Debris circus

Debris circus

頭の中に散らばっていた破片(debris)を改めて文章に書き起こし、オリジナルブログ小説としてサーカスの舞台に上げていきます。読みにくいものもありますが、お暇な時にパラパラとめくる感じででも読んでいただけたら嬉しいです……

 

サカサマのパテマ

サカサマのパテマ

『サカサマのパテマ』予告編


 とても驚きました。
 その発想の奇抜さにです。豊かさにです。
 ほんと、ビックリです。
 キャッチコピーが「手を離したら、彼女は空に落ちていく」ですからね。
「イブの時間・劇場版」の吉浦康裕監督なのだそうですがユニークな方です。
反重力を手にした(?)人類がその力の暴走に翻弄される。実に面白いお話しでした。
 重力の向きが全く逆の世界にすむ2人「エイジ」と「パテマ」、2人の出会いはとても新鮮です。
 パテマはエイジの世界では天井に逆さまにぶら下がっています。そして空を異様に恐れるのです。それはなぜか?それはカメラがパテマ世界に合わせて180°向きを変えた時に分ります。空が、何も無い空間が真下に拡がった時、それがどんなに恐ろしいかを思い知るのです。
 エイジももパテマの世界へ入り込んで始めて相手が抱いていた恐怖を共有するのです。
 エイジの世界でパテマが移動するにはエイジの世界の天井や何かの裏側を伝って歩くか(そうでないと空に落ちてしまいます)或いはエイジにつかまって、空に向かってぶら下がる形で移動するしか無いんですから。少しだけエイジの方が重いので、かろうじてエイジの世界の地表に留まることができます。
 でもこの状態でエイジがジャンプすると体重がほとんど無いので、軽く数メートルは飛び上がれます。それにパテマがパテマの世界の物質(たとえばパテマのリュックサックなど)を身に付けていると今度はエイジまで空に落ちていく(浮かび上がる)のです。つまりパテマを含めパテマの世界の物質はエイジの世界から見ると反重力物質になるんですね。パテマの世界から見るとその逆になります。(サキは実際とは少し違った動きをしている部分も有るのではないかと疑問を持っていますが、ここはフィクションの世界ですからやむを得ないでしょう)
 この2つの世界はほとんど接触せずに存在していたのですが、2人の出会いがきっかけで良くない意味での接触を始めるのです。
 2人はそれを良い方向へ持っていこうと奔走するわけですが、サキは2人がお互いにつかまってお互いの重力を相殺しているシーンが好きです。ぶら下がっている方は恐怖もあるんでしょう、相手にしっかりと抱きついています。つかまられる方も相手の恐怖を知っていますからしっかりと捕まえています。ギュ~ッという感じですね。
 これ偶然なんでしょうけど凄く素敵な設定です。

『サカサマのパテマ』 主題歌「Patema Inverse」


 パテマがエイジの世界の食べ物を食べて気持ち悪がったり(多分胃の中で上に張り付いている)細かいところまで考えられていて、観ていてとても楽しかったです。
 本当にサキのよけいなお世話ですが、この2人が結婚したりしても子供は生まれるのかな?もし生まれたなら生まれる子供ってどうなるの?
 サキはこんなつまらないことばかり考えています。
だからストーリーがなかなか進まないんですね。

 2人は「真逆の世界」の驚くべき謎を解いていきますがそれはここでは書きません。というか書いてはいけません。

 また何か面白い物を観たら報告します。では……。

関連記事
スポンサーサイト

 
 

Comments

 
こんばんは。

サカサマのパテマですか。
予告編見て気になっていたのですが、結局見ないままでした。
ボーイ・ミーツ・ガールで、でも、やはり何かしらのトラブルはあるのですね。
単純な出会いの物語じゃ映画になりませんものね。

でも、こういう設定をきちんと生かさなきゃいけない物語って難しいですよね。
どこまで厳密にやるか、とか、物語だから、で済ませるか。

さて、近いうちに借りてみてみようかな。
面白そうな映画を思い出させてくれてありがとうございます!
これは、これは 
こんばんは。

面白そうな作品ですね。パテマとエイジの「重さ」が相殺される、というのは意外性のある設定です。実際にそんなことないだろ、とかいうヤボな突っ込みはもちろんしません。
「イヴの時間」の監督さんですか。ボーイ・ミーツ・ガールの物語みたいですが、あの監督さんなら、一ひねりも二ひねりもしてあるんでしょうね。ハッピーエンドになるのかすら、怪しいですね。
これはDVDをチェックしておかないと。
面白そうな作品を紹介してくださって、ありがとうございました。
栗栖紗那さん 
結構面白かった……というより驚きました。
発想が面白いですよね。こういう設定、思ってもみませんでしたから。
そしてボーイ・ミーツ・ガールですか?サキはこういうの大好きですからね。
設定はなかなか複雑で、考察も面白くて観ていて楽しかったです。
SFとしても優れものかもしれないです。

観てみようかなと思っていただけたら記事を書いた甲斐がありました。
コメントありがとうございました。
TOM-Fさん 
あれ?TOM-Fさん、まだご覧になってませんでしたか?
きっと観ておられるだろうなと思ってましたので、ちょっと驚いてます。
この発想!凄いですね。とても感心してしまいます。
それに、サキは2人がしっかりと抱き合っている(もちろん一方が逆さまで)絵を見て一発で気に入ってしまいました。
ボーイ・ミーツ・ガールの物語ですし、とても楽しみましたヨ。こういうの好きですからね。
細かい設定や小さなエピソードなどとても興味深いです。
パテマが口にした食べ物が口からこぼれて上に落ちるシーンなんか、思わずオオって思ってしまいます。
一ひねりも二ひねりもしてありますからよろしければご覧ください。
SFとしてもちゃんとできてますよ。

コメントありがとうございました。
わあ 
これは面白い発想ですね。
これこそファンタジー。180度の発想の転換(笑)
どういう結末に行くのか、とても知りたくなります。
異世界ものというとちょっともうマンネリ感がありますが、まだまだこういう新鮮な物語が生まれる余地があるのがうれしいですね。
絵もとてもかわいらしいし。
楽しいアニメの紹介、ありがとうございました。
limeさん 
なかなか面白いですよ。
この2人の性格も結構違っていてみていて楽しいです。
サキはパテマの性格が前向きでとても好きです。
でも悪役は嫌いです。(やっぱり出てくるんですよ)
結末は……ウズウズしていますが言えませんよ。

オープニングからなんだこれ?という感じで上手く引き込まれます。
こういう突飛な発想の物語、書いてみたいですね。
確かに絵も可愛らしいですし。書き込みすぎず上手く処理されていると思います。
また何か気に入った作品があれば記事にしてみようかな?

こちらこそコメントをいただきありがとうございました。

 
<- 05 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール
こんにちは!サーカスへようこそ! 二人の左紀、サキと先が共同でブログを作っています。
ようこそ!


頂き物のイラスト

アスタリスクのパイロット、アルマク。キルケさんに書いていただいたイラストです。
ラグランジア
左からシスカ、サヤカ(コトリ)、サエ。ユズキさんにイラストを描いていただきました~。掌編「1006(ラグランジア)」の1シーンです。
天使のささやき_limeさん2
limeさんのイラストをイメージにSSを書いてみました。「ダイヤモンド・ダスト」
イラストをクリックすると記事に飛びます。よろしければご覧くださいネ!
スカイさんシスカイメージ
スカイさんのシスカイメージ
シスカ・イメージ高橋月子さん作
シスカ・イメージ 高橋月子さん作
シスカ・イメージlimeさん作
シスカ・イメージ limeさん作 コトリ・イメージユズキさん作
コトリ(コンステレーションにて)ユズキさん作
リンク
ブロとも申請フォーム

Archive RSS Login