Debris circus

Debris circus

頭の中に散らばっていた破片(debris)を改めて文章に書き起こし、オリジナルブログ小説としてサーカスの舞台に上げていきます。読みにくいものもありますが、お暇な時にパラパラとめくる感じででも読んでいただけたら嬉しいです……

 

錆びた鉄路

 今夜はサキのライブラリーから秘蔵の写真を一枚。

2005_0513(001).jpg

 これ、何の変哲もない線路の写真のようですが、何か感じられますか?
 ではもう1枚。
 撮影日は2005年5月13日、兵庫県の宝塚駅と尼崎駅の間にあるJR宝塚線(福知山線)の某踏切からの撮影です。

2005_0513(003).jpg









 いかがでしょう?
 気が付かれました?線路が真っ赤に錆びていますね?
 列車が通らなくなってから2週間以上が経過していますから・・・。
 なぜ列車が来ないのでしょう?
 もう気が付いている方もいらっしゃるかもしれませんが、この写真はあのJR福知山線脱線事故の後、事故の影響で運休してしまった区間にある某踏切から撮影した写真なんです。

 JR福知山線脱線事故とは、2005年4月25日に西日本旅客鉄道(JR西日本)の福知山線(JR宝塚線)塚口駅 - 尼崎駅間で発生した列車脱線事故で、乗客と運転士合わせて107名が死亡、562名が負傷しています。

 事故の原因調査が行われる間、JR福知山線の宝塚駅と尼崎駅間の運転は休止され、同年6月7日試運転が開始されるまで列車は走りませんでした。だからこんなに錆てるんです。(営業運転は19日午前5時に再開しています)
 原因は列車が制限速度を大幅に超過したままカーブに進入したためで、運転士の責任とされています。

 でもサキは競合する私鉄との競争に打ち勝つために組まれたダイヤの影響も大きかったのではないかと思っています。
 ウィキによれば、120km/h運転や停車時間が15秒などもともと全体的に余裕のないダイヤだったうえ、停車駅を次々と追加したにもかかわらず、所要時間は同じであったため、余裕時分を削って以前と変わりない所要時間で走らせ、慢性的な遅延が出ていることは問題視されていた・・・となっていますし、当時のJR西日本は施策で「余裕時分全廃」を掲げていた・・・ともあります。
 余裕時分を削ってしまった場合、遅れを取りもどすには速度を上げるしか方法がなくなります。

 それに目標が守られない場合には乗務員に「日勤教育」という、いわゆる「見せしめ」「晒し者」にする懲罰的なプログラムが与えられていて、それが充分な再発防止の教育としての効果につながらず、かえって乗務員の精神的プレッシャーを増大させていたとの指摘も受けているようです。
 何回も遅れを出せば「日勤教育」を受けさせられたのかな?
 当該列車の運転士も、この「日勤教育」の経験者で、当日の事故までの運転士の行動にも手順を守らなかったり、停止位置を行きすぎたり、通常とは違った点が幾つも見られたようです。プレッシャーに押しつぶされていたんじゃ・・・サキはそんなふうに推測しています。
 サキは沿線に住んでいますが、当時はかなりの高速で走行していた列車もあったように思います。実際、踏切で列車の通過を待っていたサキの帽子が吹っ飛ばされたこともあって、どうしたんだろうって思っていました。
 運転士の肩を持つわけではありませんが、プレッシャーは相当大きかったんだろうと思います。

 人間にはいろんな人がいるのです。
 エリートが考えたプログラムにすんなりと順応しできる人もいますが、そうではない人もいるのです。極限まで切り詰めたダイヤを設定するに当たり、この点の配慮が欠けていたんじゃないかと思います。
 当時のJR西日本の経営トップの方々にはすべて無罪との判決が出ていますが、「速達で競合する私鉄に対抗する」という経営の基本方針を決めたのはこの方々でしょう?無理なダイヤ設定や悪い労務環境には全く気がつかなかったのでしょうか?列車の遅れが多いなどという乗客のクレームは反対に作用したのでしょうか?経営の責任者ってそんなものなの?サキは疑問を感じています。
 ここのところJR西日本が安全に取り組む姿勢は評価しているんですけれど・・・。
 事故とはあまり関係の無い時期になってしまいましたが、ライブラリーの整理中に見つかった写真から思った事でした。

 事故でお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

2017.06.12

追記:奇しくも今日(6/13)最高裁第2小法廷(山本庸幸裁判長)は12日付の決定で、業務上過失致死傷罪で強制起訴されたJR西日本の歴代3社長は事故を予見できなかったとして、「一、二審の無罪判決は相当」と結論付けた。とのニュースが流れました。追記しておきます。
関連記事
スポンサーサイト
 
 

17才になったキキの話・・・

 今夜は面白い物を見つけたのでそのレビューを・・・。
 1989年に公開された宮崎駿監督による映画『魔女の宅急便』。その主人公・キキの“その後”を描いたようなストーリーが、CMで放送されていると言う記事を見つけました。NETでも見ることができましたのでちょっと覗いてみたのです。

窪之内英策氏のキャラクターデザイン
BUMP OF CHICKENがオリジナル楽曲「記念撮影」を提供
浜辺美波がキキ役
梶裕貴がとんぼ役
と、紹介されていますがサキには今一つピンときません。
 というかどんな方だか分かっていないだけだったりします。

 本編ではキキが17才の高校生になっています。
 セーラー服や日本のごく普通の学校に通っているらしい、という設定がちょっとしっくりきませんが、短い作品の中でフラッシュバックする情景にキキの日常が垣間見えて楽しいです。
 ジジも登場しますし、ホウキでの飛行も相変わらずです。でもモップじゃないんですね。
 とんぼが女子に告白されている場面を偶然見かけてしまったキキの心のざわつき、「お届け物があるの」で始まるとんぼへのプロポーズシーンなんかは、なんかこっちまでこそばゆいですね。
これ絶対狙ってやってますね。

 寄せられているコメントには映画のイメージが壊れるとか、舞台設定に無理があるとか、否定的なものが多いのですが、サキとしてはまぁいいんじゃないの?という気持ちです。
 でも、宮崎監督ファンやジブリファンにとっては譲れない線があるのかな、とも思います。
 こういう反応を見越しての挑戦作なのかもしれないですね。
 なんにしろ話題性は高くなりますよ。
 第一弾なので続編もあるのでしょうか?



新CMシリーズ第一弾アニメ『HUNGRY DAYS 魔女の宅急便 篇』
いずれリンク切れになってしまうかな・・・?

 あ、サキがこんな記事を書いてるって事は・・・そうです。小説が書けていません。
 フウ・・・出てこないなぁ。

関連記事
 
 

ジブラルタル

 サキは去年の秋、欧州に行ってきたんですが、旅行の報告記事を書きます!とコメントしておきながら、すっかり書く書く詐欺になっていました。
 ここのところ小説が書けていないので、こういう時にこそ記事にしておこうということで少しだけ・・・。
 サキにとってはじめての長期間の旅行、しかも初めての海外だったこともあって、行き先やコースでは家族内で結構議論がありました。
 みんながそれぞれに行きたいところを出して、それを何とか調整してコースを決定したのですが、ジブラルタルが行程に含まれていたことも、サキがこのコースで納得した理由の1つでした。
 ジブラルタル・・・あの何となくロマンチックな名前に惹かれますし、ひょっとしてアフリカ大陸が見えるかも、という期待もあったのですが、もう1つ、飛行機好きの先にとってぜひ見ておきたいものがここにはあったのです。
 なんだかお分かりになりますか?
 そうです。ジブラルタル空港の滑走路なんですよ。
 まず動画をご覧ください。ちょっと長くてピントが甘々ですけれど我慢してください。


追記:インターネットエクスプローラでYoutubeの動画が上手く再生出来ないみたいですね。EdgeやChrome,Foxだとちゃんと動くようですが。
ご覧になれない方はこちら

 動画の解説が必要ですね(ご存知の方は*までジャンプ!)。

 ジブラルタルはスペインの南の端、地中海に突き出した半島にある石灰岩の大きな岩山を中心に広がる小さな町です。でもそこはスペインじゃなくてイギリスの領土なんですよ。
 ですから本国からの航空輸送を行うために空港を設置する必要がありました。
 ところが、岩山ばかりで平坦な部分が少なくて、滑走路は半島の付け根の砂州状の地帯に、半島を横切る形で設置するしかなかったんですよ。
 こんな風に設置したらわかっていたことですが、問題が発生しました。
 そうです。ジブラルタルの町からスペイン本土に向かう道路が滑走路を横切ることになってしまったんですね。
 当時の偉い方たちは「ま、そんなに頻繁に飛行機が飛ぶわけじゃないし・・・」なんて思ったかどうかはわかりませんが、なんとそこに飛行機の踏切を作っちゃったんですよ。



 動画はその踏切で自動車たちが飛行機の通過を待っている様子です。
 動画を見ていただければわかりますが、信号が赤になって遮断機が降り、その向こうを離着陸する飛行機が横切っていく様子がお分かり頂けると思います。
 サキは撮影のド素人ですので全体にピントが甘々なのはどうかお許しください。
 サキは自分自身の目でしっかりとピントを合わせてみることができたので大満足なんですけれど。
 まずマンチェスターからのA320が到着して前を横切り、次に軍用の輸送機が離陸していきます。機種は何だろう?甘ピンなのでよく分かりません。A400M?
 最後に踏切が開いてバスは滑走路を横切って、ジブラルタルの町へ入っていきます。バイクや歩行者も続々と滑走路を渡っていきます。
 他にビジネスジェットの離陸(上昇が早くて写せませんでした)もあったりしたので10分以上待たされましたが、楽しい時間でした。
 現在、滑走路の下を潜り抜けるトンネルを工事中だそうですから、この風景、いずれは消えてしまうかもしれませんね。
 サキだったら観光用に残しますけど。

 え?アフリカ大陸は見えたのか?ですって?
 サキは見えていたと思うんだけどなぁ?海の向こうに浮かぶ雲だったのかなぁ。
 でも、あれがアフリカだと自分が信じれば見えたことになるんですって。
 だから、見えていたんですよ。アフリカが・・・。

DSCN2397.jpg
ジブラルタルのモスク

DSCN2423.jpg
滑走路

2017.06.28
関連記事
 
<- 06 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール
こんにちは!サーカスへようこそ! 二人の左紀、サキと先が共同でブログを作っています。
ようこそ!


頂き物のイラスト

アスタリスクのパイロット、アルマク。キルケさんに書いていただいたイラストです。
ラグランジア
左からシスカ、サヤカ(コトリ)、サエ。ユズキさんにイラストを描いていただきました~。掌編「1006(ラグランジア)」の1シーンです。
天使のささやき_limeさん2
limeさんのイラストをイメージにSSを書いてみました。「ダイヤモンド・ダスト」
イラストをクリックすると記事に飛びます。よろしければご覧くださいネ!
スカイさんシスカイメージ
スカイさんのシスカイメージ
シスカ・イメージ高橋月子さん作
シスカ・イメージ 高橋月子さん作
シスカ・イメージlimeさん作
シスカ・イメージ limeさん作 コトリ・イメージユズキさん作
コトリ(コンステレーションにて)ユズキさん作
リンク
ブロとも申請フォーム

Archive RSS Login