Debris circus

Debris circus

頭の中に散らばっていた破片(debris)を改めて文章に書き起こし、オリジナルブログ小説としてサーカスの舞台に上げていきます。読みにくいものもありますが、お暇な時にパラパラとめくる感じででも読んでいただけたら嬉しいです……

 

limeさんがシスカを描いてくださいました。そしてシスカの完結。

 limeさんがシスカを描いてくださいました。
 ありがとうございます!!!
 limeさんはブログ小説のお仲間で、ご自分のブログ「小説ブログ「DOOR」」にたくさんの小説(おもにミステリーかな?)を発表されています。人間の心理を奥深くまで読み込んで書かれる小説は、とても興味深くて面白いです。サキではここまで書けないよなぁ。とため息ものです。このブログはブログ名の示すとおり本来小説のブログのようなのですが、時折イラストも発表されて、それがまたすごくいいんですよ!ずっと前から素敵なイラストだなぁ・・・と憧れておりました。そのlimeさんに描いていただけたのですから、そりゃ~飛び上がってしまいましたよ。
 あの愛想の無いシスカをここまで表現できるって凄いなぁ・・・と感心すると同時に、めちゃくちゃ喜んでいます。完成のメッセージを開けたときは心臓がバクバクしてました。イラストのページを開けたときは感動でいっぱいになりました。おお~~・・・という感じですよ。思わず声が出ちゃいますね。

シスカlimeさん作
このイラストの著作権はlimeさんに有ります。

 シスカが形になることは、シスカのコミック化に失敗したサキにとってまた格別に嬉しいのです。自分では満足のいくシスカは描けなかったので諦めたようなものなのですから。ようするにへたくそなんですよ。
 limeさんは例のSSでサキが書いた設定を最大限尊重して描いてくださっています。サキのイメージ通りと言っても過言ではないでしょう。あの髪、あの目、あの表情、そしてセージ・グリーンのフライトジャケットにカーキ色のチノパンツという、シスカの普段の姿を初めて見ました。ちょっとドキッとしますね。背景もシスカのイメージにマッチしていてシックでカッコいいです。
 ですから、サキはまず初めに、limeさんのリクエストを受けて書いた例のSSで、このイラストを使わせていただこうと思っています。
 少し幼くなってしまったと仰っていますが、この物語で登場するシスカは仮想の人格と思われます。ですから問題はありません。自分が若い事を嫌がる女性はいないと思いますし。

 お忙しい中、シスカのために時間を割いてくださって感謝しています。
 心からお礼を申し上げます。

 limeさんのリクエストを受けて書いた例のSSです。よろしければ下のリンクからどうぞ。
「Prologue Sikisima Miyuki Var.」




 そしてこの嬉しい出来事の中「シスカ」を書き終えました。
 ついにです。
 書き始めてから3年以上かかりました。長くかかったなぁ。本来ならホッとして嬉しいんでしょうけれど、そういう気持ちはあまりありません。なぜならシスカが半分も生きていないような気がするからです。上手く書けていません。シスカはもっともっと生きたはずだ。サキの文章力では全然足りない。表現できていない。先の助けを借りても全然足りていない。そんなふうに思います。
 シスカはこういうふうに行動するべきじゃなかったの?こういう場面が全然足りないよ。シスカはこんな子じゃないだろ?もっとこうしたはずだよ!
 そんな反省点がドンドンと湧き上がってくるばかりです。
 サキの頭の中のシスカと文章になったシスカ、同じになっていないといけないはずなのに・・・不満な点がいっぱいです。すべてサキのせいです。分かってはいてもすでに文章は確定されててしまっていて他のキャラとの兼ね合いもあります。それにサキはそれぞれのキャラにもそれぞれに愛情を感じていて、シスカを思い通りにさせると物語が崩壊してしまいます。物語はもうそこまで固まってしまっているのです。サキの思いを達成するには、またまた大幅な書き直しが必要になってしまいます。
 でも今のサキに「シスカ」をまた始めから書き直す気力はもうありません。考えて考えて書いてタイプして書き直して書き換えて、あらん限りの脳味噌を使いました。使い切りました・・・今の段階でもう気力が残っていません。
 だから一旦は完成させておくべきなんじゃないか、そう判断しました。
 でないと永遠に形にならずに彷徨ったまんまになる、そう感じるのです。
 シスカを永遠に彷徨わせるなんて、そんなことはサキには出来ません。まがりなりにもエンディングを迎えさせて、ご苦労さんと言ってあげたい。強くそう思いました。あの運命を背負わせたまま永遠に彷徨わせるなんて、サキにはとうてい出来ないことです。サキが壊れてしまいそうです。
 迷った末に、サキは「シスカ」を書き終えました。

 そういう事情なのでとても完成品とは言えないものです。でも、一生懸命書いています。ですから自分勝手なことだとは思いますが、読んでいただけるのならとても嬉しいです。「シスカ」はやはり誰かに読んで欲しくて書いた物語なのですから。サキの頭の中に居たシスカってどんな女の子なのか、誰かに知って欲しくて書いた物語なのですから。全編を読んでいただける方がいらっしゃるならそれは無類の喜びです。たとえその誰かがたった1人であったとしても・・・。

『シスカ、ご苦労様。これからも色々と苦しいことも起こるだろうけど、たくさんの仲間に囲まれて、嬉しいことや楽しいこともそれと同じぐらい、いやそれ以上にたくさん起こるに違いないよ。シスカ、これからの人生を楽しんでね』
 limeさんに描いていただいたシスカに向かってそう応援しています。

 数日後、「シスカ」54話をUPする予定です。続く55話が最終話となります。あと少しです。お付き合いいただけると嬉しいです。
 そして55話の後にはエピローグが控えています。こちらもお楽しみに!

 この作品を書き直す可能性を否定しないで、この記事を終えようと思います。ふとそんな気力が湧いてくる。そういうことが起こるかもしれないですから。

おわり
2015.03.03
関連記事
スポンサーサイト

 
 

Comments

おおっ 
おお、シスカのイラストですね。
limeさん、いい表情で描きますねぇ。背景の仕事も丁寧だし、すごく雰囲気があっていいじゃないですか。印象に残るイラストだと思います。
私は絵の心得がまったくないので、イラストは描いていただくしかないのですが、自作のキャラをビジュアル化していただいたときって、ホントに嬉しかったです。

そして、「シスカ」の脱稿、おめでとうございます。
ひとつの作品を書き上げるのって、相当のエネルギーが要りますからね。とくに思い入れがあって、長く書きつづけてきた作品だと、書き終えたときは燃え尽きた~って感じですよね。わかります。
読み返してみると、あれこれと不満が目に付くこともあるでしょうけど、まずは完結させることが大切だと思いますので、サキさんの決断は間違ってないと思います。
残り二話、アップされるのを楽しみにお待ちしますね。
わ~^^ 
サキさん、こんばんは^^
こんなに丁寧に紹介してくださって、うれしいやら申し訳ないやら。ブログの紹介まで、ありがとうございました。
そしてなにより、サキさんに喜んでいただけてめちゃくちゃホッとしました。
私のイメージなので、きっと大事に育ててきたサキさんのイメージとは異なると思っていたのですが、優しいお言葉感謝します。

サキさんがシスカをコミック化したかったというお気持ち、すごく分かるんです。私も自分の作品をコミック化できる腕があったらやっていたんですが、それが出来ずに小説を書きはじめたといってもいいくらいなので。(でも今は、漫画より小説を書く魅力にはまってしまったんですが^^)
こんなワンカットイラストですが、サキさんに私なりのプレゼントが出来て、良かったです。
サキさんのリクエストSSは本当に透明感があって美しくて、私のシスカ像をぐっと鮮明にしてくれました。
夕焼けのバッグにしようかどうしようか、背景に二日くらい悩んだんですが、やはりあの銀の髪と瞳が映えるシックなバックにしてみました。
シスカはブルー&プラチナのイメージなんです^^

そして、シスカの脱稿おめでとうございます。
まだもっと練りたいという思いと、終わらせてあげたいという想いのせめぎ合い、とてもよくわかります。
でも、一度完結させるというのは、とてもいい選択だと思います。
もしも途中で力尽きて未完成に終わったら、それこそ悲しいですもんね。
物語は、完結して初めて作品になるのだと思います。
改稿は、ゆっくり後からでもできますしね。

ああ、偉そうに言っておきながらまだ私は途中までしか読んでいないんでした。
これからまたゆっくり読ませていただきますね。
記事、ありがとうございました。
あ、イラストはトリミング自由に、お好きに使ってくださいね^^
まずはおめでとうございます 
「シスカ」ついに完成したのですね!
サキさんが完成された他の作品も読ませていただいていますけれど、「シスカ」はサキさんにとって、特別な作品ですものね。途中で悩まれていたことも記憶にありますし、完成してほっとなさったことでしょうね。
私には、ここまで強く想いを込められる作品はないので、ちょっと羨ましいです。

いよいよ最終回が近づいてきていると思うとドキドキします。発表を楽しみにしています。

そして、limeさんのシスカ、素敵ですよね。limeさんのブログで拝見した時、「ああっ、シスカだあ」って、嬉しくてワクワクしちゃいました。透明な歌までが聞こえてきそうです。
TOM-Fさん 
えへへ・・・描いていただいたんですよ。
シスカは思い入れがあるだけにビジュアル化していただくと、やっぱりイメージ出来るんですね。それだけでもすごく嬉しいです。
そして自分の文章からこういうふうにイメージしてもらえるんだと、とても感慨深いです。しばらく眺めてしまいますね。
何人かの方に描いていただいていますが、そのたびに新たな喜びがあります。
ブログで公開しているからこういう喜びもあるのでしょう。
頑張って続けていこうと思います。

「シスカ」ついに脱稿しました。ありがとうございます。
記事でも書きましたが、燃え尽き感もありますが不満もいっぱいです。
でも手は抜いていません。読んでいただけたら嬉しいです。
間もなく(土曜日ぐらいでしょうか?)UPします。
お待ちください。

コメントありがとうございました。
limeさん 
こちらにコメントまで・・・ありがとうございます!
うちのブログで紹介しても、あまり宣伝にはならないんですけれどね。
何しろ見てくださってる方が少ないもので・・・。
でも感謝の気持ちを、嬉しい気持ちを精一杯記事にさせていただきました。

あれ?limeさんもコミック化を断念されたのですか?充分な実力はありそうに思いますけど?目指されるレベルが違うと言うことで理解しておきます。サキは友人に見せるレベルにも達していないと自分で判断しました。それくらい下手くそで、練習しても上手くなりませんでした。持って生まれた物なんでしょうね。
でも小説を書く魅力にはまる・・・そういうのちょっと分るような気がします。
最近はまりかかっているかもしれません。

そして「シスカ」脱稿です。ありがとうございます!
おっしゃるように未完成のままになることを恐れて、一度完成させることを選択しました。完成から少し時間が経過してこの選択でよかったのかな。と思い始めています。実は左紀の作品、完成していない物の方が多いくらいなんですよ。
とりあえず一番の長編が完成したというのは喜ぶべき事なのでしょう。
間もなく(土曜日ぐらいでしょうか?)54話をUPします。
お付き合いいただければ嬉しいです。
いただいたイラスト、また機会がありましたら使わせていただく予定にしています。
こんなサキにかまっていただいてありがとうございました。改めてお礼を申し上げます。
夕さん 
「シスカ」完成しました。ありがとうございます。
ずいぶんと夕さんにボヤキを言った記憶があります。記事に淡々と書いたことも、実は主に夕さんに言っていることを想定していたりします。
お付き合いいただいてありがとうございました。
何度か言いましたがこの作品を書くためにはじめたブログです。でもこの先品が完成したからお終い、と言う気持ちには全くなっていません。
さっきもコメントに書いたように、小説を書く魅力にはまりかかっているのかもしれません。
だったらもうしばらく何か書いてみようかなぁ。今はそういう気持ちです。
またサキにかまってくださいネ。

コメントありがとうございました。
おめでとうございます(^^) 
シスカの脱稿、おめでとうございます(^^)
こちらの記事を拝読して、私が『海に落ちる雨』を書き終えた時のものすごい脱力感を思いだしてしまいました。もちろん、その話は主人公の人生の一時期であり、その後も綿々と続いていくので、完結というわけでもなかったのですが、最後の2節分(相当に長い^^;)を書いている時は、夜寝る時間も惜しんで書き続けていたので、あぁもうこれ以上書けない!と思ってしまいました(でもね、その時は読者は皆無だったのですよ。本当に自分のためだけに書いていたのです。いえ、今でも読んでくださる人は数人なのですけれど……)。
後から読むと恥ずかしいことだらけだったのですが、既に書き終えて何年も経った今、振り返りながらブログにアップしながら、今もまだあちこち書き直しているのです。本当に終わりがありませんね。ただ、表現やシーンの書き足しはしても、重要なところは何も変えていません。あの疾走感は書いたあの時にしか生まれなかったものでしたから。

自分のことは置いといて、こうして何年も温めていた物語を終えられたサキさんの気持ち、それがすご~くよく伝わってきて、こちらの記事を拝読して、私までどきどきしたりほっとしたりしました。
そして、そんなタイミングでlimeさんの素敵なイラスト。サキさんにとって、何よりものプレゼントになりましたね。私、サキさんの世界感をとても好きなのですけれど、絵心がなくて……こうしてイラストにして感動を贈ることのできるlimeさんが羨ましいです。

サキさんはまだまだお若いので、これからもっと書き込んだり、あるいはシスカはシスカとしてまた新しい人物を生み出して形を成していく過程を楽しまれるチャンスがあると思うのですけれど、私などはもう歳も歳なので、この先きっと書き直す時間はないんだろうなぁと思ったりしています。
あるいは、シスカを書き終えたことをきっかけにして、またもう一人のシスカを書き始められるのかもしれませんね。
エンドマークをつけることはとても大事ですね。どんな形であれ、どんな結果であれ、とにかく書き終えることでまた見えてくるものがあるようです。私はあれこれ放置しているので、またじわじわと書き進めなくては。具合の悪いことに、私の頭の中ではもう物語はみんな出来上がっていて、筆が追いつかないのですよね。ほんと、情けない。
と、その前に、出来上がったとなると、また頑張って続きを読ませていただきますね。あぁ、その前に襲い掛かるリアル仕事を片付けなくてはなりません。またお邪魔しますね!
彩洋さん 
ありがとうございます。長くかかりましたが、彩洋さんの『海に落ちる雨』と比べるとまだまだ幼い作品だと思います。ちゃんと夜も寝てましたしね。サキはちゃんと眠らなければなりません。
でもそれまで書いたこともなかった長編小説ですから書き上がったとき、サキにとっては感慨深いものがありました。書き終えてしまったら、シスカにご苦労様が言えますし、とりあえず悶々とする事は無くなりますし、次の新しい作品にも安心して取りかかることができますからね。
でも、できれば少しずつでも書き直しながら読み返すことができたらいいかな、と思っています。不満なことはたくさん残っていますから。
暫くは寝かせておくことになると思いますけれど・・・。終わりがない、というお言葉、肝に銘じておきます。
偶然ですがlimeさんのイラスト描いていただいたのが、完結とほとんど同時期だったんですよ。ビックリしましたがとても嬉しかったです。シスカは何人かの方に描いていただいているのですが、いつも心がドキドキします。イメージが実際に描かれるというのはすごい感動なんですね。イラストが描けるってとても羨ましいです。いいなぁ!!!

彩洋さんがサキの世界感を好いてくださってとても嬉しいです。
サキの世界感、特に「シスカ」の仮想世界はある種特別な世界です。思うようにならない現実世界からの逃避のような位置づけで始まっていますが、今ではサキの目指すべき世界のようになっています。この世界で暮らす人々のように一生懸命生きていきたい、そんなふうに考えています。ですから「シスカ」の世界で生きていく人は諦めません。生きていくことにそれぞれの立場で一所懸命です。普通の人ですから奇跡は起こりません。でも与えられた命をその与えられた最大出力で生きていきます。シスカもサエもアツコもヨウコも、そしてコトリも・・・(あ、男性陣もです)です。それはサキの理想であり目標です。サキはサキのできる範囲でそれに近づいて行こうと思います。

もう1人のシスカですか?実はいまサキには微かな芽吹きが感じられます。まだまだほんの微かな胎動です。これがどのような形で育っていくのか、或いは胎動だけで終わってしまうのかわかりませんが、何か新しいものに育ったらいいな、と思っています。
このキャラクターを彩洋さんのお目にかけることができたらいいなぁ。でもこのキャラクター、すでに既発表済みの未完成作品のキャラの1人なのかもしれません。そのキャラが大きく育つ可能性もありますから。
そして「シスカ」も終わりまで読んでいただけたらいいなぁ、そう思っています。
お仕事お忙しそうですし、無理をなさらないでお付き合いいただければすごく嬉しいです。

丁寧なコメントありがとうございました。

 
<- 04 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール
こんにちは!サーカスへようこそ! 二人の左紀、サキと先が共同でブログを作っています。
ようこそ!


頂き物のイラスト

アスタリスクのパイロット、アルマク。キルケさんに書いていただいたイラストです。
ラグランジア
左からシスカ、サヤカ(コトリ)、サエ。ユズキさんにイラストを描いていただきました~。掌編「1006(ラグランジア)」の1シーンです。
天使のささやき_limeさん2
limeさんのイラストをイメージにSSを書いてみました。「ダイヤモンド・ダスト」
イラストをクリックすると記事に飛びます。よろしければご覧くださいネ!
スカイさんシスカイメージ
スカイさんのシスカイメージ
シスカ・イメージ高橋月子さん作
シスカ・イメージ 高橋月子さん作
シスカ・イメージlimeさん作
シスカ・イメージ limeさん作 コトリ・イメージユズキさん作
コトリ(コンステレーションにて)ユズキさん作
リンク
ブロとも申請フォーム

Archive RSS Login