FC2ブログ
Debris circus

Debris circus

頭の中に散らばっていた破片(debris)を改めて文章に書き起こし、オリジナルブログ小説としてサーカスの舞台に上げていきます。読みにくいものもありますが、お暇な時にパラパラとめくる感じででも読んでいただけたら嬉しいです……

 

ツィー ⅱをUPしています。

先日「ツィー ⅱ Tsih ⅱ (前編)」をUPしました。
Fomalhautシリーズの8作目です。
このシーンは描きたかったシーンなので珍しく筆が乗って、比較的順調に書き上げることができたように思います。
シンガリ国のシブレ村を出発したアズミの隊商は順調に旅を続けていて、もう隣国タブリ王国との国境線近くまで進んでいます。
(前編)と銘打っているからには(後編)があり、その中で幾つかの地名や国名が登場します。
物語を進行させる上で、それらの位置関係を把握する必要がありましたので、簡単な手書きの地図を書いていたのですが、今回それをすこし小綺麗な画像に作り直してここに表示しておきます。

フォーマルハウトマップ2

始めて具体的にお目にかけるイノセンティアの世界なのですが、これは世界地図のほんの一部分です。というか、全体像はサキの頭の中にもまだ出来上がっていません。
おいおい物語が進めば出来上がっていくだろうと希望的観測を持っています。
この先重要な役割を持たせたい国の名前も登場していますので、チラリとでもよろしいですから見ておいてくださいネ。
ただ、行き当たりばったりのサキのことですから、あくまで今のところということでご了承ください。
本当は全編を書き上げ、キチンと推敲と校正を重ねてから発表しなければいけないのでしょうが、そんなことをしていたら2~3年は更新できなくなりそうです。
サキの七転八倒の創作記録のような本ブログ、お付き合いいただければ嬉しいです。
幸いなことに(後編)はほぼ書き上がり、現在推敲と校正の真っ最中です。間もなく発表できると思いますのでもう暫くお待ちくださいネ。

「ツィー ⅱ Tsih ⅱ (前編)」へはこのリンクからお進みください。
関連記事
スポンサーサイト



 
 

フォマルハウト

「フォマルハウト」は恒星の名前です。みなみのうお座α星の事で、「フォーマルハウト」と呼ばれる方が一般的です。
 星座名が“うお”を名乗っているだけあって、Wikiによるとアラビア語の大魚の口を意味するファム・アル・フートを由来とした命名だそうで、実際にみなみのうお座の口にあたる位置にある星です。
 ここでこの星の名前に触れたのは、この「フーォマルハウト」がサキがこれまで書いてきたファンタジー小説のタイトルであり、これからは「フォマルハウト」というタイトルで発表するつもりだからです。

「フォマルハウト」の世界


「フォーマルハウト」第1話はこのブログ「Debris circus」の8000HIT記念作品第二弾として、栗栖紗那さんのお題「懐中時計」を受けて書かせていただきました。
 第2話はサキのブログ「Debris circus」の10000HIT記念作品として、スカイさんのリクエスト、オリキャラは「フォーマルハウト」、お題は「オルゴール」を受けて書かせていただいています。
 第1話の執筆時、サキの中にはファンタジーにチャレンジしてみようという大きな目標がありました。第1話はその目標に、いただいた「お題」を組み合わせ、リクエストにお答えしながら、ファンタジーっぽくなるように物語を仕上げています。第2話は「フォーマルハウト」というリクエストでしたから、必然的にその続編をひねり出しています。ですから、この物語は執筆時点で続編を書く事はほとんど想定しておらず、長編にしても耐えられるだけのしっかりとしたプロットを持っていませんでした。
 ところが、サキはある日突然ツィーというキャラクターを思いつき、彼女をメインのキャラクターに据えて続編を書き始め(初めは別の物語だったのをフォーマルハウトに統合しました)、その状態のまま先日発表した第8話の前編までなんとか進んできたのです。

 ところが、ところがです。
 いよいよ物語の内包した矛盾は辻褄合わせや展開だけでは解決できなくなり、ついにこれまで書き上げた物語を改稿せざるを得なくなったのです。
 第1話ではお題の「懐中時計」を使わないようにしました。今後の展開次第では復活させる可能性もありますが、お題をいただいた栗栖紗那さんにはお詫びを申し上げます。また、タイトルの変更に伴いヒロインの名前が「フォーマルハウト」から「フォマルハウト」に変更され、一部彼女に対する設定やギルティーに関する設定も変更しています。
 第2話以降も第1話に合わせて改稿しました。
 第1話から第3話までは改稿幅が大きく、そのまま入れ替えるとコメントとの整合性がとれなくなります。また第1話と第2話はリクエストをいただいたキリ番作品でもありますので、そのまま「フォーマルハウト」として残し、「フォマルハウト」第1話から3話までは新たにカテゴリーを変えて別にUPします。第4話以降は改稿が小幅でコメントに食い違いは生じませんので、そのままタイトルとカテゴリーを変更して改稿分と入れ替えます。
 これまで読んでくださっていた方には申し訳ないのですが、現時点で特に読み返すほどのことはありませんのでお許しください。

 さて、その「フォマルハウト」ですが、その新たな世界感を表したのが冒頭に貼り付けたマップです。Sequence 1(第1話)の「ファムのキャンプ」、Sequence 2(第2話、以下同様)の「レサトの里」、Sequence 3~6の「バンガイル・ステイグルド」、Sequence 7の「シブレ村」、Sequence8 の「隊商のキャンプ」はもちろんですが、この先の展開部分も少しですが含んでいます。
 このマップ、作り始めると面白くなってしまって、細かい変更を何度も繰り返しながら長い時間を費やしていました。これは病みつきになりそうですよ。ファンタジーは書かない(書けない)なんて思っていたのに、こんなに空想が膨らむんですね。

 ということで、マップにかかりきりになっていた分、第8話(後編)がまだ仕上がっていません。仕上がったらUPしますので、読んでいただけたら嬉しいです。
 この先も書き続けられたら嬉しいんだけれど、他の話に浮気するかもしれないし、創作が止まってしまうかもしれないし・・・どうなっていくのか何かのついででも結構ですから見守ってやってください。
念のため全話のリンクを置いておきます。(カテゴリーから表示すると一気に出てきます)

フォマルハウト Sequence 1
フォマルハウト Sequence 2
フォマルハウト Sequence 3
フォマルハウト Sequence 4
フォマルハウト Sequence 5
フォマルハウト Sequence 6
フォマルハウト Sequence 7
フォマルハウト Sequence 8 (前編)

フォーマルハウト
フォーマルハウト アルドラ Alidra
フォーマルハウト ツィー Tsih
関連記事
テーマ : つぶやき    ジャンル : 小説・文学
 
 

積乱雲



 「ゲン爺、4番がご機嫌斜め」ズイキはオドメーターを見ながら言った。
「うむ・・・プレッシャーゲージは?」ゲン爺は左舷の窓から後方を覗き込む。そこからは翼に取り付けられた4番エンジンが見えるはずだ。
「下がってる。オイル漏れかな?」ズイキはスロットルを操作しながら数値を読み上げた。
 オドメーターも不規則な振動を続けている。
「回転も上がらない。無理そうだ。止めるよ」ズイキは一応機長に確認を取る。
「よし、止めよう」ゲン爺が了承する。
「4番停止、フェザーに」ズイキは小さなスイッチとレバーを操作した。微かに機体の振動が変化する。4番エンジンが停止したのだ。
「こんな時に厄介だな」ズイキは独り言のように呟いた。
 進行方向には巨大な積乱雲が見えている。
 夕方が近いせいで海面に近い方は夕焼けに染まり始めているが、先端部分は真っ白に輝き、おそらくこれから金床に成長しようとしている。俗に言う龍の巣が出現しようとしているのだ。内部は猛烈な嵐が吹き荒れていて真っ直ぐに突っ切る事など不可能だし、この機体では上を越すこともできない。南側を迂回しようと準備を始めた矢先、エンジンの不調が起こったのだ。
「コースはさっき言ったとおりだ。燃料は?」ゲン爺が作業の再開を指示する。
 積乱雲は巨大で、迂回するには相当な航続距離の追加が必要だ。
 ズイキはクリップボードに目をやりながら計算尺を操作する。エンジンの減った分も計算に入れなければならない。
「いける」
「余裕と予備は?」
 ズイキは計算で得た数値を読み上げる。
「ダイバートは?」
 ズイキは候補の島を3つ上げた。
「よし、それで行こう。ズイキ、乗客へのアナウンスを・・・」ゲン爺はズイキの方を向いて片目をつむった
「面倒だな」ズイキは顔を歪める。
「これは戦闘機じゃ無いんでな」ゲン爺は操縦桿を操作した。
「こちらは副操縦士のカンザキです。機長に代わりましてご案内を申し上げます・・・」ズイキはマイクを取り話し始めた。
 飛行艇はゆっくりとバンクし、方向を変え始めた。

2020.08.30

 先日猛暑の中、この立派な積乱雲を見かけました。思わずカメラに収めたのですが、眺めているうちにこんな妄想が浮かび、とりあえず文章にしてみました。
「新世界から」の番外みたいな感じですが、今回はただのお遊びです。
 コロナ禍の中猛暑が続きますが、皆様体調に留意してお過ごしください。
 サキはなんとか元気です。
 サキのお遊び記事にお付き合いいただいてありがとうございました。
関連記事
テーマ : つぶやき    ジャンル : 小説・文学
 
<- 08 2020 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール
こんにちは!サーカスへようこそ! 二人の左紀、サキと先が共同でブログを作っています。

山西 左紀

Author:山西 左紀
「山西 左紀について知りたい方はこちら」
(ニコニコ静画フリーアイコンより)

ようこそ!


頂き物のイラスト

アスタリスクのパイロット、アルマク。キルケさんに書いていただいたイラストです。
ラグランジア
左からシスカ、サヤカ(コトリ)、サエ。ユズキさんにイラストを描いていただきました~。掌編「1006(ラグランジア)」の1シーンです。
天使のささやき_limeさん2
limeさんのイラストをイメージにSSを書いてみました。「ダイヤモンド・ダスト」
イラストをクリックすると記事に飛びます。よろしければご覧くださいネ!
スカイさんシスカイメージ
スカイさんのシスカイメージ
シスカ・イメージ高橋月子さん作
シスカ・イメージ 高橋月子さん作
シスカ・イメージlimeさん作
シスカ・イメージ limeさん作 コトリ・イメージユズキさん作
コトリ(コンステレーションにて)ユズキさん作
リンク
ブロとも申請フォーム

Archive RSS Login