Debris circus

Debris circus

頭の中に散らばっていた破片(debris)を改めて文章に書き起こし、オリジナルブログ小説としてサーカスの舞台に上げていきます。読みにくいものもありますが、お暇な時にパラパラとめくる感じででも読んでいただけたら嬉しいです……

 

バルセロナ

バルセロナで悲しい事件が起こってしまいました。
たくさんの方が怪我をされたり亡くなったりしています。

テロ、最悪です。
起こるたびにやりきれない気持ちになります。
それぞれに言い分はあるのでしょうが、これでは全く出口が見えません。
どうして?なんとかならないの?他に方法は?と思考は同じところをグルグル回るばかりです。
サキは物語の中にけっこうたくさんのテロリストを登場させています。そして彼ら、彼女らを必ずしも悪役として扱っていません。
ですから本物のテロ事件が起こるたびに、安易に設定を決めすぎたのかなぁ・・・と後ろめたい気持ちになってしまいます。

バルセロナは去年サキが訪れた街です。事件があったランブラス通りも楽しく散策した通りです。
コハクも新婚旅行で歩きましたし、作中作のコハクもヤスミンと一緒に散策しています。ガウディの街灯のあるレイアール広場や、ローマ様式の柱のある大きなサン ジョセップ市場・・・・・・
あの美しい通りがこんなひどい事件の現場になってしまうとは・・・とてもショックです。
そして近くの町でも事件発生のニュースが流れています。
なんとか治まってほしいと願います。

怪我をされた方の回復をお祈りしています。
そして亡くなった方のご冥福をお祈りしています。

DSCN3255.jpg
サグラダ・ファミリアのステンドグラス

2017.08.18
関連記事
スポンサーサイト

 
 

Comments

 
テロ事件、悲しいものですね。
知っているところで発生するなんて尚更ですね。
テロリストを創作で扱うのもなかなか難しいですよね。私も自作小説なんかで
戦争を扱うことも多かったですが、いろいろ悩みました。昔HPに載せた
二次創作では、ラストで
「誰が何といおうが、どれほど理屈をこねようが、戦争というものは
絶対悪なのだ」というフレーズを書きましたが、せめてそういう気持ちを
込めて、少しでも伝わってもらえれば、という気持ちですね。
 
こんにちは。

ついこの間、彩洋さん もいらしていましたし、別の友人も数ヶ月前にバルセロナに行ってきたばかりでしたので、ぞっとしました。

私の村には、以前東南アジアでディスコを狙った爆弾テロでお嬢さんを亡くした人がいます。まったく他人事ではなくて、恐ろしい世の中だと思います。

これだけテロが頻発すると「またか」と思うようになってしまいますし、「移民なんか受け入れるな」と言うような単純な意見が席巻してしまって危険な傾向だなと思います。

小説の題材については、何を選んでも時には不謹慎になってしまったり、誰かを傷つけるようになってしまうこともあると思うんです。特にずっと前に書いたものについて、今からなかったことにするのも無理ですし。

私はテロ題材ではありませんが、東日本大震災が起って、予定していた「樋水龍神縁起」の公開を一年以上延期したことがあります。震災とはまったく関係のない話ですが、ラストが当時発表するにはシャレになっていなかったので。

だからこそ、普段から、自分の書くものについて「これで独りよがりじゃないかな」と立ち止まる判断力って大切なんですよね。サキさんに先さんという別視点の方がすぐ側にいてくださることを羨ましく思うのは、こういうときなんですよね。
 
本当に、哀しいというよりも怒りしか沸いてきませんね。
多くの人々が憩い行きかう場所を狙う無差別テロには、どんな主義主張も認められないし、悪行でしかありませんもの。

そう、小説の題材に関しては夕さんがおっしゃった事と同意見です。
その時代の流れや天災によって、出し辛い作品になってしまったり……。
これは物書きの宿命なのかもしれませんね。
へろんさん 
はい、ちょっと落ち込んでしまいますね。
夏バテで弱っているところへ止めてほしいです。
しかもよりによってバルセロナで・・・って場所を言っている場合じゃないんですね。
テロなんて絶対駄目です。

そしてそうですね。「シスカ」をリメイクするときがあれば、なにかそういう言い訳のフレーズ(所詮言い訳ですけれど)を入れようかな。
少しでもサキの気持ちが伝われば、と思いました。

コメントありがとうございました。
夕さん 
ショックでした。
ほんと、テロっていつ自分の身に降りかかってもおかしくはないですからね。
たとえ日本であってもです。10年前なら考えてもいなかったことですけれど、今の世界情勢にはがっかりです。
少しずつでも良くなる方向に進んでいってほしいとは思いますが、根っこは相当に深くて、どうにも難しそうです。頑張れ!人類。サキにできることなんか何もないんですが、自分も含めてそう思います。

「シスカ」を設定したときにはそこまで深刻には考えていませんでした。正直に言って、テロリストにカッコいいイメージまで持っていたように思います。
でも、そんなことは全然なかったんです。おっしゃるように、環境の変化でキャラクターの立ち位置が変化してしまったんですね。テロは悪です。今ははっきりとそう考えていますが、かといってラサの設定を変えてしまっては物語が成り立ちません。
気にしすぎる必要はないとは思いますが、もしリメイクすることがあれば、ラサの台詞や行動になんらかの変更や付け足しをするかもしれません。
「独りよがりじゃないかな」と立ち止まる判断力・・・ウウム、深いなぁ。
でも、先じゃ全然頼りにならないんですよね。
これからはそういう視点からも考えながら物語を書いてかなければ・・・と思っています。

コメントありがとうございました。
limeさん 
ニュースを見たときは一瞬固まってしまいました。本当にビックリしましたよ。
こんな行為、絶対に許せませんね。

物書きとしてこういうことってしょうがないんでしょう。
サキの心境が変化したっていうことなんですね。
もしリメイクすることがあったらできる範囲で修正をかけようと思っていますが、ストーリーにも影響しますし、なかなか難しいですね。

コメントありがとうございました。
うん 
私も、まさについこの間、歩いていた場所だったので、本当にぞっとしました。そこに自分や友人がいたかもしれない可能性も十分にあったわけで、いつでも誰でも巻き込まれる可能性があるということ自体に大変恐ろしさを感じます。
許せないというのももちろんあるのですが、それを実行した人物の年齢を見て、さらに愕然とします。そういう育てられ方をした人たち、そういう考えを持つにいたった背景に何があるのか、それを思うと、世界が秩序を保つことの大変さを感じます。怒りもあるけれど、その背景を思うと、このことを解決するために何に向かって行けばいいのか、本当に途方に暮れてしまうのです。
今はただ、亡くなられた人のご冥福を祈り、身体や気持ちを傷つけられた人が1日でも早く癒やされることを願います。そして、再来週また学会で私の友人がバルセロナに出かけるのですが、何事もないことを祈っています。中止になるかもしれませんが(日常を普通に送ることが、テロへの抵抗だという気持ちもあるということですから、分かりませんけれど)。
う~ん 
テロ行為のもっとも卑劣なところは、自己主張のために、無関係の人の生命や財産を侵害する、という一点に集約されるように思います。
理由はどうあれ、許されざる行為ですよね。負の連鎖しか生まないような気がするし。
それに、恐ろしいことに、もはや他人事でもないんですよね。自分や家族や知人が巻き込まれるかもしれないわけですからね。

とはいえ、創作の分野にそういうタブーを持ち込んでしまうのも、どうかと思います。
私も作中にテロ行為やテロリストを登場させていますし、彼らを絶対悪としては描いていません。もちろん、テロを助長したり称揚するつもりはありません。あくまでもエンタテイメントとして面白いかどうかは、それらとは分けて考えるべきだろうと思います。
賛否両論あるでしょうけど、言葉狩りや思想狩りに結び付くようなことはあってはならないとも思いますね。
彩洋さん 
彩洋さん危機一髪、なんて冗談を言っている場合じゃないですね。
いってらっしゃたのがほんの少し前でしたからね。
本当にビックリでした。日本人というか世界中から観光客が足を運ぶ超有名スポットですから。怖ろしいです。
これまでもテロが起こった場所というのはこういう有名スポットであることが多いんですけれど、自分が歩いた場所だけに余計にリアルに感じます。

おっしゃるように、こういう事件の背後にある問題は非常に大きなものです。
豊かな方の世界にぬくぬくとしている自分に何かできるかというと、やっぱり何もできなくて途方に暮れるくらいが関の山?自分に腹が立ちますが、そんなふうに思ってしまいます。
もう、こんな事が起こらないようにと祈るばかりです。
少しずつでもいい方向へ向かってほしいですね。

コメントありがとうございました。
TOM-Fさん 
TOM-Fさんのおっしゃること、そのとおりだと思います。
ただそれを大前提としながらも、サキはラサの設定をしたときの自分の脳天気さに後ろめたさを感じているのです。
テロリストだったラサの設定を変えるつもりは毛頭ないのですが、もう少しラサの発言や行動をなんとか出来たんじゃないかという後悔を感じているのです。
書き上げたときも、少しはテロについて考えて台詞を入れているのですが、もう1歩踏み込んでおいても良かったのかな・・・と思っているのです。
言葉狩りや思想狩りに結び付くようなことはあってはならない・・・とのコメント、サキもそのとおりだと思います。
実はそっちの方へ踏み込んだ作品が仕上がりかかっています。
近日UPしますのでお楽しみに!

コメントありがとうございました。

 
<- 10 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
こんにちは!サーカスへようこそ! 二人の左紀、サキと先が共同でブログを作っています。
ようこそ!


頂き物のイラスト

アスタリスクのパイロット、アルマク。キルケさんに書いていただいたイラストです。
ラグランジア
左からシスカ、サヤカ(コトリ)、サエ。ユズキさんにイラストを描いていただきました~。掌編「1006(ラグランジア)」の1シーンです。
天使のささやき_limeさん2
limeさんのイラストをイメージにSSを書いてみました。「ダイヤモンド・ダスト」
イラストをクリックすると記事に飛びます。よろしければご覧くださいネ!
スカイさんシスカイメージ
スカイさんのシスカイメージ
シスカ・イメージ高橋月子さん作
シスカ・イメージ 高橋月子さん作
シスカ・イメージlimeさん作
シスカ・イメージ limeさん作 コトリ・イメージユズキさん作
コトリ(コンステレーションにて)ユズキさん作
リンク
ブロとも申請フォーム

Archive RSS Login