FC2ブログ
Debris circus

Debris circus

頭の中に散らばっていた破片(debris)を改めて文章に書き起こし、オリジナルブログ小説としてサーカスの舞台に上げていきます。読みにくいものもありますが、お暇な時にパラパラとめくる感じででも読んでいただけたら嬉しいです……

 

妄想(回想)トラベル

 新型コロナが猛威を振るっていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
 サキはこのウィルスを貰うわけにはいきませんので、不要不急の外出を避け、やむを得ない場合はマスク・手洗い・うがい、そしてアルコールスプレー持参で日々を過ごしています。
 正直ここまで蔓延するとは予想していなかったので戦々恐々で日々を送っています。
 それにしても、ここへ来て思うことは2016年と2018年の2回の海外旅行のことです。
 サキにとって生まれて初めての、そして2回目の海外旅行だったのですが、よくぞ行ったものだと思います。
 どうしようかな?などとグズグズしていたら、海外へは一生行けなかったんじゃないかと思うくらいです。ほんと思い切って良かったです。自分の体が旅行に耐えられるかどうか、京都への1泊小旅行で試してOKと判断したのですが、それこそ清水の舞台から・・・そんな心境でした。これがbeforeコロナでの最後のタイミングだったと思います。
 でも、これから先どれくらいの期間遠出ができないんだろうと考えると、もう行くことはできないかも・・・そうなると、やはり未知の世界へ行ってみたいという欲求は募るばかりです。
 ここのところ、家で過ごすことが多くなったサキは、その欲求を妄想(回想)トラベルという方法でなんとか解消しようとしています。
 そうです。サキ得意の妄想です。行ったことのある土地へは回想を使えば行った気になれますので、寝床の中でその両方を駆使して放浪しています。妄想だけでは限界があります。回想ができる体験を持つことができたことは本当にラッキーだったと思います。

 2018年春、サキは大阪国際空港(伊丹)を発ち、羽田へ向かいました。機材はANAの最新鋭機ボーイング787です。羽田で一旦くつろいでからが本番、フランクフルトへのフライトです。あ、これは妄想じゃなくて回想です。
 このフライトの使用機材が、ルフトハンザのボーイング747-8インターコンチネンタルだったんですよ。この旅の目的はもちろんポルトガルを見て体験することだったのですが、この飛行機に乗るということそのものが、旅行の目的に占めていた割合は少ないものではなかったのです。それほど珍しい機種でしたし、素晴らしい飛行機でした(実は2016年の旅行もこの飛行機を利用しています)。どうですか?この機種に乗ったことのある人、そんなにいないんじゃないかな?

DSCN4934.jpg

 夢のようなフライトで十数時間を過ごしてフランクフルトへ、空港内で暫くくつろいでから同じくルフトハンザのA320でポルトガルのポルトへ。飛行機の中では興奮しっぱなしで、一睡もしないままポルトのホテルでシャワーを浴びてベッドに入ったのはもう夜中を過ぎて翌日になってからでした。その頃には眠くて眠くてフラフラですよ。今朝日本で目覚めたのは朝6時、今24時を回っていますから18時間、時差を加えるとなんと24時間以上寝ていませんもの。でもこれが良かったのか、そのままぐっすりと眠りに入り、翌日は時差ボケ無くスッキリと目覚めることができました。
 翌日はポルトを堪能して同じホテルに連泊(ここでの体験を元に書いたのがこれ、「ポルト夢想」です)。その次の日は朝ゆっくり目にポルトを出発してギマランイスを散策、国境を越えてスペインに入りビーゴで海産物の昼食、そして巡礼の聖地サンティアゴ・デ・コンポステラで3泊目(夜のミサに参加させてもらいました)。翌日はポルトガルへ戻ってビアナドカシュテロで4泊目(ここでの体験を元に書いたのがこれ、「ミクとジョゼの物語(最終回?)」です)。5日目日はアベイロ→コインブラ→バターリャを巡ってナザレで5泊目(ここでの体験を記事にしたのがこれ、「サキの旅」です)。

アベイロ1024x768 アベイロ
 この町では八少女夕さんにコラボしていただいた「黄金の枷・外伝 アヴェイロ、海の街」の世界を追体験しました。

アベイロのお菓子屋さん_Ovos molus2 オヴォシュ・モレーシュも食べました。

バターリャ1024x768 バターリャ修道院

ナザレ1024x768 ナザレ 輝く大西洋

 6日日はオビドス→シントラ→定番ロカ岬(欧州最西端)を経てリスボンへ、そこで観光しながら連泊、そして8日目、リスボンからA320で空路フランクフルト、そして再びルフトハンザのボーイング747-8インターコンチネンタル機中の人となって羽田、今度はボーイング737で大阪伊丹・・・ああ、楽しかったなぁ。今思い出してもドキドキしてしまいます。

 afterコロナ、どんな世界が待っているのでしょう。サキは事の成り行きを心配しながら興味津々です。
 また出かけられるようになるといいなぁ・・・そうなるまでサキの妄想(回想)旅行は続くのでした。
 ふう・・・妄想は湧いてくるのに創作の方は進まないなぁ。

バルセロスの雄鶏 ポルトガルのお土産「バルセロスの雄鶏」(ちょっと変な奴もいるけど・・・)


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : つぶやき    ジャンル : 小説・文学
 
<- 11 2020 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール
こんにちは!サーカスへようこそ! 二人の左紀、サキと先が共同でブログを作っています。

山西 左紀

Author:山西 左紀
「山西 左紀について知りたい方はこちら」
(ニコニコ静画フリーアイコンより)

ようこそ!


頂き物のイラスト

アスタリスクのパイロット、アルマク。キルケさんに書いていただいたイラストです。
ラグランジア
左からシスカ、サヤカ(コトリ)、サエ。ユズキさんにイラストを描いていただきました~。掌編「1006(ラグランジア)」の1シーンです。
天使のささやき_limeさん2
limeさんのイラストをイメージにSSを書いてみました。「ダイヤモンド・ダスト」
イラストをクリックすると記事に飛びます。よろしければご覧くださいネ!
スカイさんシスカイメージ
スカイさんのシスカイメージ
シスカ・イメージ高橋月子さん作
シスカ・イメージ 高橋月子さん作
シスカ・イメージlimeさん作
シスカ・イメージ limeさん作 コトリ・イメージユズキさん作
コトリ(コンステレーションにて)ユズキさん作
リンク
ブロとも申請フォーム

Archive RSS Login