FC2ブログ
Debris circus

Debris circus

頭の中に散らばっていた破片(debris)を改めて文章に書き起こし、オリジナルブログ小説としてサーカスの舞台に上げていきます。読みにくいものもありますが、お暇な時にパラパラとめくる感じででも読んでいただけたら嬉しいです……

 

40000HITが迫っています。

 皆さん、お気づきですか?
「DebrisCircus」に40000HITが迫ってきています。
「DebrisCircus」は更新回数の少ない、そしてたまに更新しても訳のわからない記事や独りよがりの小説ばかりをUPする適当ブログなのですが、それでも仲良くしてくださっているブロ友さんや、時々覗きに来てくださる方や、通りすがりに覗いてくださる方のお陰でゆっくりとですがHITカウントを上げ、超スローペースながらも40000HITに辿り着こうとしています。
 このままスルーする事も考えたのですが、ここでスルーしてしまうと次の50000HITなんて、いつのことかわからないくらい先になりそうです。
 最近滞りがちになっている創作活動に活を入れておくためにも、ここでちょっくらイベントを打っておこうかなぁと思った次第です。

 さて、イベントの内容ですが、何か画期的な新しいことをやるぞ!というわけではなく。いつものようにリクエストを承ってそれに答える掌編を書く、という形で進めようと思っています。つまんないかなぁ・・・とは思ったのですが他に思いつきませんでした。
 カウンターが40000HITを表示した瞬間から(40000HITを踏む必要はありません。それ以上を踏んでいればOKです)リクエストの募集を始めます。40000HITですから一応先着4名様までとしますが、応募状況によってはそれ以下になるかもしれませんし、もうお1人ぐらいいけるかなとなるかもしれません。もう無いかな?と思ったらそっと受付を終了します。
 リクエストは何でも結構です。「こういうジャンルを書いてみろ!」とか「このキャラクター(皆さんのキャラでもサキのキャラでもかまいませんが、出来ればサキの知っているキャラでお願いします)で書け!」とか、「このお題で書いて!」とか、「こういうシチュエーションで」とか・・・。
 どんなリクエストでもとりあえず一生懸命お返しを書いてみようと思います。でも努力して頑張って、それでもこれは無理!と判断したら「ごめんなさい(敗北)宣言」をしますので、その場合は笑ってお許しください。サキの貧弱な創作力からお察しください。
 40000HITを表示してからですが、リクエストご希望の方はその旨をこの記事のコメント欄にお知らせください。

皆様のご参加を心よりお待ちしています。
あ、なんだか心配になってドキドキしてきた。
リクエスト4つも頂けるかなぁ・・・。
ちゃんとお返しが書けるかなぁ・・・。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : つぶやき    ジャンル : 小説・文学
 
 

40000HIT到達記念企画開催中です。

 ただいま40000HIT到達記念企画開催中です。
 40000HITを表示した瞬間からリクエストを受け付けています。
 リクエストは何でも結構です。「こういうジャンルを書いてみろ!」とか「このキャラクター(皆さんのキャラでもサキのキャラでもかまいませんが、出来ればサキの知っているキャラでお願いします)で書け!」とか、「このお題で書いて!」とか、「こういうシチュエーションで」とか・・・。
 現在いただいているリクエストは、

TOM-Fさんから、
 テーマが「40000」、内容としては「四つの何か」と「四人のキャラ」が出てくる小説なんて、どうでしょうか。

八少女夕さんから、
 お題は「桜満開の吉野山」で。キャラは山がお名前に入っているあのご一家のどなたかで。あ、お勤め先の某名家の方でもOKです。

大海彩洋さんから
 時代小説(「ふう」でもいい)(*^_^*)
 カラクリもの(人形でも何でも)。
 もちろん、実際の日本の過去が舞台でなくてもいいのです。なんとなく「風」だったら。 時代は問いません。
 そして、ほんのちょっとだけ、うちのマコト(っぽいネコ)をどこかのシーンの片隅に出してやってください。

 というお三方からいただいています。
「40000」「4つ」「4人」って、どうしよう。
「吉野山」って現実世界だよなぁ。行ったこともないし・・・。
「時代小説」?ほとんど読まないし、ましてやそれを書くなんて・・・。
 難題ばかりで途方に暮れているサキなのですが、40000HITにちなんで4名の方からリクエストをお受けしますと宣言しちゃってますので、あとお1人の方のリクエスト枠が残っています。
 よろしければお申し付けください。
 少しお時間をいただくことになると思いますが(まだまったく書けていません)、このところ執筆活動をサボりがちなサキに活を入れるためにも、よろしくお願いいたします。
リクエスト、いただいちゃったら何としても捻り出そうと一生懸命頭を絞りますので・・・。
関連記事
テーマ : つぶやき    ジャンル : 小説・文学
 
 

Glamorous Glennis

 地平線の彼方に小さく黒い点が見えた。
 それは見る見る大きくなり、やがてそのペンシルのようなスマートな容姿が顕わになる。機体はスーパージュラルミン製だが塗装されておらず、照りつける太陽の光をキラリと反射する。ダンドリはファインダーに入った機体にフォーカスするとシャッターを切り始めた。
 向かう先は基地のメイン滑走路だ。ダンドリはズームレンズを振りながらシャッターを切り続ける。唐突に機体から着陸装置がせり出した。二重反転プロペラが空気を切り裂く音が耳をつんざき、機体はほとんど減速しないまま滑走路に滑り込んだ。すぐにエアーブレーキが展開される。
 滑走路は舗装されていない、着陸装置が巻き上げる砂煙に、たちまち視界は遮られる。
 やがて砂煙が治まり、機体が滑走路の向こうに無事に停止しているのを確認すると、ダンドリはその場を離れた。

 基地は広大で巨大だ。真っ平らな干湖を利用して作られた10000メートル以上もあるメイン滑走路を始め、あらゆる方向を向いた何本もの滑走路を持つ空軍の基地であると同時に、砂漠のど真ん中にあるという立地を生かして、航空機の開発・研究・調査・テストを行う空軍飛行試験センターや、そのためのパイロットを教育するパイロットスクール、国の研究機関である飛行研究センターなども基地内に抱えている。基地では多くの人が働いていて、所属する軍人、働いている民間人、それにその家族までを合わせると、小さな都市位の規模になる。当然ながら、基地にはその規模に見合ったインフラや住民が生活するための様々な機能も用意されている。
 ダンドリが仕事場として納まっているこのバーもそのうちの1つだった。バーは巨大なショッピングセンターの一角にあり、カウンターの10席と4人掛けのテーブル5つを何とか詰め込めるくらいの小さな店だ。まだ早い時間だから客はいない。
 暗めの照明、ミシミシと軋む床、磨き上げられたカウンター、奥の棚にはズラリと並んだ酒瓶の数々、ダンドリが趣味で集めたレコードがセットされたジュークボックス、そして渋い色調の板壁に貼られたたくさんの写真。雰囲気は悪くは無いはずだ。
 ドアを押して客が1人入ってきた。
 よく知った人物だったが、店にやってくるのは初めてだ。赴任してからもう何ヶ月にもなるのに、ここへは一度も顔を出さなかった。
 基地は砂漠のど真ん中にある。一応道路で外界とは繋がっているが気軽に出かけられるような距離ではない。どこへも行くところがないから、すべては基地内で済ませることになり、必然的にダンドリの店にも顔を出すことになる。少なくともこれまではそうだった。
 女だからだろう。男と女は根本的に別の生き物なのだ。ダンドリは単純にそう考えていた。
 女は窓際の一番奥のテーブルに座った。
 白い小ぶりな顔につんと上を向いた小さな鼻、そばかすのある頬、やや厚めだが横幅の小さい唇、肩の上でカットされた髪は真っ直ぐで真っ黒だ。大きな黒い瞳がこっちを向いて、すぐに窓の外を向いた。どうやら呼ばれているようだ。
「いらっしゃい」ダンドリはテーブルに出向いて挨拶した。
「飲みもの、何がある?」少しハスキーな声だった。
「酒なら強いものから軽いものまで大体なんでも」ダンドリはそこで一拍置いて「ソフトドリンクなら・・・」と、壁に貼られたメニューの方を指差した。
 女はそれをじっと眺めていたがやがて「コーヒーを・・・」と言った。
「熱いやつ?」
「そう、火傷しそうなやつ」
「ラジャー」ダンドリは敬礼を決めるとカウンターに戻ろうとした。
「ねぇ」女の声がそれを追う。
 ダンドリが振り返ると、女はまだ壁の方を見つめている。
「ここに貼られた写真、ほとんどが飛行機だけど、中に混ざってるポートレートはみんなパイロットなの?」
「そうでもない。パイロットは11人だけだ。あとは技術者やメカニック、将校もいる」
「パイロットって、テストパイロット?」
「この店から一番近い施設は空軍の飛行試験センターだ。だからまぁそういうことになるな。テストパイロットのヒカップさん」
「私のこと知っているの?」女は一瞬顔を歪ませ、壁の写真から目を戻した。
「当然さ。よく存じ上げておりますよ」ダンドリは唇の端を曲げる。
「どれくらい知っているの?」不安そうに彼女は訊いた。
「本名はヤマウチ・ルナ。ヒカップというのはあんたの通り名だ。どうしてそう言うかというと・・・」
「止めてよ」ルナは強い調子でダンドリの言葉を制した。
「止めておこう。ま、テストパイロットなんてのは個性的なやつらばかりだ。いろんな言われ方をする」
「冗談じゃないわ。どうしてこんな名前で呼ばれなきゃいけないの?」
「プライドは高いんだな。あんたはテストパイロットだから当然といえば当然のことだが、まぁあんたへのやっかみもあるんだろう」
「ふざけたことを言わないでよ」ルナは顔を横に向けた。
「ふざけているわけではない」ダンドリはコーヒーを入れるために踵を返した。
「ねぇ」ダンドリがカウンターに背中を向けてコーヒーの用意をしていると、後ろから声が掛かった。
「なんでしょう?」背中を向けたまま返事を返す。ルナはいつの間にかカウンター席に腰掛けていた。カウンターに肘を突いて手を顎に当て、顔を真横に向けている。
「壁の写真って、あなたが貼っているの?」ルナは壁に貼られたたくさんの写真を眺めながら言った。
「ああ、上の方は先代のマスターだが、途中からは俺が貼っている」
「くだんない・・・」ルナは横を向いたまま言った。
「すまないな。機体もそうだが、ポートレートの方も先代のオーナーと俺が気に入った奴の写真だけを貼っている。昔は何となく基準のようなものはあったんだが、最近では考えるのを止めてしまった。今は、そう、直感って奴かな?直感で選んでいる」
「くだんない・・・」ルナはいかにも関心の無さそうに言った。
 そのまま暫く沈黙の時間が流れた。ルナはまだ顔を真横に向けて退屈そうに写真を眺めている。
「あんた、次ぐらいには音速を超えるつもりだろ?」唐突にダンドリが訊いた。
「どうしてそれを!」ルナの大きな目がさらに大きく広げられた。
「ダイブする音を聞いていればわかるさ」なんでもないことのようにダンドリは言う。
「公式発表では・・・」
「わかってるさ。俺がすっぱ抜いても誰も信じやしない」
「それもそうね」ルナは少し顔を緩めた。
「俺の想像だが、飛行プランはこうだ」ダンドリは熱々に入れたコーヒーをルナの前に置いた。
 ルナはそれにそっと唇を付け、空気と一緒にそれを口に含んでから目で先を促す。
「まず滑走路17から離陸する。北西に飛行しながら高度を40000ft、あるいはそれ以上まで上げる。そしてUターン。南東を向いて水平飛行でトップスピードまでフル加速、トップスピードに達したらダイブに入る。40000ftからのダイブだ。そしてレーダーの追尾を受けながら音速を目指す。限界まで行ったら引き上げに入る。ま、そんなとこだろう」ダンドリは手振りを交えながら解説する。
「・・・」ルナは黙って見上げている。薄く唇が開いているから、おそらくダンドリの想像が当たっているのだろう。
「タービンエンジンが完成すればもっと楽になるんだろうが、レシプロで40000ft以上まで上がるのは至難だ。過給器はまだ開発途中で不安定だし、故障も多い。空気も薄いからパイロットもそのままでは無事でいられない。そこへ到達するだけでも凄いことだと俺は思うが、そこから誰も経験したことのない、しかもレシプロ機には理論的に不可能と言われている音速に挑戦する。亜音速や超音速からの引き上げ操作が上手く行く保証なんてどこにもない。そんな命知らずが出来る奴を俺が気に入らないなんてことはあり得ない。もちろん気に入るに決まっている」ダンドリはそう断定してから付け加えた。「あんたになんと思われようともだ」
「何が言いたいの?」ルナは気圧されたように少し体を引いた。
「ここに写真が有る」ダンドリは棚の小さな引き出しを開けて、1枚の写真を取り出し、カウンターに置いた。そこには乗機をバックにルナの笑顔がアップで写っている。
「どこでこれを?」ルナが訊いた。
「任務を終えて一番ホッとした瞬間だ。意識はまったくこっちに向いていない。どうとでも撮れるさ」
「こんなもの・・・」ルナは突き放すように言った。
「実にいい表情をしていると思わないか?」
「ふざけたことを言わないでよ」
「ふざけているわけではない」ダンドリはカウンターを出ると「これをここに・・・」と壁の端に並んだ比較的新しい3枚のポートレートの横に彼女の写真を並べた。そして「張り出す許可をもらえないかな?」と彼女の顔を覗き込んだ。
「くだんない・・・」ルナは突然の申し出に戸惑った様子で言った。
「男共は概ね喜ぶものなんだ。何と言ったって男は、特にテストパイロットみたいな人種は、この世に何らかの記録を残したいと心のどこかで思っている。どうもそういうものらしい。だが、女がどんなふうに思うのか。ひょっとしたら嫌がるのか、その辺がわからなかった。だから一応聞いてみた。なにしろ始めてなんでね」
「女のテストパイロットがって事?」
「ああ、あんたが始めてさ」
「どうだろう・・・嬉しいという気持ちにはならないけど、嫌だとは思わなかった。女としてじゃなくて私が・・・だけど」
「じゃぁ、いいんだな?」
「テストパイロットはみんなこの世に何らかの記録を残したいと思っているんでしょう?」ルナは異を唱えなかった。
「わかった。だが、言っておかなくちゃならないことがある」
「まだ何かあるの?」
「さっきも言ったように、この壁に貼られている写真の中にテストパイロットは11人いるが、1人もこの世にはいない」ダンドリは壁に向かって言った。
「それがどうかしたの?」
「あんたの乗っている機体はプロメテウスの4号機だ」
「そうだけど?」
「プロメテウスの1号機から3号機までは失われている」
「そんなことはもちろん知っている」
「だったらどうやって失われたかは聞いてるな」
「当然よ。原因はバフェッティングによる制御不能や空中分解、そしてそれぞれの事故でパイロットがどうなったかまでね」
「その3人もここにいる」ダンドリは3枚のポートレートを次々と指した。「奴は命からがら脱出したが降りてきたときにはもう息をしていなかった。奴は引き上げが間に合わなくて地面に突き刺さった。奴は機体と一緒にバラバラになった」
「私もそう聞いている」
「プロメテウス計画は誰も見たことがない世界を目指している。あんたはその4人目の挑戦者ってわけだ」
「ここに貼られたパイロットはみんな失われるって?だから私も失われるって?そういうこと?」
「そうとは言ってないが、ここに貼る前に事実を伝えたかっただけだ」
「冗談じゃないわ。私は上手くやる」彼女はダンドリを見上げて頬笑んだ。「だって私はどうしてもあの先へ・・・誰も見たことがない世界へ行ってみたいんだもの」それ以外のすべてが満たされ、それ以外の何をも求めない笑顔だ。
「サインを・・・」ダンドリは彼女のポートレートとサインペンを彼女の前に置いた。
 ルナはサインペンのキャップを外し、ポートレートの隅にぎこちない手つきでLuna Hiccupとサインを入れた。
 ダンドリは何も言わず3人の写真の隣にルナのポートレートを貼り、その上段にルナの乗機の写真を貼った。着陸装置がせり出す直前のスマートなフォルムが美しい。壁に4人のポートレートと4機のテストプレーンの写真が誇らしげに並んだ。
「質問があるんだけど?」それを眺めながらルナが訊いた。
「なんなりと」カウンターに戻りながらダンドリが応える。
「さっき、ここに貼られているテストパイロットは1人もこの世にはいないって言ったわよね」
「ああ、確かにそう言った」
「あなたはどうなの?」
「俺はもうこの世にはいない」ダンドリはルナに背を向けると、グラスを磨き始めた。


2021.03.31
関連記事
テーマ : 自作小説    ジャンル : 小説・文学
 
<- 03 2021 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール
こんにちは!サーカスへようこそ! 二人の左紀、サキと先が共同でブログを作っています。

山西 左紀

Author:山西 左紀
「山西 左紀について知りたい方はこちら」
(ニコニコ静画フリーアイコンより)

ようこそ!


頂き物のイラスト

アスタリスクのパイロット、アルマク。キルケさんに書いていただいたイラストです。
ラグランジア
左からシスカ、サヤカ(コトリ)、サエ。ユズキさんにイラストを描いていただきました~。掌編「1006(ラグランジア)」の1シーンです。
天使のささやき_limeさん2
limeさんのイラストをイメージにSSを書いてみました。「ダイヤモンド・ダスト」
イラストをクリックすると記事に飛びます。よろしければご覧くださいネ!
スカイさんシスカイメージ
スカイさんのシスカイメージ
シスカ・イメージ高橋月子さん作
シスカ・イメージ 高橋月子さん作
シスカ・イメージlimeさん作
シスカ・イメージ limeさん作 コトリ・イメージユズキさん作
コトリ(コンステレーションにて)ユズキさん作
リンク
ブロとも申請フォーム

Archive RSS Login