Debris circus

Debris circus

頭の中に散らばっていた破片(debris)を改めて文章に書き起こし、オリジナルブログ小説としてサーカスの舞台に上げていきます。読みにくいものもありますが、お暇な時にパラパラとめくる感じででも読んでいただけたら嬉しいです……

 

行く年、来る年

 サキにとって、2016年は波乱万丈の1年でした。
 といっても旅行に出かけただけなのですが、サキにとっては信じられないようなスリルと興奮に満ちた冒険の1年でした。
だって、ついこの間まではこんな事が実現するなんて、夢にも思ってませんでしたから・・・いや、夢には思ってたかな?
サキのキャラクターであるエスを物語上でイタリアへ行かせてみたりはしていましたからね。
物書きエスの気まぐれプロット(22)午後のパレード
 でも、まさか本当に自分が行けることになるとは・・・。驚きでした。
 何事も、たとえ実現不可能と思えることでも、思い続ければ実現する。というよりも、思い続けなければけっして実現することはない・・・そういうことなんでしょう。
 このお話を書いた後、サキはやってみようと思ったんです。
 積極的に「やってみたい」と表明し、行動しました。
「いずれまた」とか「どうせ・・・だから」は封印しました。
 まず欧州旅行を慎重に検討し、申し込みました(後でキャンセルは出来ますからね)。そして1泊の京都旅行を決行して(この旅行だってサキにとってはドキドキものですよ)自信を深め、実績を作りました。
物書きエスの気まぐれプロット(23) エスはしゃぎまくる
 家族が心配しながらも協力してくれたことも大きかったし、“先”に時間的な余裕が出来ていたこともとてもラッキーだったと思います。
 実現するときはこういうものなんですね。動き出したら一気でした。
 そして夢のような時間が過ごせました。旅行に付きものの小さなアクシデントはありましたが、それも楽しい旅行のスパイスです。
 楽しかったなぁ。
 ほとんど旅行については記事にしてないんですが、軽~く行程を・・・。
 マドリード・セゴビア・トレド・コルドバ・セビリア・ジブラルタル・ロンダ・ミハス・グラナダ、そしてバルセロナでした。
 夜のトレド旧市街、そしてアルハンブラ宮殿内での1泊、そしてロンダの月夜、印象深い思い出になりました。
絵夢の素敵な日常(番外) ラス・メニーナス
YOZORA
「また行きたい」という次の目標が出来ました。

 そしてもう一つブロ友の皆さんにお目にかかったんですよ。
 といっても“サキ”ではなくて“先”がなんですけれど。
 せっかくお誘いいただいたんですけど、サキはどうしても出席できなくて、代わりに“先”を遣わしました(なんて、先もお誘いいただいていました)。
 出席は、まず発起人の八少女 夕さん、幹事を引き受けていただいたTOM-Fさん大海 彩洋さん、そして山西 左紀の片割れ、山西 先です。
 “先”から伝え聞くところによると、眺めの良い(夜景が素晴らしかったそうです)レストラン、美味しい食事、楽しい会話(創作裏話含む)だったそうで、夢のような時間だったんだろうなぁ・・・と想像しています。
 予想通り、皆さんそれぞれに経験を積まれた方ばかりでしたから(“先”が最年長だったみたい)それなりに落ち着いた、でもとても盛り上がった会合になったみたいです。なんと、けいさんlimeさんも電話で飛び入り参加してくださったそうです。凄い豪華メンバーになりましたね(“先”以外は)。
 “先”の感想としては、何しろお顔を拝見するのも声を聞くのもまったく初めて、出会いの瞬間驚かなかったというのは嘘になるが、一瞬で持っていたイメージと実像が融合し旧知の間柄のように打ち解けてしまった・・・。ということです。
 こういう関係も素敵ですね。
 サキにとってもいっそう親しみを感じることが出来て、とても嬉しい出来事でした(写真でお顔を拝見させていただきましたし)。
 失礼ながら率直な印象を少しだけ・・・。
 サキにとって夕さんはけっこうイメージに近い印象です。スパッと決断して積極的に行動する。そんな印象でしょうか?先はエネルギー(眼力も)を感じる方だったぞ、と申しております。
 彩洋さんは思っていたよりもお若い感じです(失礼)。温和で懐が深く、優しさ溢れる印象です。先はその優しさの中に芯の強さを感じたぞ、と申しております。サキなんかハイ!って、素直にいうことを聞いてしまいそう。
 TOM-Fさんは穏やかで思いやりのある方という印象です。本物のオタクなんですが、普段はまったくそんなことは表に出さないで、テキパキと仕事をこなしておられるんじゃないでしょうか?メカの蘊蓄なんかで勝負したら負けそうだ、と先が申しております。
 以上はサキの勝手な印象ですが(すみません)、はっきり言えるのはお三方ともとても素敵な方だということです。今後ブログへのコメントがなれなれしくなるかも知れませんが、大目に見てやってください。

 さて、まもなく新しい年がやって来ます。
 また次に向かって進んでいかなければなりません。
「思い続けなければけっして実現することはない」のですから・・・。
 今年もこのブログをご覧いただいてありがとうございました。
 新しい年も山西 左紀(先とサキ)そしてこのブログ、Debriscircusをよろしくお願い申し上げます。
 良いお年をお迎えください。

山西 左紀 (先&サキ)

DSCN3189.jpg
バルセロナ・サグラダファミリア教会・完成したステンドグラス

DSCN3271.jpg
バルセロナ・サグラダファミリア教会・正門前(まだまだ未完成、この道路を跨いで公園に向かってスロープが建設される予定。公園用地には2000人が暮らす巨大マンションが建つ。いったいいつ出来るの?状態)

DSCN3274.jpg
建物の隙間から見えるサグラダファミリア教会(建設中の主塔、副塔の基礎部分が見える。これが出来上がったらどれだけ荘厳な建物が出来るのだろう?空想が膨らむ)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : つぶやき    ジャンル : 小説・文学
 
 

Comments

こんにちは 
本当に、今年はサキさんにとって、素敵な初体験がたくさんだったのですね。
私はまだヨーロッパには行ったことが無いので、サキさんの旅行記事、自分の事のように楽しみました。
でもきっと私は、旅行から妄想を膨らませて物語を作ったりなんて、出来ないだろうな。サキさんの発想力がうらやましい。
きっとこの旅行は、一生の思い出ですね(あ、でももっともっと、たくさんの旅に出かけてほしいな^^)
そしてオフ会。
先さんと電話で話ができて、とてもうれしかったです。素敵なお声でした。
でもきっと先さんは私をあまりご存知なかったと思うので、申し訳なかったなあ~。電話越しに、そのオフ会の楽しさも伝わって、こちらも楽しくなりました。
サキさんには、いつもお立ち寄り頂いて、とても感謝しています。
まだ未読の作品は、またゆっくり読ませていただきますね!
今年一年、本当にありがとうございました^^
limeさん 
はい、サキにとっては興奮と冒険の1年でした。
特にスペイン!と希望したわけではないのですが、家族で相談した結果多数決で(最大公約数?)決定したんです。
でも、面白かったです。そして素敵でした。なんか、不完全で人間味にあふれる異世界でした(ちょっと変な表現ですね)。まさにファンタジーの世界といっても過言ではないくらいでした。それくらいのショックを感じて面白かったです。
そこからインスピレーションを得ていくつか作品を書いてみましたが、う~ん・・・どうなんだろう?一生懸命書いたんですけど、上手く書けているとは思えないですね。
でも、もっと旅に出たいなぁ・・・そんな風に考えています。

え?先の声が素敵?サキにとってはあり得ませんけど、一応相方ですからお礼を申し上げます。ありがとうございます。

今年も山西左紀の作品を読んでいただいてありがとうございました。
来年も(あ、もうすぐ明けますね。今年も)よろしくお願い致します。
そして、「流鬼」の展開を楽しみにしています。
 
こんばんは。

ええっ。あの短い日程で、そこまでたくさんのところを回ったのですか?
(先さんは南スペインの〜ロンダとか……ぐらいのことしかおっしゃってくださらなかったので知りませんでした)
私でもへばってしまいそうなハードスケジュールでしたが、サキさんには夢のような時間でしたでしょうね。こちらの計画が先で、それからあの国内旅行へのトライだったのですね。

不可能に思えたことを、やってみたらできちゃった、素敵な一年でしたね。

私にとっては、それはオフ会かなあ。

先さんや、皆さんにお会いできて、とても嬉しかったんですよ。
もっと嬉しかったのは「次回もまた逢いましょうね」とおっしゃっていただけたことかな。次回は、サキさんも是非ご一緒に。

一年はあっという間で、今年もいろいろと「発表するする詐欺」がひどかったんですが、来年こそは……。来年のひとつ目は、サキさんご希望の作品から出発です。

またどうぞよろしくお願いします。よいお年を。
夕さん 
あけましておめでとうございます。
新年一番コメントです。

はい、団体ツアーでしたから、けっこうスケジュールは詰め詰めです。
でも、移動手段の工夫でスケジュールに比較的余裕があり、連泊のある物を選択したので、ゆっくりと過ごせる日もありました。
自由行動で一日のんびり、食事ついでに町を散策、そんな日もありましたから疲れもたまらずに過ごせました。
さらに、添乗員さんの目が届きやすいように遂行人数の少な目なツアーを選ぶ、要所要所での別行動など、ツアー会社にも配慮してもらっています
完全にフリーの旅行がしたいですけれど、言葉の問題もありますし、しょうがないです。
でも、楽しかった~!また行きたいですね。

あ、そうか、一番に申し込みましたから、新年一番にサキのリクエストにお答えいただくんですね。
プランBですからちょっとドキドキですが、楽しみにお待ちします。

今年もよろしくお願いします。
 
明けましておめでとうございます。

新年早々「棄骨ビジネス」とか縁起でもないこと書いてますがわたしは元気です。

単に陽気でないだけです(^^;)
ポール・ブリッツさん 
明けましておめでとうございます。
「棄骨ビジネス」新年の話題としてはアレですが、面白いですよ。
そうだなあ、ポールさんが陽気でないのはなんとなくわかりますが、それはサキも同じです。
元気であれば大丈夫です。

コメントありがとうございました。
 
わ^^ スペイン^^ヨーロッパ^^ 良いなあ。未知の世界です。
全くしらないところに飛び込むのも良いことですよね。

そうそう。お電話では失礼いたしました。
おろおろして変なこと言ったかもしれないと後でさらにおろおろしてました(苦笑)

2017年もサキさんにとってさらに素敵なお年となりますように^^
けいさん 
“サキ”にとって初めての海外でした。
“先”はアジアにはちょくちょく出かけていたんですが、ヨーロッパは初めてでした。
2人共異世界に迷い混んだ異界人状態ですよ。
でもまた行きたいですね。

“先”の方こそ電話では失礼しました。緊張してしまったそうです。
元々“先”は弁の立つ方ではないのでお許しください。

けいさんの方こそ素敵な2017年になりますように。
明けましておめでとうございます 
わ~、こうして振り返ると、昨年はサキさんにとって大移動の年だったんですよね。年賀状でレオナルド・ダ・ヴィンチの言葉を使ったのですが、これは去年のサキさんかもしれないと思いました。
「どこか遠くへ行きなさい。仕事が小さく見えてきて、もっと全体がよく眺められるようになります。不調和やアンバランスがもっとよく見えてきます」
ものの見方が広がるってとても素敵なことですよね。それがまた少しずつ作品に生かされていくのが、読む方としても楽しみです。
そうそう、スペインは行ったことがないんですよ(って、お前、イタリアばっかり行ってるからだよ、って声が…)。今度行こうかなぁとサキさんの写真を見ると思います。

そして、昨年は先さんにお会いすることができて、まだまだ山西家の謎は深いままですが? サキさんの作品が生まれる根っこを感じることができて感無量でした。
次のオフ会はきっと夕さんのご帰国に合わせて3年後? その時はサキさんにもお会いできたら素敵だなぁ。私、過労死してないかな(がんばらなくちゃ)。
今年もよろしくお願いします!!
彩洋さん 
彩洋さん、改めまして新年おめでとうございます。

そうですね。言われてみると本当に大移動しましたよね。これまでのサキには考えられないほどの距離を移動しました。何しろ地球半周ですからね。
ジブラルタルからは微かにアフリカが見えていたくらい遠くに行ってきました。
レオナルド・ダ・ヴィンチの言葉、深いですね。少なくともサキの世界は大きく広がった(いや、世界がこんなに広大なのを実感した?)・・・そんな風に思います。
この世界、理不尽さを感じることも多いですが、まだまだ捨てたもんじゃないですね。また行ってみたいです。

あ、先も感激した様子で食事会の様子を詳しく話してくれました。まるで自分が出席したように嬉しかったです。
ふふ、でも山西家は永遠に謎のままだと思いますよ。
彩洋さん、過労死なんて冗談でもおっしゃらないで、無理なさらないよう勤務してくださいね。サキからのお願いです。

本年もよろしくお願いいたします。
こんばんは~(^0^*)ノ 
ご挨拶が遅れてしまって本当に済みません~
七草もとうに過ぎた1月9日にもなって今更ですが
あけましておめでとうございますm(^0^*)m
インフルエンザで一家全滅していました~~(^0^;;)\

バルセロナ行かれたんですね~~
すごいなあ~~!!
私は海外未経験なんですよね・・・
っていうか、このままだと海外に行かない(行けない?)可能盛大です(;m;)

お話を読ませていただこうと思いつつ
なかなか時間が取れず、読む読む詐欺になってしまっていて
本当にごめんなさいm(;m;)m
こんな私で申し訳ありませんが
今年もよろしくお願い致しますm(^v^*)m
かじぺたさん 
かじぺたさん
コメントありがとうございます。
こちらこそ遅ればせながらですが、明けましておめでとうございます。
いつも読み逃げばかりで失礼しています。

はい、バルセロナ行ってきました。
サキは結構建物フェチなのでガウディの建物を中心に嬉々として町を巡ってきました。
まるで異世界に飛び込んだようで楽しかったですよ~。
かじぺたさんも是非!ってお勧めしたいところですが、国内にも楽しいところがたくさんありますから、そっちを重点的に攻めるのもありですね。
今年もお出かけ記事を楽しみに拝見させていただきます。

今年もよろしくお願いします。
 
こんにちは。そろそろ八少女さんのサーブに対するレシーブが出来上がっているかな、と思って覗いてみましたが、ちょっと気が早すぎたみたいですね。

こっちは、「A」と「B」の両方をリクエストしてしまったので、ある意味八少女さんにとってはものすごくやりやすい状況を作ってしまったことに気付いて戦々恐々しています。

だって、「わたしのサーブをそのままレシーブ」して、「この続き書いてください」とかいったら、八少女さんほとんど何もしなくていいじゃないですか(笑) まさかプライドにかけてそんなことはしないとは思いますが、ネタにつまったらやられないとも限らない(^^;)

教訓:相手とゲームするときはあらゆる自分の対応策のことを考えてからやろう(笑)
ポール・ブリッツさん 
あ、ポールさんが連続コメントでタイプAに続けてタイプBを申し込まれた時、こういう攻撃(?)があり得ることをサキは気づいていたのですが、あくまで原理的にであって、実際には起こりえないと判断していました。
たぶん今、夕さんは新たなサーブを執筆中だと思います。いやもう出来上がっているのかも・・・。

せっかく訪問いただいたのに、まだ出来上がってなくて申し訳ないです。
現段階では、エスの書いたファンタジーの断片部分は完成しています。
これが結構難しかったんですよ。ファンタジーですからねぇ。しかもハイファンタジーを目指しましたから。
あとエスのパートを書き上げ、校正と推敲をすませ、今週末までにはUPしたいと思っています。(いや、あくまで予定ですけれど)
もう暫くお待ちくださいネ。

コメントありがとうございました。

 
<- 04 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール
こんにちは!サーカスへようこそ! 二人の左紀、サキと先が共同でブログを作っています。
ようこそ!


頂き物のイラスト

アスタリスクのパイロット、アルマク。キルケさんに書いていただいたイラストです。
ラグランジア
左からシスカ、サヤカ(コトリ)、サエ。ユズキさんにイラストを描いていただきました~。掌編「1006(ラグランジア)」の1シーンです。
天使のささやき_limeさん2
limeさんのイラストをイメージにSSを書いてみました。「ダイヤモンド・ダスト」
イラストをクリックすると記事に飛びます。よろしければご覧くださいネ!
スカイさんシスカイメージ
スカイさんのシスカイメージ
シスカ・イメージ高橋月子さん作
シスカ・イメージ 高橋月子さん作
シスカ・イメージlimeさん作
シスカ・イメージ limeさん作 コトリ・イメージユズキさん作
コトリ(コンステレーションにて)ユズキさん作
リンク
ブロとも申請フォーム

Archive RSS Login