fc2ブログ
Debris circus

Debris circus

頭の中に散らばっていた破片(debris)を改めて文章に書き起こし、オリジナルブログ小説としてサーカスの舞台に上げていきます。読みにくいものもありますが、お暇な時にパラパラとめくる感じででも読んでいただけたら嬉しいです……

 

モンサオ(monção)

この作品は、毎年恒例の八少女夕さんの企画「scriviamo! 2023」への参加作品です。

scriviamo!


モンサオ(monção)

 僕は一瞬混乱の中に放り込まれた。
 やがて揺れ動く思考は抑え込まれ、ゆっくりと感覚が戻ってくる。
 緩やかな揺れ、継続するノイズはジェットエンジンの音だ。そう、ここは旅客機のキャビンだ。 どうやらいつの間にか窓際の壁によりかかったまま眠ってしまったようだ。羽田を発って飛び続けること12時間、フランクフルトでトランジット、空港内の免税店やロビーで数時間待たされた後ポルト行きに乗り換えて・・・。
 腕時計に目をやると23時、時間的に考えて飛行機はポルトガルの、しかもポルト付近を飛んでいるはずだ。窓の外には闇が広がっている。
 飛行機はだいぶ高度を下げているようだ。窓ガラスに頭を寄せて下界を見下ろすと、真っ黒な背景(もちろんそれはイヴェリアの大地だ)の上に点々と灯りが見える。その一つ一つはそれぞれが人の営みを表した窓明かりや街灯で、その集まりは集落だ。冬の空気は濁りが少なく、それが幾つも幾つもクッキリと浮かび上がっている。
 だが、何度も見下ろしたことのあるはずのその光景は、僕が見慣れたものとは大きく違っている。
 日本で同じような光景を目にする場合、それは真っ暗な大地の上にそれこそ宝石箱をぶちまけたように赤・青・緑・黄・白などあらゆる色が混在し、しかもそれは瞬いたりきらめいたりもする。
 だが、今目の前にあるのは全く異なった光景だ。すべての灯りはほぼ黄色に統一され、しかもそれは瞬きもせず、きらめきもせず、飛行機の移動に合わせて静かに後方に流れてゆく。 
 僕は食い入るようにその光景を見つめていた。
「綺麗だね・・・」窓から2列目、僕の隣に座っていた女性がつぶやいた。日本語だったから僕に声をかけたのは明らかだ。
 ゆったりとしたベージュのロングニットにストレートのデニムパンツ、首元からは細かい柄のシンプルなシャツの襟が覗いている。黒い髪は肩にかかるくらいでフワリとカットされ、クリッとした大きな目、黒い瞳、ちょっと上を向いた小さな鼻、凜々しい口元はそれぞれに主張が強すぎるきらいはあるが、なかなか魅力的だ。アラフォー前半、たしか僕と同じはずだ。
 彼女とは羽田からフランクフルト、そしてポルトまでの乗継便とずっと同じ便だった。フランクフルトまでは席も近かったし、トランジットでも一緒だった。おまけにこの便では隣席だったから、もうほぼ一日一緒に行動しているようなものだ。これまで会話を交わす機会は無かったものの、トランジットのトラブルで強いられた重いスーツケースを引いての苦行(冬のスーツケースは特に重い)は連帯感を生み、お互いに黙礼程度は交し合うようになっていた。
 だが、僕は彼女が誰かを知っていた。

 彼女はミク・エストレーラ、プロのオペラ歌手だ。日本での知名度はそれほど高くはないが、その実力は僕らコアなオペラファンの間では話題になり始めている。当然僕は彼女の写真や動画(やはり歌声は魅力的だった)を目にしたことがあったから、羽田のロビーで見かけたときもすぐに彼女だと気が付いた。一応迷惑だと思って声はかけなかったのだが、まさかここで話しかけられるとは・・・。僕はドキドキしながら返事を返した。
「そうですね。灯りの色なんか、日本とはだいぶ違いますね」
「ここへ始めて来たときからずっと不思議に思っていたの・・・」
「ずっと?」
「そう、ずっと。どうしてなのかなって?日本人より瞳の色が薄いから?とか、文化の違い?とか、規制されているから?とか、いろいろ考えたんだけど、今でもどうしてかは知らないの。調べなかったの、20年も経つのに・・・」彼女は笑顔をこちらに向けた。動画や写真ではいつも生真面目な顔を見せていたから、笑顔を見たのはこれが初めてのはずだ。だが、その笑顔は僕の深層意識に働きかける微妙な何かを持っていた。
「20年?」
「そう、まだ高校生だった頃・・・」彼女は僕の頭越しに窓の外の光景を眺めた。
「高校生の頃、ここへ?」
「ええ」
「観光でですか?」
「ううん」彼女は小さく首を振った。「日本を離れてここポルトに移住したの。始めて来たときはどんな町なのかなぁって凄く不安だった。1人で飛行機を乗り継いで・・・今と同じように夜中に着いたの。ふと目覚めてこの光景を見下ろして凄く不思議に思ったんだけど、灯りの1つ1つに人間味を感じて不安は少しずつやわらいだわ・・・」
 ミク、高校生?ポルト?その言葉はずっと過去に埋もれていた僕の記憶を呼び覚ました。

 高校の修学旅行の時だ。最終行程の飛行機は機材のやりくりで出発が遅れ、窓の外はすでに夕闇を通り越し夜が始まろうとしていた。
 窓際に座った彼女は誰とも打ち解けず、ずっと窓から下を覗いていた。その隣の席で僕は居心地の悪さを感じながら、そっと彼女の様子を観察していた。彼女の頭越しに風景が目に入る。着陸前、飛行機は大都市の上空を低空で通過していて、窓の外には黒いテーブルにあらゆる色の宝石をばら撒いたような光景が広がっていた。
 宝石は前の方から新しいものが次々と現れ、飛行機の移動に合わせて静かに後方に流れてゆく。
「綺麗だね・・・」僕は誰にともなくつぶやいた。
 彼女は驚いたように顔を上げた。本当に驚いたのだろう、彼女の口はポカリと開いてしまっている。そりゃそうだろう。今までこのクラスで彼女に話しかける奴など皆無だったのだから。旅先の首里城でも今帰仁城跡(なきじんじょうあと)でも彼女はずっと1人だった。僕は沖縄独特の建造物に興味があったから、ダベリ中心の友人達とは離れ1人で城内を巡ったのだが、クラスメイトと連(つる)まず1人で行動する彼女の姿は目を惹いた。紅白に彩られた御庭(うなー)や城壁の上で1人佇む彼女はとても印象的だった。
 学年の始めに転校してきた僕には詳しい事情はわからなかったが、クラスの中で彼女は完全に浮いていた。家族関係の良くない噂が原因のようだったが、長いツインテールの髪や、キュートな顔立ちなど、彼女の目立つ容姿がそれをさらに悪い方向に向かわせた。それに彼女は他人におもねるような態度を取ることも、自分が置かれた立場によって態度を変えることも無かったから、彼女のクラス内での立場はいっそう孤立化していた。
 僕は途中加入の傍観者としてそれには係わらないようにしていたが、そのやり方には理不尽さを感じていた。それが僕にこの行動を取らせたのかもしれない。その時は飛行機を降りるまでの間、誰にも気付かれないように会話を交わし、その後半彼女は僕に笑顔を見せた。これが何かのきっかけになるかも・・・と微かに期待を抱いたのだが、間もなく彼女は転校し、それっきりになってしまった。担任に詳しいことを訊いても個人情報の壁は厚く、ポルトガルのポルトという町の親戚のところへ行ったらしいというところまでしかわからなかった。

 彼女だ。きっとそうだ。そう思って見ると顔に面影があるし、ミクという名前も同じだ。それにこのシチュエーションで話しかけてくるなんて、彼女も僕に気付いているとしか考えられない。まさかまさかだ。あのミク・エストレーラが彼女だったなんて。
 その時機体が左右に揺れた。窓に目をやるとさっきよりもずっと早く窓の外を光が流れ去る。着陸だ。ドドンッ!メインギア(着陸用車輪)が、続けてズン!フロントギアが滑走路を捉える。リバースがかかり急激に減速する。そのまま機体は誘導路に入り到着のアナウンスが流れ始める。彼女はもう僕から目を外して降りる用意を始めている。やがて機体はゆっくりとスポットに停止した。乗客達は慌ただしく立ち上がりオーバーヘッドビンを開けて荷物を取り出し始めた。ドアが開く。乗客が前方へ流れ始め、彼女も荷物を持って通路に出た。ニッコリと頬笑んで右手を振り、小さく頭を下げてからドアへ向かって流れてゆく。僕は戸惑いながら頬笑みを返した後、慌てて降りる用意を始めた。

 僕はバゲッジクレームで荷物が流れてくるのを待ちながら無意識に彼女を捜していた。我ながら未練たらしいとは思ったのだが、このままではあまりに消化不良だった。
 ようやく彼女の黒い髪を見つけたとき、すでに彼女はスーツケースを受け取り。出口の方へ向かって歩き始めていた。丁度その時目の前に僕のスーツケースが流れてきた。大慌てでそれを受け取り彼女の後を追う。出口のゲートをくぐると少し先を彼女がゆっくりと歩いている。右手を挙げた。「ジョゼ!」彼女の視線の先には若い男がいる。ジョゼと呼ばれた若い男はにこやかに近寄り、彼女をしっかりと抱きしめた。続けて頬を寄せる。
 僕は妙に安心した気持ちになって(もちろんガッカリもした)、2人の傍を通り過ぎた。
 2人は抱擁を続けていた。

 おしまい

 2023.02.04
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 自作小説    ジャンル : 小説・文学
 
 

ドットビズ  隣の天使

この作品は、毎年恒例の八少女夕さんの企画「scriviamo! 2023」への参加作品です。

scriviamo!


ドットビズ  隣の天使

 繁華街・・・から少し離れた下町の、さらにその裏通りにある小さな画廊の、接客用の見かけだけは豪華なソファーに、一人の男が座っていた。
 いくら場末の画廊とはいえ、そこにふさわしい恰好とはとても言えたものではない。ダウンジャケットにブルージーンズ、茶色のスニーカー、どれも体に馴染んではいるが相当にくたびれた代物だ。
「ほらよ!ベージン」向かいに座ったオーナーが男に封筒を手渡した。
 ベージンと呼ばれた男は不信顔でそれを受け取り、その場で中身が少なくない現金であることを確認した。「どういうことだ?」
「売れたんや。世の中には物好きもいるもんやな」オーナーはベージンの肩をポンと叩きながら言った。
「あの絵がか?」ベージンは念のために確認する。
「売れた言うたらあの絵に決まっとるがな。儂とお前の仲やし、儂も面白いと思うたから隅っこに置かせとったんやが、あっけなく買い手が見つかってな。もう少し値ぇを高こう付けといてもよかったかな思うとるぐらいや」
「驚いたな。あの絵がこんな値段で・・・」丁寧に札を数えながらベージンは言った。
「もちろん仲介料と諸費用は引かせてもろうとるが、それがお前の取り分や」
「そうか」ベージンはこみあげてくる笑いを堪えた。
「なぁ、サインには.Bizとあるけど作者は誰や。頭のドットいうのがミソやな。とにかく儂にそのドットビズとやらを紹介せぇ」
「いやなこった。直接取引されてたまるもんか。オレがきっちりエージェントを勤めさせてもらうさ」
「がめついやっちゃ。せやけどちゃんと作者に利益は還元せぇよ。お前のこっちゃ。競馬やパチンコにつぎ込んだらあかんで」
「ちゃんとやるさ」ベージンはニヤリと笑った。
「ほんまかいな?」オーナーは疑りの目を向けた。これまでにこの男がちゃんとやったためしはない。浮いた金があれば湯水のごとく博打に注ぎ込んでしまうのだ。
「まぁええわ。その作家の他の作品があるんやったら悪いようにはせん。儂のところに持ち込んでくれ。もっと大きいサイズがあったらなおええんやが」オーナーの商魂は良心よりもずっとたくましい。
「大きいサイズ?聞いておくよ」ベージンは意気揚々と画廊を後にした。

 電車はまるで減速を強いられるのが不満であるかのようにブレーキを軋ませながら停車した。
 そこは都心にあるターミナル駅のすぐ手前に付け足すように設けられ、そのまま繁栄の女神に忘れられてしまったような不憫な駅だった。切れかけの蛍光灯に照らされた薄暗い地下ホームは電車4両分の長さしかなく、8両編成の「特急」や「急行」はおろか、6両編成の「普通電車」も通過する。かろうじて残された4両編成の「各駅停車」だけが1時間に1本か2本停車するだけだ。
 膨らんだショルダーバッグを肩にかけ、両手に重そうにエコバッグを下げたベージンはコンクリートがむき出しの薄暗い階段を上り、かろうじてICカード読み取り機が置かれた有人の改札を抜けた。どうやら鉄道会社は自動改札機を設置する気もないようだ。
 駅は大きな公園の最寄りなのだが、ターミナルとは僅かしか離れていないため、わざわざこの駅を使う人は少ない。ベージンは公園とは反対側に向かい、下町情緒たっぷりの住宅街へ出た。
 住宅街は台地の上に広がっている。そこには雑多な古い建物か不規則に詰め込まれ、建物と建物の隙間には入り組んだ細い路地が脈絡もなく入り込んでいる。何気なく立ち寄った人が何の知識もなくここに迷い込んだら脱出するのに難儀しそうだ。
 ベージンはそのうちのひとつの路地を選び、始めは道なりに、続いてさらに細い路地を右に左に折れながら進み、やがてひとつの古ぼけたアパートの前にたどり着いた。
 三階建てのそのアパートは鉄筋コンクリート構造だったが、いかにも古ぼけていて前時代的だった。玄関は単純にその役割を果たせばいいというだけの単純な作りで、そこから奥に続く階段もそれに準じた作りだ。ベージンはその玄関脇に設けられた郵便ポストにチラリと目をやり、赤木とプリントされた紙片が示されたポストになにも届いていないのを確認してから、ひび割れた階段を3階まで昇った。3階の廊下の一番奥、愛層のない鉄の扉が目的地だ。
 暗い廊下には古いアパート特有の匂いがする。様々な人間の長期にわたる生活が生み出す混然とした匂いだ。長く住んでいればそういう匂いにも慣れてしまのだろうが、ここを住処にしていない者にはいつまでも心休まる匂いになることはない。ベージンは足早に廊下を進み、ポケットから鍵を取り出すと鍵を開けた。
 部屋の中は静まり返っていたが、玄関に置かれた薄汚れたズック靴が住人の在宅を告げている。ベージンはズック靴の隣に靴を脱ぎ捨て、暗い廊下を奥へと進む。突き当りは一応のリビングだったが、そこを覗き込みながら中に向かって声をかけた。「ビズ!いるんだろ?」
 カーテンが閉じられた6畳ほどの小さなリビングは雑多な物であふれていて、奥には大きな机が窓に向かって置かれている。デスクライトに照らされた机ではこの部屋の住人が作業に夢中になっていて、まるまった背中をこちらに向けている。こちらを振り返る様子はない。
「ビズッ!!!」ベージンはさらに大きな声で呼びかけた。
 部屋の住人は肩をビクリと震わせてからようやくこちらに顔を向けた。
「なんだ。ベージンかぁ。脅かさないでよぉ」けだるい雰囲気で答えたのは赤木ビズ。この部屋の住人だ。肩の位置でカットされたフワリとした黒い髪を制作の邪魔にならないように後ろで短く纏め、様々な絵の具で汚れた濃いグレーの作業服を着ている。少しこけた頬にはピンクとグリーンの絵具が、遠慮がちに上を向いた鼻にはブルーの絵の具がこすれた後を残している。どうせ徹夜を続けたのだろう。猫のようにクルリとした大きな黒い瞳は眠そうによどみ、いつもなら引き結ぶように閉じられている小さめの口は少し開いて白い歯が覗いている。
「どうせ食べてないんだろ。食料の配給だ」ベージンは下げていたバッグを下ろし、中から品物を取り出した。まずビズが簡単に調理できる各種インスタント食品、牛乳やオレンジジュース、そしてベージンが調理するのを前提とした様々な野菜と果物、魚と肉、豆腐、チーズ、卵パック、ドレッシングや調味料、最後に一番底から冷えた缶ビールの6缶パック。
「うわ~!ありがとう」ビズは礼を言い、さっそく6缶パックから1缶を取り出し、「合格!冷え冷えだ」と、嬉しそうにプルタブを開け豪快に飲み干した。
「ここに入れておくぞ」ベージンは買い物を棚と冷蔵庫に分類して収納する。
「今度はいつまで居られるの?」ビズが背中から声をかける。
「1週間くらいかな?」冷蔵庫を覗き込んだままベージンが答える。
「そのあとは?」
「また出かけなくちゃならない」
「長い?」ビズは首を小さく傾げながら質問を続ける。
「さあなぁ・・・風の吹くまま気の向くままってとこだな」
「旅から旅への旅ガラス?」
「そうってことよ・・・」ベージンはおどけた調子で言うと思いついたように続けた。「それから頼まれていた写真。このメモリーに入れておいたから」と、SDカードを取り出した。
「ありがとう」再び礼を言ってビズはメモリーを受け取り、部屋の隅に埋もれていたパソコンを掘り出し、起動して接続する。
 ビズの作品は写真をキャンバスに見立て、その上にアクリル絵の具で自分のイメージを描くものだ。写真はモノクロでもカラーでもその時の気分によって選択され、それをプリントしたものの上に彼女が抱いたイメージが大胆に描き込まれた。写真は風景写真であることが多く、たまに静物写真が選ばれることもあった。描かれるのはベースとなった写真に写された空のイメージであったり、海のイメージであったり、時には写真とは全く関係のないモチーフであったりした。
 始め写真は自分で撮影したものを使っていたが、途中からベージンが撮りためた写真から選んで使うようになった。選ばれると嬉しいもので、ベージンも作品として使われることを目標に様々な写真を撮影するようになった。今日もそのようにして撮影した作品を持参してきたのだ。
「う~ん」ビズは写真のコピーを済ませるとファイルをサムネールで開き、「これとこれを使おうかな・・・」イメージに会うものを選び出す。
「なんならそれをこれまでより大きなサイズで印刷してきてやろうか?たとえばB0とかB1とか・・・」ベージンはビズの隣に腰かけ、何気ない風を装い提案する。
「それだとかなり大きくなるよね。うん、B2サイズぐらいなら・・・そういうのもやってみたいかも」ビズが視線を上げた。
「そうか!」ベージンは笑顔になった。「ファイル番号を確認させてくれ。印刷してきてやるよ」
 ベージンが笑顔になるとビズはやはり嬉しいようで「OK!頑張っちゃおうかな?」と、彼の肩に頭をのせる。
「おい!頭」ベージンはビズの肩に腕を回したところで動きを止めた。
「なに?」ビズはベージンに顔を向ける。
「ちょっとくさいぞ。お前、何日風呂に入ってない?」
「え?そう?でもちゃんと金曜ロードショーで魔女宅を見た後で入ったからそんなには・・・」ビズは自分の二の腕のにおいを嗅ぐ。
「今日何曜日だと思ってるんだ?金曜日は5日も前だぞ!」そう言ってからベージンは一拍間を置き、そして続けた。「それに魔女宅って、たしか放送はその前の週だったはずだ」
「そうだったっけ?」ビズの返答はとぼけているわけではないようだ。
 ベージンは無言でビズの首根っこをつかむとユーティリティーに連れていき、シャワーの温度をセットするとそのまま浴室に放り込んだ。まもなくシャワーを浴びる音が聞こえ始める。
「頭もちゃんと洗うんだぞ」
「は~い」呑気な返事が帰ってくる。
 ベージンはそれを確認すると急いでリビングに戻り、部屋の隅の棚に納められたたくさんの作品の中から適当なものを2点選び出した。筆立ての中から白い絵具のついた細筆を取り出し、パレットに出された白い絵の具をつけた。そして2点の作品に手早く .Biz と描き込むと絵具がこすれないように慎重にショルダーバッグの中に入れた。

おしまい

2023.02.27

関連記事
テーマ : 自作小説    ジャンル : 小説・文学
 
<- 02 2023 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール
こんにちは!サーカスへようこそ! 二人の左紀、サキと先が共同でブログを作っています。

山西 左紀

Author:山西 左紀
「山西 左紀について知りたい方はこちら」
プロフィール画像について(“みまさか”さんに特別にお願いして使用許可をいただいた「ミクダヨーさん」です。)

ようこそ!


頂き物のイラスト

アスタリスクのパイロット、アルマク。キルケさんに書いていただいたイラストです。
ラグランジア
左からシスカ、サヤカ(コトリ)、サエ。ユズキさんにイラストを描いていただきました~。掌編「1006(ラグランジア)」の1シーンです。
天使のささやき_limeさん2
limeさんのイラストをイメージにSSを書いてみました。「ダイヤモンド・ダスト」
イラストをクリックすると記事に飛びます。よろしければご覧くださいネ!
スカイさんシスカイメージ
スカイさんのシスカイメージ
シスカ・イメージ高橋月子さん作
シスカ・イメージ 高橋月子さん作
シスカ・イメージlimeさん作
シスカ・イメージ limeさん作 コトリ・イメージユズキさん作
コトリ(コンステレーションにて)ユズキさん作
リンク
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Archive RSS Login