Debris circus

Debris circus

頭の中に散らばっていた破片(debris)を改めて文章に書き起こし、オリジナルブログ小説としてサーカスの舞台に上げていきます。読みにくいものもありますが、お暇な時にパラパラとめくる感じででも読んでいただけたら嬉しいです……

 

「創作系バトン」

はい、今日はバトン大臣のTOM-Fさんから夕さん経由でいただいたバトンをやってみようと思います。

「創作系バトン」

1 あなたのユーザー名とその由来を教えてください。

山西 左紀 といいます。
このブログは“先”と“サキ”の2人の人間が作っています。載せている作品はすべて“先”と“サキ”の2人の共著で、山西 左紀のペンネームは、この共著作品の作者として使っています。
コメントや記事などの際は、書いている本人が“先”か“サキ”かを名乗るようにしていますが“サキ”を名乗っている場合は、事情があってほぼ全てにおいて“先”が目を通しています。
“サキ”という名前は“先端”とか“尖っている”などの意味を込めていますが、こういう物が自分に欠けているな・・・と感じているからです。“先”はサキよりもかなり年配ですのでそれを漢字にしています。
この2人を合わせた“左紀”の漢字はただの音合わせで深い意味はありません。字面が気に入っているだけです。
そして名字の“山西”については、一応こだわりはあるんですけど、ここでは書かないで置きます。

余談ですが、サキが大好きなボーカロイド「初音ミク」の歌手ライブラリのベース音声は藤田咲さんという声優の方の声(裏声ですね)なんですよ。

2 小説を書くにあたって一番得意なジャンルは?

得意なジャンルなどというものがあったら、もっとたくさんの方に読んでいただけると思いますよ。
よく書くジャンルはSFなのでしょうか?微妙にその分野からはズレていることもあるように思いますが、あえて当てはめればこの分野でしょう。
基本的に社会的な経験や知識が不足するので、現実社会のリアルな話は苦手です。ですから仮想の世界を使う事によって、専門的な分野も空想や想像でなんとか済ませようとします。先はサキよりも人生経験だけは長いですが、こういう方面ではほとんど立ち入ってきません。(役に立たないです)
でも主人公と一緒にドキドキするのは大好きです。恋愛でもピンチでも・・・

3 主人公の性別はどちらが得意?

得意というよりも、サキの場合はヒロインを使うことが多いです。
ヒーローを使った作品もあるのですが、視点が男性に有ると言うだけで、実はメインキャストは女性だったりします。男って自分が乗り移る事が楽しくないです。楽しくないことはあまりやりたくないのです。

4 執筆した中で一番思い入れのある作品は?

もちろんと言ったらなんですが「シスカ」ですね。不完全な作品ですが、このブログの設立動機になった作品ですし、思い入れはやっぱり一番有ります。

「254」もかなり好きです。読んでくださる方のリクエストでドンドン膨らんでいってハッピーエンドにこぎ着けた作品ですから、別の意味で思い入れが強いです。

5 自作キャラで一番好きな子は?

もちろんシスカと書かなければいけないのでしょうけど、コトリ・・・彼女も好きなのかもしれないですね。
サキはキャラクターが動いて物語を作っていくタイプですから、かなり思い入れは持ちます。大まかなストーリーをまとめてから、まず主人公の名前を決める必要があります。名前を呼んでキャラクターが上手く想像できると、物語は動き始めます。これに失敗すると物語は行き詰まります。これは最悪です。こういう場合、主人公の素敵な名前が必要です。
あ、なにも凝った名前は必要ありません。素敵な名前です。たとえば「アルマク」や「トロ」のような。

6 小説を書くときに特に意識することは?

意識ですか?なんだろう?読んでいて「誰がどうした」とかがわかるように書けているかどうか、でしょうか?理屈っぽくなることもあるようですが「誰が?」は無いようになるべく心がけます。
何回も見直しますから、時間ばかりが経過してしまいます。
我慢できずにあわててUPした物は、あとで修正が入ることも多いです。

7 執筆に行き詰まった場合の対処法は?

まだ対処方法を見つけ出せずにいます。今回の「シスカ」後は時間が解決しようとしているみたいです。次、書き始めようかな・・・。

8 いつか書いてみたいストーリーは?

そういう野望は全くないようです。今書いている作品をイメージするのに精一杯なんでしょうね。精々次の作品までです。きっとそうです。

9 小説の構想で何か参考にするものはありますか?

読んだ小説、観た映画、目にしたニュースなどが参考になっていることはあります。
何でもないニュースからふとストーリーが浮かんできたりします。
設定ではウィキペディアを使うことが多いです。便利な世の中ですね。

10 どんな場面を書いている時が一番楽しいですか?

オープニングシーンだったりします。こういうシーンは物語のきっかけとして頭の中に浮かんできたシーンで、たいがいそれはお気に入りのシーンだからです。
最終回やエピローグは楽しいのですが、そこまで辿り着くまでが大変です。サキは順番に書いていきますから。
「エスの気まぐれプロット」という作品は、書いていて楽しいシーンの寄せ集めの様な、いいかげんな作品です。「あ、ちょっと書いてみたいな」と思った場面や設定の一部分が書き出されているシリーズです。本当に作者が勝手に書く、気まぐれ作品なんです。
それと「太陽風シンドローム」シリーズもこれに類する作品群です。ご迷惑をお掛けしています。

11 書いてみたい一場面を教えてください。

希望に満ちたエンディングです。これが一番。
バッドエンディングにも憧れますが、これはなかなか精神的に辛い。
でも書いてみたいといえば書いてみたいかも・・・。

12 お疲れさまでした。指名、フリー、地雷、お好きなコースを選んでください。

もちろんフリーコースで。
やってみるとけっこう難しいですけど。

関連記事
スポンサーサイト

 
 

Comments

こんにちは 
サキさんのバトン回答も楽しく拝読しました。う~ん、これはまさに裏話系の創作バトンですね。そして、皆さんそうですが、これまでのバトン回答でも書いておられたことが改めて整理して語られているので、ふむふむなるほど、みんなぶれないなぁと何だか嬉しかったり。
サキさんは、そう、結構現実の出来事を上手くSFやファンタジーに変えて書かれているなぁ、これはあの事件・出来事かな、と思うこともあったり、いや、これは本当にどこから思いつくんだろうってこともあったりで、いつも驚かせてくださいます。
目にした何気ないことから発想が出てくるというのは私も同じですが、きっと目の行くところが違うんだろうなぁと思ったり。
そして、そうですよね、文章はとても分かりやすい、というのか、動きがあって、私はすごく羨ましいなぁといつも思っています。映像を文字にされているんだなぁと感じます。そして、サキさんと先さんの共同作業がまた素敵だなぁといつも思っているのです。
『希望に満ちたエンディング』、うん、そうですよね。共にがんばりましょう!
 
バトンのお持ち帰り、ありがとうございます。

「さき」というお名前の読みには、なにかきりっとした雰囲気というか、繊細で知的な印象があります。いい響きですよね。

ジャンルって、私もいろいろ詰め込むクセがあるので、ひとつに絞るのは難しいですよね。サキさんの作品は、SFと●●みたいな印象はありますね。

あと、キャラの名前。サキさんのネーミングはいつもちょっと不思議で、でもなんかいいんですよね。星の名前とかも、うまく使っていらっしゃるし。

新作の予告ですね~、これは楽しみです。気長にお待ちしますね。
彩洋さん 
あ、早速お読みいただいてありがとうございます。
おっしゃるように今までのバトンでも似たような質問に答えているかもしれませんね。ぶれていないですか?あまり複雑に考えないで思いついたことをそのまま書き出していますので、一貫した回答になっているようでしたらサキもけっこう頑固なのかな?などと思いました。
そうですね。現実に起こったことをSFやファンタジー風に置き換えることも多いですね。これはそのままリアルの世界に置き換えて展開させることはサキには難しくて、空想の世界に置き換える方が設定を空想で補っても不自然さが出にくいんじゃないか?そんなふうに考えた結果です。SFが大好きということも大いにありますが、サキの経験ではリアル世界での状況を的確に描写できないということがやはり大きいです。
そして彩洋さんに文章がとても分かりやすい、と言っていただけたのはすごく嬉しいです。映像を文字に置き換えていると感じていただけているのなら、それもとても嬉しいことです。
『希望に満ちたエンディング』に向けて共にがんばりましょう!
先もそう申しております。
TOM-Fさん 
楽しいバトンありがとうございました。
サキってキリッとした雰囲気がありますよね?無い物ねだりなんですよ。名前ぐらいキリッとしておきたかったですから。

TOM-Fさんの作品の中で語られるメカニックやシステムの設定は、いつも羨望の眼差しで見ています。とても羨ましいんですよね。格好いいなぁって。

キャラの名前は凝った物でなくてもいいのです。響きが最優先ですね。そしてちょっと違和感や不思議感のある音、これが良ければそれに決定です。何度も口の中で反芻してから決めます。

徐々に短い物から始める予定です。お楽しみに!
あ、書く書く詐欺かもしれませんが・・・。
こんにちは 
あ、意外だったのは、左紀さんがサキさんや先さんより後付けだったということですね。そうだったんだ〜。

「シスカ」の次に「254」がきているのは、嬉しいですね。左紀さんとの出会いの作品ですし、それにずいぶんと遊んでもらっている思い出の作品ですもの。あ、「絵夢」シリーズも「エス」シリーズも、それぞれに遊んでいただいているので、どれが出てきても私は「やった!」と思って読むんですけれど。変な読者。

「オープニングが楽しい」というのもよくわかります。サキさんの書き出しって、いつもとっても素敵なんですもの。最初の一文、はじめの単語にものすごく心が込められていますよね。これってとても大事なことですよね。続けて読んでもらえるかがここにかかっているんですもの。う〜む。見習わなくては。

次の作品のオープニングは、もう決まっているのでしょうか。
ううむ、楽しみだな。

バトンの回答、堪能させていただきました!
夕さん 
はい。片仮名のサキがまずありき、だったのです。
“左紀”は女性なの?男性なの?と思われることもねらっていましたが・・・はてさて。
「254」ではずいぶん遊んでいただきました。夕さんのお陰でコトリはここまで幸せになった、と言っても過言ではありませんよ、ほんと。
絵夢でもエスでも色々と遊んでいただいていますし、構ってももらっています。お陰でブログ生活はとても楽しいものになっています。
本当にありがとうございます。お礼を申し上げます。

そして、「書き出し」を誉めていただいてとても嬉しいです。この一文が出てこないと物語は全く進みません。何しろサキは最初から順番に書いていきますからね。
ポンと出てくることが多いのですが、何度も書き直す難産系もあります。なんと「シスカ」これは難産系でした。今でもこの書き出しは満足しているわけではありません。基本的にこの文章でいいのですが。細部がしっくりきていないのです。でも、キリがないですし、ぴったりした文章も思い浮かばないですから・・・。

次ですか?今回構想中のものは全くの新作ではないので、物語全体の書き出しを考える必要はないのです。でも、この回の書き出しではちょっと悩み中というところです。
書く書く詐欺にならないように頑張りますのでお待ちください。
コメントありがとうございました。
こんばんは 
サキさんと先さんの作品は、やっぱりSF色がつよいなと、いつも感じていました。
専門知識もさらっと盛り込まれていて、SF漫画で育ったのにまるで書けない自分には、すごくうらやましいです。SF考察担当は先さんなのかな?
そしてサキさんと言えば、私としては「シスカ」が真っ先に浮かびます。(まだ読んでいない作品も多いのですが)
でも思い入れや愛情は、きっととても強いのだろうと。

>我慢できずにあわててUPした物は、あとで修正が入ることも多いです。
ああ、これ分かります。私も更新した後にけっこう大改造してしまう事が多くて。でもUPしたいと思った時が、タイミングなんですよね。

オープニングを書くのが好きとおっしゃる気持ち、すごく共感です。
全ての幕開けだし、自分がまず思い描いた世界の幕開けですもんね。
作者がわくわくしないと、きっと読者さんも食いついてくれませんもんね。

ああ~、希望に満ちたエンディングかあ。やっぱりそうですよね、読者さんが求めるのって。私もなるべくがんばろう><

サキさんの創作バトンも、楽しく読ませていただきました。^^
limeさん 
コメントありがとうございます。
サキはSFが大好きです。もちろん読むことも好きですが、書くことは最近好きだと言うことに気がつきました。物語を書くようになって(4年ほどになりますね)、自分の抱いているイメージを文章にする、これはとても素敵なことだと気がついたのです。あの世界感を構築して主人公がそこで動き出す・・・それは自分が動き出すようにワクワクすることだと気がついたのです。

「シスカ」は厳密に言えばSFというカテゴリーからはみ出そうですが、サキの代表作ということになるのでしょうね。はい、やはり愛情は強いと思います。
でも、この作品もずいぶん修正を入れています。途中で1話追加したりもしています。読まれた方は大変だったと思います。

おっしゃるようにオープニングはとても楽しいものです。書き出しに苦労することもあるのですが、主人公の様子などをすこしづつ書き込んでいくのは楽しいです。自分を作り上げていくような気持ちになって、その過程を楽しんでいます。

limeさん、一緒に「希望に満ちたエンディング」に向けて進んでいきましょう。
よろしくお願いしますね。

 
<- 10 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
こんにちは!サーカスへようこそ! 二人の左紀、サキと先が共同でブログを作っています。
ようこそ!


頂き物のイラスト

アスタリスクのパイロット、アルマク。キルケさんに書いていただいたイラストです。
ラグランジア
左からシスカ、サヤカ(コトリ)、サエ。ユズキさんにイラストを描いていただきました~。掌編「1006(ラグランジア)」の1シーンです。
天使のささやき_limeさん2
limeさんのイラストをイメージにSSを書いてみました。「ダイヤモンド・ダスト」
イラストをクリックすると記事に飛びます。よろしければご覧くださいネ!
スカイさんシスカイメージ
スカイさんのシスカイメージ
シスカ・イメージ高橋月子さん作
シスカ・イメージ 高橋月子さん作
シスカ・イメージlimeさん作
シスカ・イメージ limeさん作 コトリ・イメージユズキさん作
コトリ(コンステレーションにて)ユズキさん作
リンク
ブロとも申請フォーム

Archive RSS Login