Debris circus

Debris circus

頭の中に散らばっていた破片(debris)を改めて文章に書き起こし、オリジナルブログ小説としてサーカスの舞台に上げていきます。読みにくいものもありますが、お暇な時にパラパラとめくる感じででも読んでいただけたら嬉しいです……

 

物書きエスの気まぐれプロット(12)中編

 月刊ステルラ8月号 投稿作品

HARTS Field

 薄い雲にさえぎられて血の色になった大きな夕日が、グランタウンの遺跡群の向こうに沈んでいく。トロは徐々に遺跡の陰に飲み込まれていく斜面の最上部に立って下を見下ろしていた。
 下手をすれば転がり落ちるほど急な斜面の下は掘割になっていて、その底には線路が敷かれている。掘割の両端にはトンネルがぽっかりと大きな口を開けていて、そこから出てきた線路はトロの見下ろしている掘割を通過して向かいのトンネルに入るまで、ほんの100メートルほどの間だけ地上に顔を出しているのだ。
 トンネルはどちらも入り込むとすぐに緩やかな下りになって、壁に突き当たるまで真っ直ぐに続いていた。この間までは……だ。
 この間のトンネル調査の最中に突然壁を破壊して弾丸列車が通過してからは、両方の壁の向こう側に延々と続く真っ直ぐなトンネルが現れ、不規則に列車が通過するようになっていた。

 トロのすぐ後ろは線路で、そこには1台のトロッコが止まっている。トロッコの上には車輪が二つとトロと同じぐらいの背格好の人影が佇んでいる。
「トロ、本当に決行する気?」人影はトロに話しかけた。
「ここまで来たらやってみるよ。トモ」トロは人影に向かって話しかけた。
 トモと呼ばれた人影はトロッコを降りてトロの横に立った。背丈はトロと同じ、肩まで届かないくらいの真黒な髪、大きな焦茶の瞳、驚いたことにその人物はトロと瓜二つだった。
「トロは好奇心の塊だものね」トモはあきらめ顔で言った。
「ウチ?ウチはトモと同じだよ。何もかも」トロは大きな瞳で見つめる。
「ううん。違う、私は恐いもの。そしてとても心配。心臓のところが少し痛い」トモは大きな瞳を暗くした。
「え?大丈夫?そう言えば顔が青い」トロはトモの顔を覗き込んだ。
「大丈夫だよ。炉の補助が効いているから心臓に負担はかからないよ。痛いのは本当に心配だからだよ」トモは胸の所に両の手の平をあてた。
「なら、いいんだけど。ウチ等は全く同じにできているはずなのにね。なぜ違っているんだろう?」
「ほら!認めた」トモの顔は明るくなった。「私達は見かけは同じだけど全然違うの。私はトロと同じようには動けないよ」
 トロは暫くの間トモの顔をじっと見つめていたが、やがて視線を掘割りの底に戻した。
「今日は来なかったね。そろそろ戻りましょう」闇に沈もうとしている周囲を気にする様子でトモが言った。
「そうだね。もう3日になるのにね……」言葉を続けようとしたトロの言葉が止まった。右側のトンネルから微かに音がするような気がしたのだ。
 気のせいでは無かった。音は徐々に大きくなり、トンネルの出口辺りの雑草がなびき始める。トンネルから風が吹き出て来ているのだ。
 音は轟音に変わりはじめ、吹き出る空気もどんどん強くなる。トンネルの中が徐々に明るくなり始めた。
「来る!」トロが抑えた声で言い、トモはおびえるようにトロに寄り添った。
 轟音がドラゴンの雄叫びのように変わる。その瞬間、炸裂音と共に尖った先端を光らせた巨大な弾丸のような物体が、トンネルから飛び出してきた。そして掘割りの底を猛スピードで通過していく。
 空気を切り裂く轟音の中、トロは先頭からの数を冷静に数えていく。……14・15・16、最後尾の尖った尻尾と、その先端に灯った毒虫の様な赤い光がトンネルに吸い込まれ、やがて世界は闇と静寂の世界に帰って行く。
「トモ?」我に返ったトロが寄り添っていたトモを気遣う。トロの頭上には発光環が出現し、輝き始めた。
「なに?」トモが瞑っていた目を開ける。トモの頭上にも発光環が作り出される。
「大丈夫?」トロは発光環に照らし出されたトモの顔を見つめる。
「平気」トモは気丈に答え、トロから離れて足を少し拡げて真っ直ぐに立った。トモの発光環は彼女の凜としたその姿を浮かび上がらせる。
 トロはその様子を見て満足したのか「今ので取り付けてあったセンサーからの信号がタモに行ったはずよ。もうすぐ飛んでくるから、すぐに出発する」と言った。
 トモは黙って頷いた。

 待つほども無く、すぐ後ろの線路から振動音が聞こえ始めた。やがて発光環の灯が見え始め、もの凄いスピードで1台のトロッコが接近してきた。
「トロ!待たせたかな?大急ぎで来たんだけど?」タモの声が響き、タモの小型のトロッコがトロのトロッコのすぐ後ろに停車した。
「ううん。ウチ等は昼過ぎからずっとここで見張っていたから。通り過ぎるのも見たよ」トロが答える。トモはタモが現れてから発光環を消滅させていたが、そのままそっとトロの後ろへ移動した。
「ウチ等?ああ、トモも一緒だったのか?悪かったな」タモは自分の発光環で2人を照らしながらトモに声をかけたが、トモはますますトロの陰に入り込んだ。トロはその様子に少し驚きながら、タモに向かって「すぐに出る?」と聞いた。
「ああ、弾丸列車は暫くは来ないだろうからな。車輪は積んできてくれてるんだろうな」
「もちろん!ウチのトロッコの上」トロは自分のトロッコに積まれた車輪を指さした。
 タモはトロのトロッコの上に上がり、車輪を両方の手に1つずつぶら下げると、そのまま急な斜面を下った。車輪は幅の広い線路用の物で、タモが掘割りの下の線路に置くとピタリとはまった。そのままタモは斜面を駆け上がると、自分のトロッコの右側のハンドルに手をかけトロを見た。トロははじかれるようにトロッコの左側に駆け寄るとハンドルを両手で掴んだ。
 そして2人は、阿吽の呼吸があるようにタイミングを合わせてトロッコを持ち上げ、ゆっくりと慎重に急斜面を下っていった。
 斜面を下りきるとトロッコは新しい車輪の上に乗せられた。すぐに2人は斜面を駆け上がり、タモは自分のトロッコがここまで履いてきた標準の車輪をトロのトロッコの上に乗せた。
 トロは自分のリュックを背負ってからトモをギュッと抱擁した。「じゃぁ。行ってくる」トモは黙ったまま抱かれていたが、最後にトロをギュッと抱きしめて、そして離れた。「気をつけてね」トモは静かにそう言った。
 タモはその様子を黙ったまま見つめていた。
 トロは大きく頷くとタモと2人並んで斜面を降りていった。
 斜面を半分ほど下った時、静かなマルベル機関の作動音が聞こえ始め、線路を走るトロッコの音が遠ざかっていった。2人は振り返らずに斜面を下りきると、タモが先に荷物をシートの後ろのカゴに入れてからシートに収まった。
 トロも続いてカゴにリュックを入れてから、シートに収まろうとトロッコに足をかけた。
「タモ!」トロはタモに声をかけた。
「何?」タモが答える。
「もう少し詰めてよ」トロは少し恥ずかしそうに言った。
「あ、ああ」タモはシートの右側を少し開ける。
 トロは一瞬間を置いてから、そのスペースに収まった。
 2人の発光環はその一瞬だけ輝きを増した。
関連記事
スポンサーサイト

 
 

Comments

 
更新、お疲れさまでした。

えっと、一か所だけ、誤字かなぁ。
「ギュッと炊きしめた」→「ギュッと抱きしめた」?

掘割の底、トンネルの合間に見える線路を、弾丸列車が走り抜ける。神戸市営地下鉄西神線に、そんな感じの場所があったような気がします。
なんだか、好奇心がくすぐられますよね、こういう場所。
トモはトロのことが心配なんでしょうね。それでもちゃんと送り出すところが、健気だなぁ。
いよいよ、冒険開始ですね。わくわくします。
新幹線みたいな弾丸列車が、どこから来て、どこへ行くのか。トンネルの先には、なにがあるのか。
次話が、すごく楽しみです。
TOM-Fさん 
あれ?ご指摘ありがとうございます。
こっそり直しておきます。

掘割りの底、そうですね、そういう場所なんですけど、サキのイメージ的には新神戸駅辺りでしょうか?トンネルからトンネルへ200km以上で新神戸を通過する列車は迫力有りましたから。今は無いですけどね。
トロとタモのお話しのパート、後1話で終了です。
とても全ての謎を解けるところまでできあがっていませんが近日発表です。
お楽しみに。って読んでくださる方がいらっしゃるといいんですけど……。

コメントありがとうございました。
謎が増えた…… 
トモ登場。そっくりってどういうことなんだろう。双子? それとも事情があってそっくり?
それに「2人の発光環」って?

それにも増して大きいのが、トンネルの先の謎なんですけれどね。
トモはついていけないけれど、その方がいいのかな。
トロとタモは二人一組って、私の頭の中にはインプットされちゃっていますし。

次回は特別改造トロッコの性能が遺憾なく発揮されるのかな。後編を楽しみにしていますね。
夕さん 
すみません。謎が増えてしまいました。
トモが登場する予定は先日まで無かったんですが、本人の強い希望により登場となりました。
ますますわかりにくくなってしまいましたね。
まぁ、双子なんでしょう。そういうことになると思います。
発光環ですか?これについてはまた後ほど……。
あまりにわかりにくくなってきましたので、どこかで解説を入れる予定です。
大きな設定(トンネルや世界観など)についても少~し解説が入ると思います)
少しは事情が分っていただけるかなぁ。
サキ自身もよく分かっていないのが1番の問題ですよ。

> 次回は特別改造トロッコの性能が遺憾なく発揮されるのかな。後編を楽しみにしていますね。

あと1回でこのパートは終わりますが、お話しはおわりません。続いてしまいます。すみません)
近日発表です。

コメントありがとうございました。

 
<- 08 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール
こんにちは!サーカスへようこそ! 二人の左紀、サキと先が共同でブログを作っています。
ようこそ!


頂き物のイラスト

アスタリスクのパイロット、アルマク。キルケさんに書いていただいたイラストです。
ラグランジア
左からシスカ、サヤカ(コトリ)、サエ。ユズキさんにイラストを描いていただきました~。掌編「1006(ラグランジア)」の1シーンです。
天使のささやき_limeさん2
limeさんのイラストをイメージにSSを書いてみました。「ダイヤモンド・ダスト」
イラストをクリックすると記事に飛びます。よろしければご覧くださいネ!
スカイさんシスカイメージ
スカイさんのシスカイメージ
シスカ・イメージ高橋月子さん作
シスカ・イメージ 高橋月子さん作
シスカ・イメージlimeさん作
シスカ・イメージ limeさん作 コトリ・イメージユズキさん作
コトリ(コンステレーションにて)ユズキさん作
リンク
ブロとも申請フォーム

Archive RSS Login