Debris circus

Debris circus

頭の中に散らばっていた破片(debris)を改めて文章に書き起こし、オリジナルブログ小説としてサーカスの舞台に上げていきます。読みにくいものもありますが、お暇な時にパラパラとめくる感じででも読んでいただけたら嬉しいです……

 

太陽風シンドロームシリーズUPします

 また10月がやってきました。お久しぶりです。山西先です。
 このブログも今日で開設から丸5年経ちました。
 覗いてくださっている皆さま、そしてお付き合いいただいている皆さま、感謝を申し上げます。
「Deblis circus」は小説掲載を目的とするブログですので、サキの執筆速度の関係もあって、どんどん更新するという訳にもいきません。
 なにか楽しいエッセイ風の記事でも書ければ良いのですが、サキはずぼらですからねぇ。私もそうマメな方ではいですし・・・。
 これからもわがままでマイペースな更新になると思いますが、イベントには積極的に参加していこうと思っています(でいいんだよな?寝る前のサキに確認したら頷いておりました)。6年目も「Deblis circus」を、そしてサキを(ついでに先も)よろしくお願い申し上げます。

 さて本題です。
 前の記事でサキは創作が進んでいない旨を書いていましたが、その中で「気分を変えてSSなんかを仕上げてみようかな?」などとコメントしています。
 その後はそのコメントを実践すべく短い作品を書き進めていたようで、急ぎで見てほしいと言ってきました。
 俺も暇じゃないんだけどなぁなどと文句を言いながらですが、校正と推敲を終え、サキの了承も得ましたのでこの作品をUPしようと思います。
 左紀の作品のうち、理不尽なうえに暗い作品は、大概この「太陽風シンドロームシリーズ」に分類しているのですが、今夜発表する作品はそれに当たると思います。今のサキの気分のままに書くとこういうことになってしまうのでしょう。
 ですから必然的にこの作品は「太陽風シンドロームシリーズ」の仲間入りということになりました。
 そのせいでしょうか。あんなに主人公に入れあげるサキなのに、この作品の主人公には容姿の描写はおろか名前すらありません。本人には名付ける気も無いようですし、私もせめて名前ぐらいはと考えたのですが思い浮かびませんでした。どなたか名付けてくだされば・・・などと他力本願も考えたりもしたのですが、名無しの方がいいのかも、と思い直したり・・・。

 こんな風にあらかじめ暗いイメージで内容に触れてしまうと読む気も失せてしまいそうですが、もし興味を持たれるのでしたら読んでいただけたらサキも喜ぶと思います。
 この下のリンクからお進みください。

山西 先

太陽風シンドロームシリーズ「フェールオーバ」
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : つぶやき    ジャンル : 小説・文学
 
 

Comments

5周年、おめでとうございます 
サキさん、先さん、なんと今日が記念すべき5周年なのですね。
おめでとうございます。

こんな大きなお祝い事の日にさっさと寝てしまうサキさんも、記事のタイトルには記念日のことは触れない先さんも、奥ゆかしくてとてもらしいなあと思います。
いつも通りに淡々と、ひとつひとつの珠玉の作品を生み出していかれるサキさんの着実なる冷静さ、羨ましいと同時に見習わなくてはと毎回思います。私はすぐに何でも大騒ぎしてしまうので。(見習わなきゃと思うだけで真似できないんですけれど)

作品のコメントは、あちらのコメント欄に書きますが、こちらではこの記事で思ったことを。

私は21歳まで自分の作品を文字通り誰にも見せませんでした。21歳の時、55日間のヨーロッパ旅行中に日記代わりに作品を書いていたのを同行していた友人に見つかってしまったので、彼女と、それからやがて限られた数名には見せましたが、それからブログを開設するまではやはりコソコソと書いていました。

とくに家族には見せられませんでした。文章能力がどうのこうのということよりも、書いている主題の暗さを家族に見せられなかったんですよね。

だから、サキさんが先さんにどんな作品でも「ちょっと見て推敲して」と言えることが驚きであると同時にとても羨ましいと思います。何でも言い合える絆があるってことですものね。

これからもお二人の二人三脚で、素晴らしい作品をひとつひとつ生みだしてくださることを願っています。そして、読ませていただくのを楽しみにしています。
これからもどうぞお願いします。
祝5周年! 
サキさん、ブログ開設5周年、おめでとうございます!

サキさんがゆっくりペースではあるものの、ご自分の想いを込めた作品をずっと5年も綴って来られたこと、素晴らしいと思います。
SFが書きたくてもまるで知識やその雰囲気作りができない私には、ぴりっと硬質でクールなサキさんの書き方や知識がすごくうらやましいです。
そして、推敲や校閲をしてくれる先さんの存在も。

サキさんの過去作品も気になっていながら、なかなかゆっくりお邪魔できなくてごめんなさい><
でもこのあとも、サキさんの創作、応援していきますね^^
体調に気を付けて、頑張ってください(*^-^*)
おめでとうございます! 
夕さんのおっしゃるとおり、本当に奥ゆかしい……私も夕さんと一緒でついつい大騒ぎをしてしまうほうなので、なんだかやっぱり素敵だなぁと(^^)
そうかぁ、サキさんは寝ちゃいましたか!

サキさんの発想力、それに肉付けをしていく過程はなかなか大変だろうけれど、できあがった文章はいつも私にとってあこがれです。流れていく風景の描写が、現実ものでもSFでも、文章からわき上がってくるみたいで。
お若いサキさんですから、この先まだまだ可能性がいっぱいあって、その支えとなっておられる先さんとの共同作業という形がまたいいなぁと思います。
シスカの完成の時にも思いましたが、私にはまねのできない要素がたくさんあって、素晴らしい作品だと思いました。もっとたくさんの人が読んでくださったらいいなぁ~と思います。
それに今回の掌編も、面白かったです。ますます楽しみだなぁ~
これからもよろしくおつきあいくださいませ。
夕さん 
お祝いのお言葉ありがとうございます。
いつものことなんですよ。サキはあまり夜更かしをしないように、早めに寝床に入ってしまいます。
そして奥ゆかしいなんてとんでもないです。タイトルの件は、単に私が記事を書いているうちに5周年を思い出しただけだったりします。
サキにしても着実に冷静に作品を生み出しているわけではありません。たぶん真面目に、そして一生懸命に作品と向き合っているだけなんです。まだまだ青いなぁ・・・とは思いますが(少なくとも私の方が長く生きていますので、偉そうに言わせてもらいます)。
サキは夕さんのように長い執筆経験を持っていません。ついこの間、5年と少し前、たまらなくなって書き始めて、不安になって私に意見を求めて来るまで、小説なんて書いたことがなかったんです。自分の書いた小説の最初の読者を誰にするかはとても迷ったと思うんですが、あたりになんらかの意見を言いそうなのが私しか見当たらなかったのだと思います。やむを得ずというところだったんでしょう。
今は例のリアルコハクがいてくれるようですが、校正と推敲はいまだに私の役割です。校正と推敲といっても読みながら流れの悪いところを流れ良くしたり、矛盾点を指摘して修正補筆したり、展開出来なくなったストーリーの接続や展開のアイデアを出したりするのが主な役割で、たいしたことはやってないんです。
これからも暫くはこの状態で作品を書いていくとは思いますが、いつまでこの状態を続けられるか・・・。いずれは山西サキという単独の名前で発表できるようになることを希望しています。

左紀の作品を楽しみにしていただいてありがとうございます。
引き続きよろしくお願いいたします。
limeさん 
お祝いのお言葉ありがとうございます。
私は5年も続くとは思っていなかったので、ある意味サキの情熱に驚いていますし、たいしたもんだとも思っています。
私が少しSFを読む関係で、サキもSFを読んで育ってきています。ですからSFを書く事はサキにとって自然なことなのかも知れません。硬質でクールなのはサキの性格によるものだろうと推測しています。
知識については不足するのですが、私があちこちで調べまくってなんとか補っています。ですから本物のSFファンの方の鑑賞に耐える保証はまったくありません。サキもその辺のところは承知していると思います。

limeさんに作品を読んでいただけることはサキにとっても嬉しいことだとは思うのですが、lineさんは最近とてもお忙しそうなご様子、無理なさらないでくださいね。
これからもお付き合いの程よろしくお願い申し上げます。
彩洋さん 
お祝いのお言葉ありがとうございます。
ですから、奥ゆかしいなんてとんでもないんです。夕さんへのコメ返の通り、それは誤解です。はい、そんなものなんですよ。

そしてそうですね。サキの発想力は面白いとは思っています。最近話題になったニュースや、読んだ小説、漫画、などが下敷きになっていることが多いんですが、その辺のところは今のところ指摘しないようにしています。まだまだアマチュアですからね。
まったく進んでいないアイデアが、書き出しの数行を絞り出したとたん、その骨格だけの骨張った文章にどんどん肉付けされ展開されていく・・・サキはそういう書き方をします。いつもこの数行が出てくるまでが長いんですよね。ウンウン苦しんでます。“あこがれ”だなんて、ほとんど誉め殺し状態だと思うのですが、読んでいただけているのはサキにとってとても嬉しいことのようですし、励みにもなっているようです。これがあるからこの数行を生み出す苦しみに耐えられているんでしょう。
シスカ、私もたくさんの人に読んでいただけたら良いとは思っていますが、これは叶わぬ夢。読んでくださる方は少なくても、サキが地道に真面目に、そして楽しみながら苦しみながら執筆を続けることができたらそれで良し。そう思っています。

これからもお付き合いの程よろしくお願い申し上げます。
おめでとうございます! 
五周年、おめでとうございます!

先さん&サキさんのお二人で創作活動をなさっていること、ちょっと羨ましく感じながら、作品を楽しませていただいています。
創作って孤独になりがちなので、身近に作品を読んだりアドバイスをくれる人がいるだけで、ずいぶん支えになりますよね。ほんとうに、お二人はいいコンビネーションだと思います。

サキさんの文体は、ソリッドでクールな印象で、書かれるSF作品にマッチしているなぁと思っていました。選ばれるテーマも、感心させられるものが多くて、毎回楽しみです。
キャラやメカの嗜好が似ていて(おこがましいですが)、勝手に親近感を感じっせてもらっています。
これからも、お二人の創作を楽しみにさせていただきますので、よろしくお願いします。
TOM-Fさん 
お祝いのお言葉ありがとうございます。
なぜ2人でやっているのかは「なりゆきです」としか言いようがないのですが、、コンビの解消を言ってこないので、ある程度支えにはなっているのでしょう。
不思議な関係だというのは自覚があります。

サキがああいう文体を書くのは、どちらかと言うとドライでクールな性格のせい(あるいはそういう性格への憧れ?)もあると思うのですが、そういうSFを書きたいから、というのも理由として大きいんだろうと思っています。
メカは大好きですが、TOM-Fさんには一目も二目も置いているようですよ。
私もですが・・・。
これからもよろしくお願いいたします。

コメントありがとうございました。

 
<- 10 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
こんにちは!サーカスへようこそ! 二人の左紀、サキと先が共同でブログを作っています。
ようこそ!


頂き物のイラスト

アスタリスクのパイロット、アルマク。キルケさんに書いていただいたイラストです。
ラグランジア
左からシスカ、サヤカ(コトリ)、サエ。ユズキさんにイラストを描いていただきました~。掌編「1006(ラグランジア)」の1シーンです。
天使のささやき_limeさん2
limeさんのイラストをイメージにSSを書いてみました。「ダイヤモンド・ダスト」
イラストをクリックすると記事に飛びます。よろしければご覧くださいネ!
スカイさんシスカイメージ
スカイさんのシスカイメージ
シスカ・イメージ高橋月子さん作
シスカ・イメージ 高橋月子さん作
シスカ・イメージlimeさん作
シスカ・イメージ limeさん作 コトリ・イメージユズキさん作
コトリ(コンステレーションにて)ユズキさん作
リンク
ブロとも申請フォーム

Archive RSS Login