Debris circus

Debris circus

頭の中に散らばっていた破片(debris)を改めて文章に書き起こし、オリジナルブログ小説としてサーカスの舞台に上げていきます。読みにくいものもありますが、お暇な時にパラパラとめくる感じででも読んでいただけたら嬉しいです……

 

「読書の記録」です。

 睡眠時間を少し削って読んでしまいましたので感想を。

スワロウテイル/幼形成熟の終わり (ハヤカワ文庫JA) [新書]
籘真 千歳 (著)

スワロウテイル2
 これ「スワロウテイル人工少女販売処」の続編です。
 書き出しから「あれ?前作の続きなんだよね?」という確認を求めてしまう展開に驚かされます。山西の想像していた展開と全く違っていました。発想も前作同様奇抜で面白いです。特異な設定や考え方の説明に費やされる文章量は結構多くて、前作よりも読み切るのに根性が必要でしたが、何とかなりました。作者の設定や考え方に違和感を感じる部分も多いのですが、なんで読めてしまうのかよく解りません。多分作者の作りだしたこの仮想世界が、一応矛盾なく成立しているからなのじゃないかなと推測しています。きちんと構成されている仮想世界は説明に多くの文章を要してもきちんと読めば納得出来ます。納得を繰り返しながら読み進んでいけるので、多いなぁと感じながらも途中であきらめることなく読み切れるのじゃないかと感じています。この構成力?説得力?はすごいです。
 なぜこんな展開なのか、ヒロインはどうなっているのか、「ははあ、こうなんだな」と推測を立てるのですが、すぐに作者につぶされてしまって展開が読めません。世界の存続を左右するようなテーマをもって話は展開し、登場人物は出番を交代しながらそれぞれの役割を演じていきます。
 山西は大きな展開を読み込みながら、小さな成り行きを見守ってハラハラと読み進めるという展開になりました。硬い内容の合間に冗談のようなやり取りもあり、思わず笑ってしまいます。でもリアルにこういうこともあり得るんだろうなと思います。最後少し悲しい展開になりますが登場人物の性格から本人的には何の問題も無いのでしょう。山西このキャラは大好きですので、すこしジーンとしてしまいなす。
 前作はグロテスクなシーン、節度あるもので限界を超えません。と書きましたが本作はちょっと限界を超えるかも……。結構グロいです。今回作者もはじけたのかもしれません。
 エピローグはここまで読んできた読者のためのご褒美のような展開です。納得する部分と物足りない部分が混じって結局良い読後感になりました。すべてを丸く治めたハッピーエンドというのは甘々になってしまい、まあ成立しないんでしょうね。

“ボク”と“私”の関係、まるで「シスカ」のようです。設定の部分でもなんと「シスカ」で使う予定のものと同じような設定をされている部分もあり唖然としています。もちろん、本作の方が発表が先ですのでここからパクッたみたいな感じになってしまいちょっと悔しいですね。

 面白くて一気読みでした(といっても時間を区切って読んでいますので3日かかっていますが)。
 そしていろいろと楽しめました。好き嫌いがありそうですがとても不思議な作風です。
関連記事
スポンサーサイト

 
 

Comments

面白そうですね! 

山西さんはSF(?)やファンタジー(?)がお好きなんですか?
すみません、あまりそのジャンルを読んだことがないのでSFとファンタジーの違いもあまりよく分かってないのですが…… ><

でも機会がなかっただけで、興味はあるんです。
この本、読んでみようかなぁ~……♪
紗綾さん 
コメントありがとうございます。

そうですね。どちらも好きですね。
でも、どちらかを選べといわれたらSFという選択になるんでしょうか。

山西は面白いと思って読んでいますが、何事も好き嫌いはあると思います。
まずは立ち読みからでいかがですか?山西も立ち読みして面白そうだったので買ってきました。amazonでさわりだけ読めたかも……

 
 

Trackbacks

 睡眠時間を少し削って読んでしまいましたので感想を。スワロウテイル/幼形成熟の終わり (ハヤカワ文庫JA) [新書] 籘真 千歳 (著)  これ「スワロウテイル人工少女販売処」の続編です
 
<- 09 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
こんにちは!サーカスへようこそ! 二人の左紀、サキと先が共同でブログを作っています。
ようこそ!


頂き物のイラスト

アスタリスクのパイロット、アルマク。キルケさんに書いていただいたイラストです。
ラグランジア
左からシスカ、サヤカ(コトリ)、サエ。ユズキさんにイラストを描いていただきました~。掌編「1006(ラグランジア)」の1シーンです。
天使のささやき_limeさん2
limeさんのイラストをイメージにSSを書いてみました。「ダイヤモンド・ダスト」
イラストをクリックすると記事に飛びます。よろしければご覧くださいネ!
スカイさんシスカイメージ
スカイさんのシスカイメージ
シスカ・イメージ高橋月子さん作
シスカ・イメージ 高橋月子さん作
シスカ・イメージlimeさん作
シスカ・イメージ limeさん作 コトリ・イメージユズキさん作
コトリ(コンステレーションにて)ユズキさん作
リンク
ブロとも申請フォーム

Archive RSS Login