Debris circus

Debris circus

頭の中に散らばっていた破片(debris)を改めて文章に書き起こし、オリジナルブログ小説としてサーカスの舞台に上げていきます。読みにくいものもありますが、お暇な時にパラパラとめくる感じででも読んでいただけたら嬉しいです……

 

「僕だけがいない街」を見た。

「僕だけがいない街」

原作:三部けい
監督:伊藤智彦
シリーズ構成:岸本卓
キャラクターデザイン:佐々木啓悟
音楽:梶浦由記
アニメーション制作:A-1 Pictures

僕だけがいない街

 今日はアニメをご紹介しようと思います。まずネタバレに気をつけながらストーリーの紹介を・・・。

 主人公「悟」はピザの宅配のアルバイトをしながら生活している売れない漫画家です。彼は人との係わり合いを1歩引いて生活する目立たない男なんですが、自分で「リバイバル」と名付けた不思議な現象に悩まされています。
 それは何か「悪いこと」が起きる時、その事件の直前まで時間を遡ってしまう現象で、それはその「悪いこと」の原因が取り除かれるまで何度でも繰り返されるのです。
・・・まるで、誰かに「お前が防げ」と強制されているかのように。
 ここまではこのご都合主義的な設定に、これで大丈夫?面白いの?と疑心暗鬼だったサキは、この後の展開に一気に引き込まれていくことになります。

 ある日、「悪いこと」の予感に襲われた彼は、その原因を取り除くことが出来ず、何回も時間を行き来します。同行していた母親とその原因を探るうちに時間は再び流れ始めます。悟には何が原因だったかわかりませんでしたが、母親は「誘拐事件が回避された」と呟きます。
 母親は何かに感づいた様子だったのですが、その夜に殺されてしまいます。
 母親殺害の容疑をかけられた悟は逃走中「リバイバル」に襲われます。

 時間が戻った先は悟が小学生の頃、クラスメートが誘拐され殺された「連続女児誘拐殺人事件」の直前、昭和63年でした。
 悟は母親の死がこの誘拐事件に関連があると考え、母親を救うために誘拐の阻止に動き始めます。
 犯人はひとりぼっちで過ごす子(しかも女の子)を狙います。
 悟は誘拐された子を1人にする時間を無くすために、その子達に1歩踏み込んで接しようとします。
 最初の犠牲者を守ろうと近づいた悟は、彼女が家庭内暴力にさらされていることに気づきます。
 以前は誘拐直前1人で公園に佇む彼女を目撃しながら、声をかけられなかったことを後悔していた悟は、今度は積極的に誘拐阻止に向けて動き始め、その行動は同級生達や学級担任の信頼を得、児童相談所も巻き込みんで家庭内暴力の阻止にも繋がり始めます。
 悟の積極的な行動は彼の人間関係をも変え始め、殺人犯はターゲットを次々と奪われ苛立ちをつのらせる・・・。

 こんな感じのお話なんですが、青春群像としてもミステリーとしても面白いです。子供達が抱えている様々な問題の描き方がいいですね。
 軽い気持ちで、連休中の暇つぶしに何かDVDを借りてきてくれるように先に頼んでいたのですが、「たぶん気に入ると思うぞ」と借りてきてくれたのがこれです。
 DVD6枚、全12話、ちょっと長いかな?と思ったりしたのですが、一気に見てしまいました。出だしの不安を差し置いて、当たりだったと思います。
 この事件、何人も殺害されているのに、最初の世界では犯人が捕まっていて死刑が宣告されています。でもこの展開だとこの死刑囚は冤罪だということになりますし、真犯人に対してはすでに時効が成立していることになります。冤罪、家庭内暴力、いじめ、現代社会が抱える様々な問題を内包しながら物語は進んでいきます。
 実に残忍冷酷、そして緻密な誘拐殺人犯がいったい誰なのか?その猟奇的な心理状態、殺人の手口、深く掘り下げられていてリアルで、見ていて恐いです。サスペンスやスリル溢れる展開の部分もあってドキドキしちゃいます。
 本来なら誘拐されて殺されていた女の子達の境遇や環境が悟によって変えられていく様子がとても印象的でした。それにどんどん協力的になって団結していく仲間達もとても素敵な奴らです。彼らの行動がこの悲惨な事件にかかわった人々の運命をどのように変えたのか?はたして犯人は?
 実写版も見たのですが、サキ個人としてはアニメ版の方をお勧めします。
関連記事
スポンサーサイト

 
 

Comments

 
気になっていたんですが、そう言うお話なんですね。
なかなかよく考えられたストーリーなんだなあ。
ドラマにもなってたけど、連ドラってなかなか時間無くて見れないんですよね><
ざっと流れを知ることができて良かったです。
子供が虐待受けてて……というアニメやドラマはすごく苦手なのですが、きっと最後は納得の展開になるのでしょうね。
まずタイトルで勝ってる物語だと思います。
何だか気になりますもんね。やっぱ……タイトルって大事だなあ。
おすすめ作品紹介、ありがとうございました^^
limeさん 
あ、limeさんも気になっておられましたか?
一応ミステリーですものね。

たしかに連ドラでは時間が取れないですね。録画という手もありますが、録画するだけではそれだけで安心してしまって、ハードディスクのゴミと化してしまいそうです。
連休中だったこと、レンタルDVDが借りてあったことがいい動機付けになって、しかも思ったよりずっと秀作でした。
タイトルも「?」って思いますよね。これにはもう少し捻りがありますが、見てのお楽しみと言うことで・・・。
最後は納得の展開・・・?あ、これも見てのお楽しみ。
機会があったら是非是非ご覧になってみてください。

コメントありがとうございました。
 
あ、これ、本屋で原作を見かけた記憶が……そっか、アニメ化されてるのか。
意外にハードな内容みたいですね。時間遡行+繰り返しもので、ストーリーも「ひぐらし」系って感じですね。
時間遡行もののパターンとしては、過去の歴史に介入しない(できない)、が原則なんですけどね。このお話では、がっつり介入するどころか、かなり変えちゃってる感じですね。
そうなると、歴史が変わる→都合が悪くなる→時間遡行→歴史を変える、という無限スパイラルに……。「涼宮ハルヒ」もTPDDを使いだしてからワケがわからなくなってしまいましたが、そのあたりはどう解決しているのか気になりますね。
時間が出来たら、一度見てみようかな。
TOM-Fさん 
はい、抱いていたイメージよりかなりハードでした。
「ひぐらし」系についてはよくわかりませんが、ちょっと変わった(と言うかとっても素直な)時間遡行もの、という感じでしょうか?
TOM-Fさんがおっしゃるような、過去の歴史に介入しない(できない)の原則は無視されていて、どんどん未来が変化していきます。
未来そのものが変化してしまうので主人公達もどんどん変化していきます。
この変化自体が物語のテーマかな?
親殺しとか、パラドックスになってしまうことはやはりできないとは思いますが、そこまでをこのストーリーに求めるのは酷かと・・・。でも普通に見ていてワケがわからなくなる展開はありませんでしたね。
最近お忙しそうですが、お時間のあるときにでもご覧になってみては?
お勧めです。

コメントありがとうございました。

 
<- 05 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール
こんにちは!サーカスへようこそ! 二人の左紀、サキと先が共同でブログを作っています。
ようこそ!


頂き物のイラスト

アスタリスクのパイロット、アルマク。キルケさんに書いていただいたイラストです。
ラグランジア
左からシスカ、サヤカ(コトリ)、サエ。ユズキさんにイラストを描いていただきました~。掌編「1006(ラグランジア)」の1シーンです。
天使のささやき_limeさん2
limeさんのイラストをイメージにSSを書いてみました。「ダイヤモンド・ダスト」
イラストをクリックすると記事に飛びます。よろしければご覧くださいネ!
スカイさんシスカイメージ
スカイさんのシスカイメージ
シスカ・イメージ高橋月子さん作
シスカ・イメージ 高橋月子さん作
シスカ・イメージlimeさん作
シスカ・イメージ limeさん作 コトリ・イメージユズキさん作
コトリ(コンステレーションにて)ユズキさん作
リンク
ブロとも申請フォーム

Archive RSS Login