fc2ブログ
Debris circus

Debris circus

頭の中に散らばっていた破片(debris)を改めて文章に書き起こし、オリジナルブログ小説としてサーカスの舞台に上げていきます。読みにくいものもありますが、お暇な時にパラパラとめくる感じででも読んでいただけたら嬉しいです……

 

イラストについて。

 このへたくそなイラストは、ずいぶん前に友人の童話の挿絵として描いたものです。一応頼まれて書いたのですが、奇特な人もいるもんですね。“月夜の晩には・・・”というタイトルはその童話の書き出しです。

                  月夜の晩には・・・

 月夜に地面にできる影を題材にしたお話だったので、2人の影はクッキリと地面に落ちています。設定の関係で舞台は昭和です。サキが昭和を想像しながら書いていますので、突っ込みどころが幾つかありますが、あまり突っ込まないでください。童話の作者もおおらかな人だったので、そこらへんは大目に見てくれたのでしょう。まぁ世に出回ったわけでもないですし、すでに時効だと思っています。
 話の内容はもうよく覚えていないのですが、この2人は姉弟ではありません。TOM-Fさんのコメントにありましたように、少年と“憧れのお姉さん”の2人なんですね。別々に遊んでいて、帰り道で偶然出会ったという設定です。少年は1人で釣りをしていたのかもしれません。少女が持っているのはマリというか小さめのゴムボールです。この辺りが昭和のイメージ?なのかな。
 このイラストは実はトリミングされています。もう少し周囲があってその部分には若干怪しげなキャラクターが居たりします。そしてこのキャラクターには・・・そうです。影が無いのです。コメントで怖いイメージを持たれた方がいらっしゃったのは、そこの部分の影響がトリミング後の画面に残っているのかもしれません。
 でも、基本2人は今楽しく家路についています。お話はその陰の無いキャラクターが影を取り戻すところで終わっていた・・・かな?ちょっと曖昧です。

 サキのイラストや漫画はもう処分してしまって残っていません。このイラストは偶然友人のライブラリーの中から発見されたのです。
 もう日の目を見ることは無いと思っていましたのでびっくりしましたが、処分した時点から時間もたって、サキの気持ちも変化しています。これも何かの縁かな?と考えて・・・(実は小説のストーリーがうまく展開できないので苦し紛れに)発表してしまいました。
 また煮詰まったら友人のライブラリーを漁ってみるかもしれません。お目汚しになりますが、お付き合いいただけたら嬉しいです。
 では、また・・・。

山西 サキ
関連記事
スポンサーサイト




 
 

Comments

なるほど 
こんばんは。

影のお話だから、影がとても印象的なのですね。
トリミングした所は、月の映っている所の方かしら?
それとも反対側?
私がもしかしたら怖いのかもと思ったのは、水たまりに映った月に見えるものがも男の子の表情と対照的にちょっと怖い雰囲氣に思えたからです。
昭和は、私自身が昭和なので、全く違和感ありませんでした(笑)

このお話、サキさんのイラスト付きでいつか読んでみたいです。

他の作品はみんな破棄されてしまったのですか。残念! きっと素敵な作品がたくさんあったんでしょうね。よかったら、今度、新作もアップしてくださいね。
夕さん 
全体的にトリミングをかけていますが、月の映っている水たまりとは反対側を大きくトリミングしています。ウチのスキャナーではスキャニングできなかったのと、若干の損傷があったせいです。
違和感なく昭和になっていましたか?子供たちがマリや釣りで夕方遅くまで遊んでいるなんて、平成ではなかなか考えづらいですから。
ある意味のんびりしたいい時代だったのかもしれませんね。

このお話ももう部分的にしか残っていなくて、再掲はとてもできないようです。
サキの作品はウチに有った分は破棄されていますが、この友人のライブラリーの中にはいくつか残っているようです。
また機会がありましたら探して紹介してみるのもいいかなと思っています。

コメントありがとうございました。
おはようございます 
そんな風にして生まれたお話だったのですね。
きっとそのお友達も、こんなに雰囲気のある挿絵を描いてもらえて感激だったと思います。
昭和の懐かしい雰囲気と、まだ魑魅魍魎の息づくスペースのあった、趣感が伝わります。
これ、アニメーションで動き出したら面白いだろうなあ。
もしもまた、サキさんご自身のイラストを拾ってくることができたら、ぜひ見せてくださいね。

limeさん 
はい、童話の方は友人の書いた作品です。
実は昭和の方なので舞台が昭和なんですね。
アナログな時代の雰囲気、上手く出ていると言っていただけて嬉しいです。
挿絵として差し上げていますが、そのまま保管されていたようです。今頃出てきてサキが一番驚いています。
本人よりも他人の方が大事に置いておいてくださってるんですね。

え?アニメーションですか?これは考えてもみませんでした。
はたして上手く動くでしょうか?デッサンも歪んでるからなぁ・・・。
まだ何点かお持ちのようですので気が向いたらアップするかも。
でも恥ずかしいんですよ。
ブログを拝見しました 
こんにちは。
スペースお借り致します。

お友達がたくさん出来て、投稿に参加する度ごとに直筆のカード式のファンレターが3~30枚以上届く文芸サークル(投稿雑誌)をやっています。
ネットでのやりとりも楽しいですが、ぬくもりが伝わるアナログでの活動は温かい気持ちになり、楽しさや幸せをより感じられます。
イラスト・詩・漫画・小説・エッセイなどジャンルを問わず何でも掲載しています。
月刊で150ページくらい。全国に約180人の会員さんがいます。
あなたがブログで発表している作品を雑誌に掲載してみませんか?
東京都内で集会も行っています。お友達や創作仲間作りにご活用下さい。

興味を持たれた方には、現在雑誌代と送料とも無料で最新号をプレゼントしています。
よろしかったらホームページだけでもご覧になって下さい。
ホームページにある申込フォームから簡単に最新号をご請求出来ます。
http://m-pe.tv/u/?hapine1961

これからもブログの運営頑張って下さい。
失礼致しました。
 
やっぱり、物語のためのイラストでしたか。
すごく雰囲気というか、物語を感じる絵だと感じましたが、さもありなんということですね。これをなかったことにしちゃうのは、もったいないですよ~。
これからも、文章と一緒にイラストも発表して欲しいです。
うむう、「文章」が書ける人って、やっぱり「絵」も描けるんだなぁorz
TOM-Fさん 
ええ、大分前の事でサキも内容を少し忘れてしまっています。書いた本人ももう一回同じようには書けないとのことなので復刻は無理でしょう。
残した物は無駄なもで、捨てたものは後で後悔する。世の中こういう仕組みになっているのでしょうか。
今回のアップでちょっと吹っ切れたので、また機会があれはアップすると思います。

> うむう、「文章」が書ける人って、やっぱり「絵」も描けるんだなぁorz

これは違いますよ。「二兎を追う者は一兎をも得ず」サキはどちらも中途半端だと思っています。
 
こんばんわ(^ω^)

いやあ・・全然下手なんかじゃないですよ((((;゚Д゚))))! 構図の取り方といい動きあるキャラクターといい。全体絵も拝見したいですね~。
このアングルってすごく難しいんですよ~~! ていうかわたしは苦手です。
実はサキさん絵が上手いんですね(゚∀゚)
他の作品もあれば是非アップお願いします!
ユズキさん 
暖かくフォローいただいてありがとうございます。とても嬉しいです。
ユズキさんにそう言っていただけるとほんと嬉しいです。
そう言えばこの俯瞰のアングル、何度も書き直した記憶が蘇ってきました。
水溜りに映る月を描きたかったので、こんな見下ろすような角度になったんだと思います。物語の雰囲気を出したかったんでしょうね。描けもしないのに一生懸命チャレンジしています。
少し誉めていただいたので、機会があればまた何か掘り出してくるかもしれません。

コメントありがとうございました。

 
<- 04 2024 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール
こんにちは!サーカスへようこそ! 二人の左紀、サキと先が共同でブログを作っています。

山西 左紀

Author:山西 左紀
「山西 左紀について知りたい方はこちら」
プロフィール画像について(“みまさか”さんに特別にお願いして使用許可をいただいた「ミクダヨーさん」です。)

ようこそ!


頂き物のイラスト

アスタリスクのパイロット、アルマク。キルケさんに書いていただいたイラストです。
ラグランジア
左からシスカ、サヤカ(コトリ)、サエ。ユズキさんにイラストを描いていただきました~。掌編「1006(ラグランジア)」の1シーンです。
天使のささやき_limeさん2
limeさんのイラストをイメージにSSを書いてみました。「ダイヤモンド・ダスト」
イラストをクリックすると記事に飛びます。よろしければご覧くださいネ!
スカイさんシスカイメージ
スカイさんのシスカイメージ
シスカ・イメージ高橋月子さん作
シスカ・イメージ 高橋月子さん作
シスカ・イメージlimeさん作
シスカ・イメージ limeさん作 コトリ・イメージユズキさん作
コトリ(コンステレーションにて)ユズキさん作
リンク
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Archive RSS Login