛けた。そしてそのまま時が過ぎて行くのに任せていた。

 という部分に登場する場所なのですが、この場面の後ミクが事実上告白し、ジョゼがそれを受け止め愛を確かめるまで(なんだか逆さまですね)ずっと座っている場所です。
 実はこれを書いた時、サキはこのお話の舞台となったポルトに行ったことがありませんでした。
 想像だけでこのシーンを書き、その後2018年3月の末にですがポルトを訪れることができた時、ここを写真に収めたのです。
 観光をしながら、その「川岸の擁壁から川面に下って行く大きな階段」を探していたサキは、川面に下って行く部分がスロープばかりなので「階段があると思ったのになぁ」と残念に思っていたんですよ。
 ここを見つけた時は嬉しかったなぁ。さっそくカメラで切り取りました。
 いかがですか?

 あと、おまけをもう少し、ポルトの町を走るElectricoです。
 ポルトでは乗ることができなかったのですが、観光中に見かけた車両を撮ってきました。急な坂を登るときのモーターの唸り音(多分吊りかけ式)、良かったです。
 サキはこういうの好きですからね!
 あれだけの急坂、なんで登れるの?とても不思議でした。

DSCN3773.jpg

DSCN3918.jpg

 そしてもう1つ。
 実はこのお話「ミクとジョセの物語」、ミクが中学生のころから20代後半になるまでの長い展開の上に、八乙女夕さんや大海彩洋さんがコラボしてくださったりした関係で、お話があちこちのサイトに分散しています。とても順番通りに読むなんてことはできない状態でしたので、だいぶ前なんですが、こちら(下のリンク)のサイトに纏めてあるんです。
 今回それに、大海さんの作品と夕さんやサキの最新作までを追加しておきました。
「ミクとジョセの物語」たぶん今書いているお話が最終話になると思うのですが、無事書き終わったらまた追加しておきます。
 よろしければ背中合わせの2人の足跡を辿ってみてください。

ミクとジョセの物語・背中合わせの2人」サイトへのリンク
関連記事
スポンサーサイト




テーマ : つぶやき    ジャンル : 小説・文学
 
 

Comments

お 
こんばんは。

新婚旅行小説に向けて着々と準備中ですね。
いやー、みなさん「リクエストとは難問の暴球を投げるもの」になりつつありますよね。
自分で書くのは大変だけれど、横で見ているのは、興味津々で楽しいです。
大丈夫、サキさんなら楽々と書くでしょうと、期待されているのですから。

写真、「おお、ツアーの短い滞在で、よくこのスポットに行けたな」と感心して拝見しました。って、写真見ただけでどこかわかってしまうって、どんだけあの街をフラフラしているんだ、私。

リスボンでは、路面電車に乗られたのでしょうか。外も中もレトロで素敵ですよね。

作品、楽しみにしていますね。
って、私は人ごとではなく、書かなくちゃいけないのでした。
夕さん 
着々・・・でもないんです。なかなか浮かばなくて停滞中です。
そして、そうそう、たぶんポールさんくらいから暴球っていうパターンが始まっているんじゃないでしょうか?
面白いんですけれど、それは他人事で有る場合に限ります。
自分の身に降りかかると、それはもう大変です。
楽しみながら(そのように思い込んででも)書いていこうと思っていますので、気長に待っていただけたら嬉しいです。

あ、その通りです。リスボンでは路面電車に乗ることが出来ています。
至福の時間でした。
ああいうレトロな乗り物、乗れる機会はなかなか無いですから。
また追々報告を上げる予定です。(あくまで予定ですけれど・・・)

コメントありがとうございました。
 
リクエストを受けて書くのって、難しそうですよね。
私なんて、勇気がなくてチャレンジもしてません。たぶん、これからもしないかも(笑)
新婚旅行と、ミクの手術のときの話を織りまぜるなんて、なかなかシチュエーションの設定が思い付きませんね。サキさんがどのようにまとめるのか、ちょっと楽しみです。
ポルトの件、私もいったことのない場所を書くことが多いんですが、いくら資料や画像なんかを見ても、やはり現地に行ったことがあるのかないのかは、大きいですね。なんというか、空気感みたいなものが、わかるんですよね。現地に行かれたサキさんの表現、きっと深くなっていると思います。そのあたりも、楽しみにしていますね。
って、余計なプレッシャーをかけて、スミマセン。
ありゃりゃ 
す、すみません^^; まさかの悩ませている大海です……
やっぱり悩みますよね。でもこのシリーズのラストはやっぱりサキさんに締めて頂かなくちゃ!と思いまして。
手術って、回りは良くなって欲しいから「頑張れ」って言うけれど、手術を受けるのは本人だし、本人の不安は共有できないものがありますよね。きっとジョゼとの絆はその時にもしっかり深まったんじゃないかと、そう思うのですよね。ジョゼだって、もういても立ってもいられない気持ち、あったと思うし。あるいは、ミクはすごく頑張って、まったくジョゼたちにそんな気配を見せなかったか……その辺もちょっと興味があったりします。

でも、何よりも、野次馬的に新婚旅行をのぞき見したいって気持ちがあったりして^^;
どこに行ったんだろう? どんな会話があったんだろうって、気になるじゃありませんか、ね。
そして、サキさんのポルト訪問記の断片、良いですね。そうなんですよ、本当に何気ない街角、観光名所でもない風景、それが物語書きには大事なんですよね。そういうシーンを見る時の歓び、ありますよね。私も時々東京散歩をして、この辺で真が住んでて、とか思いつつ、にやにやしていることがあります……

悩ませているのを承知で、ミクとジョゼのラストシーン、楽しみに待っていますね(*^_^*)
TOM-Fさん 
難しいんですけれど創作の動機付けにはなるので、遅筆のサキにとってはいい刺激になります。
気がついてませんでしたが、TOM-Fさんはこういうリクエストを受けられないんですね。
一度チャレンジされてみては?(自分が始めてやった時はドキドキだったことを棚に上げている)
シチュエーションについてはまだまだ悩み中なんですけれど、なんだかやっつけ仕事になってしまいそうな予感も・・・。

現地は訪れて初めて分かるということがたくさんあります。
ストリートビューではやはり表面的なものしか感じらないと思いました。
仰るように描写に深みが出ればいいのですが、こっちの方もどうなる事やら・・・。
もうしばらくお待ちくださいネ。

コメントありがとうございました。
彩洋さん 
いえいえ、悩んでいることは確かですが、実は半分は楽しんでいるんです。
さっきTOM-Fさんへのコメントにも書きましたが、創作の動機付け、そして刺激になっていると思います。
こうでもしないとサキはなかなか書かないですから。

え?そんなにたくさんのシーンをご覧になりたい?
これは益々大変!収拾出来なくなりそうな気も・・・。
もちろん新婚旅行シーンは書いていますよ。
どこへ行ったんでしょうね?どんな会話をしたんでしょうね?それについてはちゃんと書いていますのでお楽しみに!

そしてポルトガル旅行ですね。
また観光地に紛れさせて何気ない街角もUPすると思いますので、こちらもお楽しみに!

え?そうですね~。これラストシーンなんだ!
ますますプレッシャーが!!!

コメントありがとうございました。

 
<- 04 2024 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール
こんにちは!サーカスへようこそ! 二人の左紀、サキと先が共同でブログを作っています。

山西 左紀

Author:山西 左紀
「山西 左紀について知りたい方はこちら」
プロフィール画像について(“みまさか”さんに特別にお願いして使用許可をいただいた「ミクダヨーさん」です。)

ようこそ!


頂き物のイラスト

アスタリスクのパイロット、アルマク。キルケさんに書いていただいたイラストです。
ラグランジア
左からシスカ、サヤカ(コトリ)、サエ。ユズキさんにイラストを描いていただきました~。掌編「1006(ラグランジア)」の1シーンです。
天使のささやき_limeさん2
limeさんのイラストをイメージにSSを書いてみました。「ダイヤモンド・ダスト」
イラストをクリックすると記事に飛びます。よろしければご覧くださいネ!
スカイさんシスカイメージ
スカイさんのシスカイメージ
シスカ・イメージ高橋月子さん作
シスカ・イメージ 高橋月子さん作
シスカ・イメージlimeさん作
シスカ・イメージ limeさん作 コトリ・イメージユズキさん作
コトリ(コンステレーションにて)ユズキさん作
リンク
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Archive RSS Login