Debris circus

Debris circus

頭の中に散らばっていた破片(debris)を改めて文章に書き起こし、オリジナルブログ小説としてサーカスの舞台に上げていきます。読みにくいものもありますが、お暇な時にパラパラとめくる感じででも読んでいただけたら嬉しいです……

 

「君の名は」を見たよ

「君の名は」を見たよ。
今頃かよ・・・と言われそうですが、まだ見てない方はネタバレがありますので注意してください。
なんてね。サキはついにレンタルディスクを借りてきてゆっくりと見ることができたんです。
実は映画館で1度は見たのですが、なかなか1度では全てが頭に入りません。
ようやく納得できるまでストーリーを追いかけることができて(何回も見ました)、色々と妄想を抱いたり感想を持ったりすることができました。
たとえば、もしサキがエンディングを作れたとしたら、こういうエンディングにしたかなぁ・・・とか。

(エンディングテーマが流れはじめる)
通勤電車、ドアの窓の傍に立つ彼
通勤電車、ドアのまどからぼんやりと外を眺める彼女
彼女、ハッとなって窓の外に視点を合わせ、目をみはる
窓の外、並行して走る電車の窓に彼の横顔
彼の視線がふと窓の外に向けられる
ハッと目をみはる彼
電車は並行して走り続ける
ジッと見つめ合う2人
電車がゆっくりと離れ始める
「ずっと誰かを」
「誰かを」
「探していた」2人がお互いを認識したその瞬間
並行して走る電車の間に対向する電車が割り込む
すれ違う電車の風圧によるドンという衝撃と共に、お互いは視界から消える
青空・タイトル
ここでブラックアウト
(エンディングメインテーマが始まる)
エンドロール
こんな感じかな?

本物の映画では、この後2人は電車を降りてお互いを探して街の中を駆け回り、ついに階段の上と下で相手を発見するんです。そしてドキドキしながら、なぜか2人はいったんすれ違い、意を決して彼が振り返り、声をかけ、彼女も振り返り、あの「君の名は」の台詞をかけ合うのです。(その時の彼女の一瞬の間や、笑顔も素敵です)
青空・タイトル
そしてブラックアウト
エンドロール
・・・となるんですけれど、サキだったらこの部分をカットしていたかも、そんな風に思いました。
電車を降りてから駅を出て、お互いを探して町の中を駆け回るって、ちょっと不自然じゃありません?
いや、もっと前、少しシーンを入れ替えてから、雪の降りしきる歩道橋で2人がすれ違ったシーンの後でエンディングはどうかな?
でも並走する電車のシーンは入れたいし、これではあまりにも素っ気ない?
ああ、でもやっぱり本物のが良いかなぁ。
そりゃそうですよね。これが世界で通用したエンディングなんですものね。
ハラハラしてから、よかった~ってなりますもん。確実に2人が出会うことがわかりますしね。
サキはハッピーエンドが大好きとか公言しておきながら、何を意地悪なエンディングを考えてるんだろう。
でもなんだかこのすれ違い、日本的なストーリーなんですよね。
これが世界的な大ヒットを飛ばしたんですから、世界もようやく日本に追いついてきたというところでしょうか。
これをハリウッドでリメイクしたら、と考えるとぞっとします。

そしてあくまでも無責任な自分勝手な妄想だということを前提として、あらためて思ったのです。
サキが書いた作品の中に「シスカ」という作品があるのですが、瀧が三葉の中で目覚めたときの様子、なんだかショウがシスカの中で目覚めたときみたいだなぁって。
あの自分が自分でないという混乱、自分の体を確かめる様子(さすがにオッパイをモミモミするシーンは書けませんでしたが)、そしてなんとトイレのシチュエーションまで、同じだ~!
でもサキが真似をしたんじゃないですからね。
「シスカ」の発表を始めたのは2010年のことですから。
こういう勝手な妄想は楽しいものです。責任もありませんしね。

でもね、やっぱりこの作品、素敵です。そして面白いです。
たくさんのレビューがありますから、細かい部分のサキの感想には触れませんが、ようするにレベルが違います。
もう一度見てみようと思いますから。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : つぶやき    ジャンル : 小説・文学
 
 

Comments

 
こんばんは。

私もあのエンディングは「私ならこうしないな」でした。
私はもともとハッピーエンド派ではないので、ますます(笑)

あの話のシチュエーション、たしかに私にとっては「シスカ」を思い浮かべるものでしたね。

間違いなくサキさんの方が先に発表しているのですから誰からも「真似」と言われる事はないと思いますが、ここまでヒットしてしまうと、今後ああいうシチュエーションはもうなかなか使えなさそうですよね。

あ、たしかにモミモミシーンは、女性にはあまりない発想かもなあ、と思いましたよ。
夕さん 
あら?夕さんもこうしないな派でしたか、まぁ頭の中で考えるのは自由ですからね。
楽しませていただきましたけど、色々と考えるのは面白いです。
もっともハッピーエンドを望むサキがこんなことを考えるのは、やっぱり全てが開示されるエンディングに物足りなさを感じたからだと思うのですが、もしそうでなかったら、全てを開示するエンディングを、想像上で作り出していたと思います。勝手ですよね。
でも総合的に考えて、これがベストだったんだろうとは思います。

あ、シスカを想い浮かべていただいてありがとうございます。
この物語、さっさと文章化しておいてよかったと思っています。
今まで寝かせておいたら、シチュエーションの変更を余儀なくされていたような気がしますもの。

コメントありがとうございました。
 
あ、DVDでご覧になったんですね。

たしかに劇場で一回見ただけだと、いろいろ見落としとかありそうですからね。「君の名は。」は、新海誠作品のなかでは異色のスピーディかつイージーな作品ですけど、それでもいろいろと仕掛けはあったように思います。

ラストの階段のシーン、三葉が上から降りてくる、滝は下から登っていくって、作中での二人の時空の関係そのままですからね。もっとも、私ならあのシーンは、階段を登る三葉に滝が追いつく、というふうにしますね。

いずれにせよ、後半の強引な展開からあのエンディングへ繋がるのはちょっと……と思いました。でも新海誠が手掛けてきた純文学ではなく、ラノベ的な予定調和を意識すると、ああするしかないだろうなと思います。初見の人には敷居が低くなるでしょうし、古くからのファンの人にはすごい意外感を与える結末ですからね。私は後者でした。

そうですよね、御作「シスカ」も入れ替わり(?)の要素がありましたね。よく使われる手法ですが、それをどう使うかはやはり作者さんの個性が出ますよね。「シスカ」では、謎が謎を呼ぶ序盤という感じで、引き込まれたことを思い出しました。
TOM-Fさん 
スピーディかつイージーですか、それでこれだけ複雑なんですから他の作品はどんだけ?というところですよね。
サキは新海誠作品としては「言の葉の庭」を見ただけなので、ちょっと他の作品も見てみようかなという気になりました。
なるほど、新海作品をよく御存じの方には、ちょっと・・・というエンディングだったんですね。
でも純文学的ではなく、ラノベ的な展開だったからこそヒットしたということはあるでしょうから、これはこれで、ということでいいのかな。
でもあの電車のシーンは素敵でしたね。あそこはとても気に入りました。
ひょっとして本当はあそこでエンディングの予定だったんじゃぁ・・・なんて、勝手なことを想像しています。それほど良いシーンだと思います。
お互いに探していたもの(者)が何か(誰か)わかり、そしてそれが確実に存在することを確認していますから、ここで終わってもその後の展開は想像できるはずですもの。
エンドロールの後、スクリーンショットで少しだけその後を開示するとかも出来ますし。

この入れ替わり、手法としては結構使われていますが、この作品がここまで有名になってしまうと、天邪鬼のサキはシスカでこの手法を使うのをやめてしまったと思うんです。きっと今までシスカを寝かせていたら、書かないまま終わっていたか、まったく別のストーリーになっていたと思います。

コメントありがとうございました。
 
ああ~、それいいな!サキさんが考えたラスト、すごくいい!

私も、あの街中を探し回るシーン、野暮ったいなと思ってたんです。
今までの感動的な流れが、あそこで途切れてしまって。
だって、探し回った後にはきっと出会うに決まってるのに、その予定調和を延々見せられてしまうなんて、興ざめ。

間に入った電車の風圧でバン!で、暗転、エンドロール。
絶対にそのほうがカッコいいし、うわ~ってなる。
サキさん、センスいいです♪
limeさん 
ありがとうございます。
サキのエンディングにlimeさんが一票を投じてくださるとは・・・
嬉しいですね。
あの電車の風圧でバン!のシーン(あるある!ですよ)乗り物好きにはたまりません。上手く使われています。

でもまぁ、製作者側からすればいろいろと総合的に考えてああいうラストになっているのでしょうから、事情はたっぷりあるのでしょう。
それに記録的なヒットをした作品ですから、サキはあのラストで正解だったんだろうと考えています。
見ている大勢の人にはっきりと分からせることが必要な場合もあるでしょうからね。

コメントありがとうございました。
こんにちは~~(^0^*)ノ 
うん!!確かにその方が断然!かっこいい!!!

まあ、私は
必然の展開がハッピーエンドには絶対に繋がらないし
断然カッコいいしすごいお話になる。
でもどちらかと言うとバッドエンド。っていう話で
だけどハッピーエンドが良いから
この話がこの展開で
ハッピーエンドになるのだとすると・・・
あれ?とんでもなく陳腐なお話になってしまう。
という狭間で苦悩するハッピーエンド派です(笑)

あしたのジョーは真っ白な灰になり・・・
生死はこちら側に委ねられていますけれど
その場合
生きてて欲しいけど
燃え尽きて太く短く人生を全うして死んでるほうがカッコいい。

あれは原作者と作画でエンディングを巡って喧嘩になったと
聞きますが
(元はパンチドランカーで廃人同然になった
カーロス・リベラの暮らす施設の庭で
ジョーとカーロスが戯れに殴りあうのを
葉子が微笑ましげに見ている。
野外での殴り合いから始まったジョーの拳闘人生は
野外で静かに終わりを告げる・・・的な話だったそうで・・・)

手塚治虫先生も
鉄腕アトムが太陽の大爆発を止めるために
核融合抑制装置を持って太陽に飛び込み
アトムの犠牲によって
地球は無事だった・・・というエンディングでアニメを終わらせたら
非難ごうごうで助命嘆願の声がすごかったので
宇宙人に助けられた。ってことにして助命したら
今度は「なんで生き返らせた!」って非難の声が多数届いて
「人って勝手ですね。」ってコミックス何巻かで仰ってましたが
なんか、どちらの意見も分かるような気がします(^^;)

死や破滅へと向かう話、
幸せへと向かう話
これを最終的に逆転させる話を違和感なくできたなら
すごいことなんじゃないかな~~なんて考えちゃいました(^^*)\
かじぺたさん 
ありがとうございます。かじぺたさんからも一票いただきました。
嬉しいですね。
でもね、何度も書きますが原作のエンディングにいちゃもんを付けているわけではないんですよ。
あくまでもサキの勝手な妄想です。

おっしゃるとおり、サキもすべてがハッピーエンドで良いとは思いません。
サキが満足していても、読んでくださる方にとって陳腐・・・それではなんにもなりませんしね。
エンディングは難しいですし、それに向けての試行錯誤はある意味楽しいものでもあります。
苦悩しながらも、ああでもないこうでもないと、できれば楽しみたい・・・そう思っています。

あしたのジョーのエンディング、サキは知らないのですが、当時としては画期的でとても物議をかもした、ということは聞いています。本当にお葬式まで執り行われたらしいですね。凄いなぁ。(追記:あ~!あのお葬式は力石のでしたね。勘違いでした。訂正します)
鉄腕アトムは読んだことがありますよ。
太陽に飛び込むのをエンディングで、そのまま終了でも良かったと思いますし、その後生き返らせたもの(今昔物語?)も、それはそれで良かったと思います。
どちらでもストーリーとして面白かったですから・・・。
サキはこの今昔物語も好きですね。

死や破滅へと向かう話、幸せへと向かう話、これを最終的に逆転させる話を違和感なく・・・ですか?
ウムム・・・難しい・・・

コメントありがとうございました。

 
<- 10 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
こんにちは!サーカスへようこそ! 二人の左紀、サキと先が共同でブログを作っています。
ようこそ!


頂き物のイラスト

アスタリスクのパイロット、アルマク。キルケさんに書いていただいたイラストです。
ラグランジア
左からシスカ、サヤカ(コトリ)、サエ。ユズキさんにイラストを描いていただきました~。掌編「1006(ラグランジア)」の1シーンです。
天使のささやき_limeさん2
limeさんのイラストをイメージにSSを書いてみました。「ダイヤモンド・ダスト」
イラストをクリックすると記事に飛びます。よろしければご覧くださいネ!
スカイさんシスカイメージ
スカイさんのシスカイメージ
シスカ・イメージ高橋月子さん作
シスカ・イメージ 高橋月子さん作
シスカ・イメージlimeさん作
シスカ・イメージ limeさん作 コトリ・イメージユズキさん作
コトリ(コンステレーションにて)ユズキさん作
リンク
ブロとも申請フォーム

Archive RSS Login