Debris circus

Debris circus

頭の中に散らばっていた破片(debris)を改めて文章に書き起こし、オリジナルブログ小説としてサーカスの舞台に上げていきます。読みにくいものもありますが、お暇な時にパラパラとめくる感じででも読んでいただけたら嬉しいです……

 

氷風のクルッカ(雪の妖精と白い死神)

分っていたんですけど、ストーリーの展開から充分に予想できていたんですけど、その瞬間に鳩尾がジーンと痺れてしまいました。
これは、反則です。
「あれ?」……と、彼女が死を迎えるシーンのあっけなさ、彼女のあどけなさ、そして終わったらお終いの容赦なさ、にです。
「えっ?えっ?えっ?」暗転する彼女の視野に、こんなに簡単なんだ。とサキは慄きます。
こういう生き方しかできないと自分でも言っていたし、こういう結末になることも充分に覚悟していた様なのですが、彼女はあまりにも若い。
自分がこういう立場に置かれたら、彼女のようにはとても生きれなかっただろうなどと考えてしまって、胸が詰まってしまいます。
これはまた暫く立ち直れないんじゃないか、少し心配しています。
それでは困るので、ここに文章化して整理しておきたくなりました。

あきらかにスカンジナビアとソ連を念頭に置いた1940年前後の仮想世界で展開する、軽快な戦場もののお話しです。面白おかしく(ただしバタバタ人が死んでいきます)読んでいけるのですが、これなら大丈夫と思って読んでいたのですが、やはりこの部分はショックでした。
最後は大団円とも言える結末なのですが、あなたたちこれで大丈夫なの?よく平気でいられるね!と思ってしまって、少し納得できません。
でも、現代ではないのですし、この暗い時代、これぐらいで精神を病んでいたら生きていけないということなんでしょうか?大変な時代です。
主人公、登場人物、彼や彼女らの人間関係、舞台設定、充分に楽しめる展開そして結末なのですが後を引きます。
軽い娯楽作品のつもりで読んだのですが、この部分はショックでした。
たぶんサキが敏感すぎるのでしょう。
この鳩尾がジーンとする状態、暫く続きそうです。
早く脱出しなければ……。

氷風のクルッカ(雪の妖精と白い死神)
柳内たくみ 著
アルファポリス文庫
関連記事
スポンサーサイト

 
 

Comments


 
<- 05 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール
こんにちは!サーカスへようこそ! 二人の左紀、サキと先が共同でブログを作っています。
ようこそ!


頂き物のイラスト

アスタリスクのパイロット、アルマク。キルケさんに書いていただいたイラストです。
ラグランジア
左からシスカ、サヤカ(コトリ)、サエ。ユズキさんにイラストを描いていただきました~。掌編「1006(ラグランジア)」の1シーンです。
天使のささやき_limeさん2
limeさんのイラストをイメージにSSを書いてみました。「ダイヤモンド・ダスト」
イラストをクリックすると記事に飛びます。よろしければご覧くださいネ!
スカイさんシスカイメージ
スカイさんのシスカイメージ
シスカ・イメージ高橋月子さん作
シスカ・イメージ 高橋月子さん作
シスカ・イメージlimeさん作
シスカ・イメージ limeさん作 コトリ・イメージユズキさん作
コトリ(コンステレーションにて)ユズキさん作
リンク
ブロとも申請フォーム

Archive RSS Login