fc2ブログ
Debris circus

Debris circus

頭の中に散らばっていた破片(debris)を改めて文章に書き起こし、オリジナルブログ小説としてサーカスの舞台に上げていきます。読みにくいものもありますが、お暇な時にパラパラとめくる感じででも読んでいただけたら嬉しいです……

 

自己中エスの気まぐれスレッド(3)20pinコネクタを24pinコネクタに差し込んでみたら・・・

「来たよ~」コハクはリビングのドアを開けて中を覗き込んだ。
 エスは窓際のデスクに向かって何やら作業中だ。
 デスクの脇に置かれた彼女のメインパソコンのサイドカバーは開けられ、PCケース内からは複雑に絡み合ったケーブルが覗いている。机の上には何やら金属製のボックスが置かれ、そこからもPCケースにケーブルの束が伸び、机の上は混乱の様相だ。

300W電源_600W電源(混乱の様相)

 さらに床の上には別のPCがすでにカバーを剥がされて裸体を晒している。
「何やってるのよ」コハクは少しうんざりしながら声をかけた。
「あ、いらっしゃい」ようやくエスはコハクの方に笑顔を向けた。
「またパソコン?」
「う~ん・・・ウチのメインPC、そろそろ更新しようかなって・・・」
「買い換えるの?だったらこの混乱は何?」コハクにはなんとなく事情は理解できたが念のために質問した。
「買い換えるとは言ってないよ。更新、更新だよ。だからその準備中」
「というと?」
「今のメインPCはもう古いからね。たぶん10年以上使ってる」
「まぁまぁ使い込んだね。その点は感心だけど」
「今のメインPCのCPUは Core i7 3770S、IvyBridge で第3世代だから2012年の発売。それにこのCPUも Core i3 2125 からの換装だからね。この Core i3 は第2世代の SandyBridge で、2011年の発売だから、ほらぁ、もう10年は使ってることになるよ」エスは自慢げに主張する。

IvyBridge や SandyBridge はCPUマイクロアーキテクチャの開発コードネームです。若干の例外はありますが、それぞれの開発順で Core i シリーズ第何世代という呼び方をします。2023年1月現在、最新の Intel Core i シリーズ はコードネーム Raptor Lake で第13世代です。(ダイスケ)

「あなたの使い方で不都合はあるの?」コハクは努めて冷静に質問する。
「実は不都合はほとんど無いんだ」エスは少し舌を出した。
「でしょうね。エスは超重いゲームや動画の編集なんかをするわけでも無いもの」
「でも10年だよ。WINDOWS11はシステム要件を満たせなくてインストールできないし、WINDOWS10のサポート終了は迫ってくるし。もうやるっきゃない!ってか?」エスは少しおどけて見せた。
「サポート終了は確か2025年でしょ?言い訳だね。それは」コハクは冷たく言い放つ。
「そんなこと言わないでよ。10年だよ。10年も我慢したんだよ!コハクだって最新のシステムに興味湧いてこない?」
「それは否定しない。でもそういう場合はPCを買い換える」
「お金持ちと一緒にしないで。ウチはちゃんとバックアップPCのことまで考えて更新してるんだから」
「で、このありさまってわけ」コハクは呆れたようすで腰に手を当て、デスクの周りを見渡した。
「まあね。まず今回は今のメインPCを新しいバックアップPCにするための準備を始めてるんだ。これまでのバックアップPCは起動させるのがやっとで、もうずっと前に限界だからね」エスは床に置かれたクリーム色のPCケースをポンと叩く。
「さすがにこれは引退?」コハクはクリーム色のPCケースの中身を検証した。「マザーボードを引退させるとなると、CPUもメモリーも道連れだね。ハードディスクやDVDドライブはIDE接続だからもう使えないし、フロッピードライブも駄目か・・・」
「さんざ遊んで使い倒したからね。ちょっと寂しいけどしょうがないよ。でもこれのケースと電源は再利用できるかと思って今実験中」
「実験というと・・・?」
「横に置いてある電源がこれまでのバックアップPCの電源。300Wしかないんだけどこれだけあれば今のメインPCのシステムは動くと思うんだ。Core i7 3770S は省エネCPUだからね」

300W電源(これまでのバックアップPCの300W電源、かなり古い)

600W電源(今のメインPCの600W電源、だいぶ前の世代のもの)

「つまり、これまでのバックアップPCは引退。その電源とケースを再利用して、そこに今のメインPCのマザーボードとシステムドライブを移植して新しいバックアップPCにするってことね。そして空になった今のメインPCのケースと電源を使って、そこに最新のシステムを組み込もうってわけね」コハクは頭の中を整理する。
「さすがコハク!理解が早い。でもね、現段階での問題は今のメインPCのマザーボードに付いてる電源コネクタ、これは24ピンなんだけど・・・」

24 ピンATX 電源コネクタ2(今のメインPCのマザーボードに付いてる24ピン電源コネクタ)

「・・・古い300W電源の電源ケーブルコネクタは20ピンなんだ」

20 ピンATX 電源ケーブルコネクタ(300W電源の20ピン電源ケーブルコネクタ)

「大丈夫なの?」
「これを見てよ」エスはコネクタをコハクの方に向けた。

20_4 ピンATX 電源ケーブルコネクタ(20+4ピンATX電源ケーブルコネクタ)

「これは今のメインPCに付いている600W電源のケーブルコネクタ、20ピンと4ピンに分かれてるでしょ?」
「確かに」コハクは構造を確認する。
「これはね、マザーボードの電源コネクターが始めは20ピンで設計されて、後から24ピンに拡張されたからなんだ。だからこのコネクターは20ピンでも24ピンでもどちらでも対応できる仕様になっているらしいんだ」
「ふうん」
「だからこうやって」エスは古い300W電源の電源ケーブルコネクタ(20ピン)を現在のメインPCのマザーボードに付いている電源コネクター(24ピン)に差し込んだ。

24 ピンATX 電源コネクタin20ピンケーブル(24ピン電源コネクタに差し込まれた20ピンケーブル)

「4ピン余ってるね」コハクは不安げな声を出した。

コネクタはピン1 と13 側に合わせて接続すれば物理的には接続できます。(ダイスケ)

「それからこれ・・・」エスは今のメインPCのマザーボード上を指さした。

ATX 12V 電源コネクタ8ピン(補助電源コネクタ8ピン)

「・・・これはATX12Vコネクタ、マザーボードの補助電源コネクタなんだけど、これには今までこの600W電源のケーブルコネクタが差し込んであったんだ・・・」

ATX 12V 電源ケーブルコネクタ4ピン_4ピン(補助電源ケーブルコネクタ4+4ピン)

「・・・8ピンコネクタだからケーブルコネクタも8ピンなんだけど、これ、4ピンと4ピンに分かれているよね。そしてこれ」エスは古い300W電源の補助電源コネクタを見せた。

ATX 12V 電源ケーブルコネクタ4ピン(補助電源ケーブルコネクタ4ピン.)

「4ピンしかないよね。これも補助電源コネクターが始めは4ピンで設計されて、後から8ピンに拡張されたからなんだ。だからやっぱりこうやって・・・」エスは古い300W電源の補助電源ケーブルコネクタ(4ピン)を今のメインPCのマザーボードに付いている補助電源コネクター(8ピン)に差し込んだ。
「4ピン余ってるね」コハクは不安げな声を出した。

ATX 12V 電源コネクタ8ピンin4ピンケーブル(8ピン電源コネクタに差し込まれた4ピンケーブル)

コネクタはピン1 と5 側に合わせて接続すれば物理的には接続できます。(ダイスケ)

 再度接続を確認してから「さてっと」エスは古い300W電源のユニットスイッチをオンにした。
「大丈夫?」
「いけるでしょ!えい!!!」エスはメインPCのパワーをオンにした。
 CPUファンが回り始める。
「ピッ」やや間を置いて起動音が聞こえ、BIOS設定画面が表示され、やがてWINDOWS10が無事に起動した。

現在のPCシステムは膨大な電力を要求します。最新のCPUは高負荷時には400Wくらいは平気で消費しますし、グラフィックボードも能力の向上に合わせて電力消費量が上がっています。
それに応じてマザーボードの電源コネクタは20ピンから24ピンに拡張されましたが、それでも足らずに4ピンの補助電源コネクタが追加されました。その後も上昇は続き、対応のために4ピンを8ピンに拡張し、さらに現状では8ピンコネクタを2個搭載するマザーボードまで存在します。
拡張されたコネクタですから拡張される前のコネクタは挿すことができますし、電力が不足しなければそのままでも動作するはずなのですが、“相性”などという言葉が平気で使われる自作PCの世界です。“はず”ほど当てになら無いものはありません。
環境が許せば実際に確かめてみる。これが一番です。
さて、エスはどんなシステムを組むつもりなのでしょう。天邪鬼のエスのことですから使用環境に合わせるとは限りません。インテルかAMDか、CPUの選択だけでも悩ましいところでしょう。まぁ、楽しんでくれ。(ダイスケ)

「一服しな。コーヒーでも入れるよ」まだ作業を続けるエスを横目にコハクはキッチンへ向かった。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 自作小説    ジャンル : 小説・文学
 
<- 01 2023 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
こんにちは!サーカスへようこそ! 二人の左紀、サキと先が共同でブログを作っています。

山西 左紀

Author:山西 左紀
「山西 左紀について知りたい方はこちら」
プロフィール画像について(“みまさか”さんに特別にお願いして使用許可をいただいた「ミクダヨーさん」です。)

ようこそ!


頂き物のイラスト

アスタリスクのパイロット、アルマク。キルケさんに書いていただいたイラストです。
ラグランジア
左からシスカ、サヤカ(コトリ)、サエ。ユズキさんにイラストを描いていただきました~。掌編「1006(ラグランジア)」の1シーンです。
天使のささやき_limeさん2
limeさんのイラストをイメージにSSを書いてみました。「ダイヤモンド・ダスト」
イラストをクリックすると記事に飛びます。よろしければご覧くださいネ!
スカイさんシスカイメージ
スカイさんのシスカイメージ
シスカ・イメージ高橋月子さん作
シスカ・イメージ 高橋月子さん作
シスカ・イメージlimeさん作
シスカ・イメージ limeさん作 コトリ・イメージユズキさん作
コトリ(コンステレーションにて)ユズキさん作
リンク
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Archive RSS Login