Debris circus

Debris circus

頭の中に散らばっていた破片(debris)を改めて文章に書き起こし、オリジナルブログ小説としてサーカスの舞台に上げていきます。読みにくいものもありますが、お暇な時にパラパラとめくる感じででも読んでいただけたら嬉しいです……

 

【もの書きブログテーマ】設定のこだわり

 夕さんが小説の設定の話を書いておられましたので、もらってきました。もともとはlimeさんが書いておられた「もの書きブログテーマ」バトンからの流れになるんですが、最近記事も書いていないし、乗っかってみようと思います。なかなか上手に考えがまとまりませんが、お付き合いいただけたら嬉しいです。自分のことを書いてしまったら、皆様のバトンにも顔を出そうかなと思っています。

 さて、夕さんからいただいたバトンは、「どんな設定にこだわるのか」という話です。
 サキの作品は先との共著だということは常々申し上げてきていますが、基本的な設定はすべてサキが決めています。もちろんアイデアをもらう事はありますが、あくまでサキのアイデアに対して付け足したり引いたり変更を加えたりするものですので、あくまでベースはサキの設定ということになります。
 サキは現実世界を舞台として書くこともありますが、仮想世界を舞台とした作品が多いです。そして、どちらかというと仮想世界の方が書いていて楽しいかな、と感じています。
 仮想世界の利点は、やはりその自由さでしょう。何も知らなくても仮想世界だというだけで細かい部分まで描写できてしまったりします。現実世界では物語の細かい舞台(背景・大道具・小道具)を描写しようとすると、やはりそこへ行って見るということが最低限必要だと思うんです。
 この点ではポルトを舞台とした絵夢シリーズでは苦労しました。なにしろ行ったことが無いんですから。実際に何回も滞在されている夕さんのご協力をいただいたり、ストリートビューで走り回ったり・・・。
 サキは舞台の大道具や小道具の配置に納得がいかないと書けないんですよ。この乗換駅の通路はどうなっているんだろう?この位置に座ると景色がどのように見えるだろう?この角を曲がると路地は上り坂になるんだろうか?それとも階段?果ては、ここに座ったら天井からの光が降り注ぐだろうか?とか・・・考え出したらきりがありません。それはストーリーの展開にまで影響を及ぼします。
 この角の向こうがどうなっているかわからないからこのシーンは没、とか、店の中の画像が無いし、どこにあるのかもわからないから、店内シーンは没、そしてこのお菓子はもう買ってあることにしてしまおうとか、色々と影響が出ます。
 コトリシリーズ(現実世界版)や絵夢シリーズの国内で展開する部分が阪神間が舞台なのは、知識が豊富にあるからにほかなりません(先がカメラを持って取材に行ったこともあります)。またバルセロナや香港が舞台の作品は、そこへ行ったことのある人物(先やリアルコハクですね)が身近にいて、サキが質問攻めにできるからまだ書けているんですね。ポルトは周りにも行ったことのある人が1人もいなかったんですよ。
 メカに関しても同じ事です。サキは乗り物が大好きですが、特に詳しいわけではありません。でもやっぱりこだわるんですよ。主人公を引き立て、世界感にリアリティーを与えてくれますから。エンジンはこの形式を使おうとか、スタイルはこれをモデルにしようとか、アイデアは出てきますが、詳しくないのでここで先の知識と感性が役に立つのです。メカニックな小道具や大道具は、2人のこだわりが合わさって登場しているのです。
 さらに現実世界に存在する様々な仕組み(大きな物から小さな物までありますが)を理解し、ミスの無いように物語に取り込むことはもっと難しいです。仮想世界ではその部分をある程度自分で設定できるという強みがあります。仮想世界でも現実世界にある同じような仕組みをある程度勉強し研究しますが、細かい部分は新たに設定を組み立ててクリアすることができますからね。

 ということで、サキが設定にこだわる部分はそこ(世界感)なんですね。
 こだわりが過ぎてウザくなっている事もあると思ってはいるのですが、やっぱりやめられません。
 サキはリアルな舞台装置を3次元構成で頭の中に描いて、そこにキャラクターを置き、行動させながら物語を展開します。キャラクターを俯瞰で見下ろしたり、時には入り込んで、辺りの風景や環境を自分の感覚で疑似的に捉えながら、自分がそこで生活しているように過ごすのです。それは現実世界でも仮想世界でも同じです。ですから構成が自由自在にできる仮想世界の方が自分の思い通りに展開できて楽しいのだと思います。
 でもね、一から全てを自分で考え出すというのはそれはそれなりに時間がかかりますし大変です。そして矛盾を生じさせないようにするのは難しいです。でもでも、それはそれで楽しかったりするんですよね。あーでもない、こーでもないと考えを巡らせるのは、苦しさもありますが楽しいことなのです。
 なんといっても、サキのお気に入りの主人公の人生を送らせることのできる空間なのですから。そう考えれば、サキが最もこだわっているのは物語の主人公なのかもしれないですね。
 よく分からない話になってしまいました。長々とお付き合いいただいてありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : つぶやき    ジャンル : 小説・文学
 
 

新世界から Scene3 (1)

Stella/s月刊ステルラ10・11月合併号 投稿作品

Eri (エリ) 前編

 今日の客は気前が良かった。中年の、少し頭の薄い、小太りのその男は、相場の2倍以上を気前よく払ってくれた。それなりの節度も持ち合わせていたし、ある程度礼儀正しかった。あまり上手とは言えなかったが、エリにもちゃんと配慮してくれた。お金をもらっている以上、エリに文句の言える筋合いはなかったのだが、それでも一応の達成感は得ることができた。
 セックスを終えたエリは仰向けになって天井を見つめている。天井では髑髏模様のしみが、いつものように憂鬱なメロディーを口ずさんでいる。男はエリの横で俯せになって眠っている。規則正しく聞こえる寝息がそれを証明する。男は眠っているのだ。
 確信を得た彼女は顔を男の方に向け、男の首筋にそっと手を当てた。指先に心臓の鼓動が伝わってくる。彼女はそこがナイフでカットされる様子を思い浮かべた。入念に研磨された愛用の長いナイフを使って、昔よくやったように・・・。
 命乞いをする男共や女達の首筋、その頸動脈の上にナイフを当ててゆったりと微笑みながら、頭(かしら)の指示を待つ。動脈を流れる真っ赤な血液の脈動がナイフから伝わってくる。それはまだ生きていることを激しく主張している。頭の右手が上がった。一瞬のためらいもなくエリの右手が動く。小さく笛のような音が鳴って、血潮が吹き上がる。偉そうに頭の横に立っていたベントの顔が恐怖に歪む。ボウズが顔を背ける。臆病者、エリの口から嘲りの言葉が漏れた。
 エリは“血まみれエリ”と呼ばれていたが、どの位置に立ってどのようにカットすれば血しぶきを浴びないですむかを熟知していた。通り名の様に血まみれになったのは最初のうちだけだ。
 ナイフを一瞬で動かして首筋を切り裂く、この感覚が蘇るのは何年ぶりだろう。もう完全に忘れてしまったと思っていたのに・・・。ヒュッ・・・エリは口の中でそう音を発しながら右手の人差し指を横に動かした。
「なんだ・・・?」俯せになっていた男が寝ぼけた声を出した。
「ううん、何でも無い。良い子だから寝てなさい」そう言ってやると、疲れ果てた男はまた寝息を立て始めた。無防備な奴、エリは起き上がりベッドから出ると衣服を身につけた。そして男の寝息を聞きながら音を立てないように部屋を出た。廊下には誰も居ない。
 エリは階段を降りてホールに出た。ホールにも誰も居ない。いや、そんなはずはない。エリはカウンターを覗き込む。そして発見する。今の自分がもっとも大切に思う“物”を。
 それはカウンターの奥、外からは見えにくい位置につり下げられたハンモックの中に収まっていた。エリは横手のドアからカウンターに入ると、ハンモックに近づき中を覗き込んだ。憑かれたように妖気を発していた顔は一気に穏やかになる。長い間それを見つめてからエリは言葉を発した。
「フワリ?」
 その発音は、柔らかさや軽やかさを表すその言葉の本来の発音と同じだった。「フワリ?」エリはもう一度同じ発音で呼びかける。
 フワリの瞼がゆっくりと開いた。
「フワリ?」エリは三度同じ発音で呼びかける。
 フワリの藍色の瞳がエリを認めたようだ。微かに唇が動く。「エリ、もう部屋で寝てもかまわない?」
 エリは顔を左右に振った。「まだ駄目、お客がいるわ。だから少しの間話をしてもいい?」
「眠いよ」フワリは甘えた声を出した。
 これまでフワリがそんな声を出したことはなかったのでエリは少し驚いた。「少しだけ我慢して私の話を聞いて、お願いだから」強い調子で言い聞かせる。
「わかった」フワリは両手で目をこすりながら頷いた。
 ホールに誰もいないことをもう一度確認するとエリは話し始めた。「フワリは今日ベントから何を言われたの?詳しく聞かせて」
 フワリはエリの目を覗き込んだまま黙っていたが、やがて抑揚の無い話し方で答えた。「なるべく早く手術を受けてほしいと言われた」
「なるべく早くって、いつ?」
「それはオウとしての義務だ。オウは大きな義務を果たさなくてはならない、それもなるべく早く。それは運命なので逃げることはできない」フワリはまるで録音を再生するように話した。
「逃げたらどうなるって?」
「重い罰を受けることになる」
「それは殺されるってこと?」エリはたたみかけたが、フワリは否定しない。
「義務を果たせば大きな権力を与えられる」フワリは録音の再生を続ける。
「そんなもの・・・犬にでもくれてやれ」
「夢のような贅沢な暮らしができる」
「くそ食らえだ」エリの言葉は激しくなった。
「あたしはそんなものはいらない。でも来週の金曜日に迎えに来る」
「来週の金曜日」エリは頭の中で日を数えた。「十日後だ」なんとかなるだろうか。
「お腹をちょっと切るだけの簡単な手術だし、ベテランの医者だから安心していい、と言った」
「あの出まかせ野郎!」エリはほぞをかんだ。「フワリ、良く聞いて。私はあなたをベントに渡さないことに決めた。かまわない?」エリの頭脳は回転を速める。
 フワリは長い間じっとエリを見つめてから頷いた。
「明日からそのための準備を始める。どうするかはまた説明する。それまではどこへも行かないでここで待っていて。いい?」一気に説明するとエリはフワリの顔を覗きこむ。
 フワリは黙ったまま頷いた。
「ひとでなしめ」エリは悪態をついたが、自分がもっとひとでなしだったことはフワリの前では忘れてしまっていた。

 間もなく夜が明けようとしている。一寝入りした男は、目を覚ますと逃げるように引き揚げて行った。彼の首筋はまだ切り裂かれてはいなかったが、気になるのか首筋に手を当てながら部屋を出て行った。彼が目覚める前からエリがずっと出していた妖気が彼をそのような気持ちにさせたのだろう。
 ベッドに横になったまま男を見送ったエリはそのまま手を伸ばし、ベッド脇のテーブルの一番下の引き出しを開けて奥から何かを取り出した。そしてそれを手首の陰に隠し持ったまま、ユーティリティへ入って行った。狭いユーティリティには、シャワーと手洗い、便器、そしてビデが詰め込まれていたが、エリはそのうちのビデに腰掛けた。そして正面の壁にある鏡を覗きこんだ。
 そこに居るのは昨日の朝まで鏡の中に居た自分ではなかった。それはとっくの昔に失われてしまったと思っていた自分だった。ゆったりと微笑みながら頭(かしら)の指示を待つ、あの時の自分だ。「あいつのせいだ・・・」エリは手首の陰に隠し持っていた物を器用に持ち替えると斜めに動かした。シャワーカーテンが斜めに切り裂かれパックリと口を開ける。エリが隠し持っていたのはナイフだった。それは長い時間をかけて入念に研磨され、冷たい輝きを放っている。エリはそっと刃に指を当てて、チリチリとしたその感覚を確認する。そしてナイフを口元にやり、その刃にそっと舌を触れさせる。わずかでも動かせば血が流れるだろう。その冷たい感触を使って、エリは気持ちを元の位置へと押し戻そうとした。昨日、あの男たちがやってくる前の状態にまで・・・。
 エリは大きく長くため息をついた。

2015.10.08
2015.10.10 微妙な修正
2015.11.06 微妙な修正
2016.09.05 更改
関連記事
テーマ : 自作小説    ジャンル : 小説・文学
 
 

新世界から Scene3発表です。

今日は「新世界から」の第3話「Scene3・Eri(エリ)」の発表です。ウェブ月刊誌Stlla10・11合併号に掲載する作品の10月号掲載相当分ですが、Stllaバナーなどは参加宣言を入れてからつけようと思っています。
タイトルの通り、3話はエリ視点で展開します。この物語はSceneごとにサブタイトルのキャラクター視点で展開します(基本的にです。一部別視点の部分もあります)。エリはフワリの母親的な立場の人ですが、普通の母親とはちょっと違っているような・・・。
本当はもっと先の方までを仕上げて、先の先の話の展開をまでを見据え、ゆっくりと推敲をかけて発表したいのですが、そんなことをしていたら半年くらい小説記事の更新ができないという事態になりかねません。ですから出来上がったものから見切りで発表しています。そういうわけで、あとあと辻褄が合わなくなってきたら変更が入る恐れがあります。あらかじめご了承ください。
「Scene3」はもう一話予定していますので、今回は前編ということになります。よろしければ下のリンクからお進みください。

「新世界から Scene1・Firkin(ファーキン)」
「新世界から Scene2・Huwari(フワリ)」
「新世界から Scene3・Eri(エリ)前編」

「新世界から Scene3・Eri(エリ)後編」
関連記事
テーマ : つぶやき    ジャンル : 小説・文学
 
 

物書きエスの気まぐれプロット(19)


関連記事
テーマ : 自作小説    ジャンル : 小説・文学
 
 

復活です!

こんばんは!サキです。暫く所用で更新が滞っていましたが、今夜から復活します。
またよろしくお願いします。

そしてこの復活を祝うように(勝手に関連付けて喜んでいます)、ユズキさんがイラストを描いてくださっています。
ユズキさんがご自身のブログ、「夢の時間(とき)」で第二回のキリ番:20,000hit企画を企画されていた時に、サキがリクエストをさせていただいたんです。
第一回のキリ版企画でもリクエストをお願いしたのですが、その時はシチュエーションを細かく設定してお願いしてしまって、大変な手間と労力をかけていただいたきました。大変申し訳なかったので、今回は(この時点ですでに図々しいですが、どうしても描いてほしかったんです)シンプルにキャラクターだけを指定させていただきました。
「シスカかコトリ、どちらかお好きな方を描いていただけると嬉しいです」というリクエストに、今回は何とコトリで答えてくださったんですよ。

ユズキさんの記事へのリンク

20151017コトリ
このイラストの著作権はユズキさんに有ります。

いやもう、感激です!!!感激です!!!
何というか、そこにコトリが居る感じですね。表情も生き生きしていてとても素敵なんです。シチュエーションもとってもいいです。
コトリの生活の中の一瞬をスパッと切り取ったような作品で、多分お客さんのバイク(オフロードですね。結構年期が入っています)を修理している最中なんでしょう。場所はバイクショップ「コンステレーション」のピットの中と思われますが、溜息物ですね。置いてある小道具が一つ一つ粋で、存在感があります。うっ!というこの表情、センスいいなぁ・・・。
ちゃんと髪にも白い物が混じっていますし、髪型も顔も体格や服装、そしてその汚れ方まで、サキのイメージ通りです。お見事と言うほかありません。
そして驚いたのがその下に有ったボツったと仰っているイラストです。

20151017コトリomake
このイラストの著作権はユズキさんに有ります。

いやいや、全然ボツじゃないですから・・・こちらも素敵です。
コトリの全身のイメージが出ていて、あ~こんな子だったんだなぁ。と改めて感じ入っております。
というかけっこうかっこいいですね!

描いていただいてとても嬉しかったです。遅くなってしまいましたがお礼を申し上げます。
本当にありがとうございました。

関連記事
 
 

こんな記事を見つけました。

 こんな記事を見つけました。
 そしてサキの胃袋の下は少しの間キュ~ッと締まりました。

 (CNN) 宇宙を漂う正体不明の物体が地球に接近し、11月にインド洋に落下する見通しとなった。隕石にしては軽すぎることから、恐らく使用済み人工ロケットの残骸だろうと専門家は推定している。

物体の直径は約2メートル。欧州宇宙機関(ESA)によれば、地上の人間に危険を及ぼす恐れはほとんどないという。大気圏突入で燃え尽きなかった断片は11月13日、スリランカの南岸沖約100キロの地点に落下する見通し。

「物体は白昼の空で数秒の間、非常に明るく輝いて見え、素晴らしい天体ショーが観測できる」とESAは予測する。

この物体は3日に発見され、「WT1190F」と命名された。専門家が分析したところ、密度は水の10%程度と隕石にしては低すぎることが判明。内部は空洞になっていると思われ、使用済みのロケットブースターの可能性が大きいと推定している。

直径は約2メートル。密度は水の10%程度、とサキの予想より少し大きくて軽すぎますが、こういうのに測定誤差って付き物ですよね。
船外活動用の大きなスラスターと生命維持装置を付けた宇宙飛行士だったらこれぐらいの数値が観測されることは有り得ると考えます。中身はミイラになっていますし。
「物体は白昼の空で数秒の間、非常に明るく輝いて見え、素晴らしい天体ショーが観測できる」という予想なんだそうです。シチュエーションは違っていますが見てみたいですね。
 サキはこの記事を読んで空想を膨らませ、とってもセンチな気持ちになりました。(ちょっと表現が古いですが、この表現がぴったりです)

 クウ、お帰りなさい。

 サキのセンチな気持ちの元ネタはこちら。「Meteor(メテオ)」

「輝く」

関連記事
テーマ : つぶやき    ジャンル : 小説・文学
 
<- 10 2015 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
こんにちは!サーカスへようこそ! 二人の左紀、サキと先が共同でブログを作っています。
ようこそ!


頂き物のイラスト

アスタリスクのパイロット、アルマク。キルケさんに書いていただいたイラストです。
ラグランジア
左からシスカ、サヤカ(コトリ)、サエ。ユズキさんにイラストを描いていただきました~。掌編「1006(ラグランジア)」の1シーンです。
天使のささやき_limeさん2
limeさんのイラストをイメージにSSを書いてみました。「ダイヤモンド・ダスト」
イラストをクリックすると記事に飛びます。よろしければご覧くださいネ!
スカイさんシスカイメージ
スカイさんのシスカイメージ
シスカ・イメージ高橋月子さん作
シスカ・イメージ 高橋月子さん作
シスカ・イメージlimeさん作
シスカ・イメージ limeさん作 コトリ・イメージユズキさん作
コトリ(コンステレーションにて)ユズキさん作
リンク
ブロとも申請フォーム

Archive RSS Login